1. 埼玉トップ
  2. 特集
  3. 「金運アップ先取り? 無料で楽しめる大人の社会科見学へ“翔んで深谷”」

「金運アップ先取り? 無料で楽しめる大人の社会科見学へ“翔んで深谷”」

「金運アップ先取り? 無料で楽しめる大人の社会科見学へ“翔んで深谷”」

編集部/渡邊ゆり

近代日本発展の裏側には深谷のチカラ。地元が大好き、新1万円札の顔・渋沢栄一の秘密に迫る!

リサイズ渋沢
先月、2024年に新しく発行される日本銀行券の“顔”が発表されました。最も高額な1万円札は、福沢諭吉から約40年ぶりに変更されるとあって注目度が高いですね。その顔になるのが、“近代日本経済の父”“日本資本主義の父”といわれる明治の実業家、渋沢栄一です。第一国立銀行をはじめ、生涯に約500の会社に関わり、同時に約600の社会公共事業にも尽力しました。その出身が深谷市ということで、深谷が“渋沢ラッシュ”に沸いています。

深谷駅

降り立ったのは、大宮駅からJR高崎線で約50分の深谷駅。東京駅のようなれんが風の駅舎は、旅番組などでもおなじみ。
駅前ののぼり
改札を出ると、さっそく「渋沢栄一生誕の地」ののぼりを発見。渋沢栄一ゆかりの地めぐりにはこちらの深谷市コミュニティバスの北部定期便を利用。
くるりん

約30分ほど乗車し、「渋沢栄一記念館」で下車。徒歩で10分ほどの渋沢栄一の生地に建つ旧渋沢邸「中の家(なかんち)」へ。

中の家帰省した際に利用したといわれる屋敷は、約1000坪、4つの蔵があります。日本の近代産業を支えた養蚕業の面影が色濃く残る造りが印象的。2年前には皇居で養蚕をされている上皇ご夫妻が、“養蚕の師匠”にお礼参りにいらっしゃったそうです。

渋沢栄一記念館渋沢栄一記念館では、その功績や人柄などをギュッと凝縮して学べます。

祈念館像裏側からの眺め注目すべきは建物の裏側。記念館のオープンとともに、深谷駅前から移設された渋沢像。身長150cmと小柄ながら、11人の子宝に恵まれた渋沢像が見つめる先には…。多忙の中、年に数回は帰郷したといわれる、心から愛した故郷の原風景が広がっていました。

ゆかりの地周辺は深谷ねぎの本場! 散策コースがあり、レンタサイクルでめぐるのも

記念館近くには、群馬の富岡製糸場初代場長で、渋沢のいとこで学問の師だった尾高惇忠(おだかじゅんちゅう)の生家や、誠之堂(せいしどう)、清風亭(せいふうてい)があります。

誠之堂

誠之堂と清風亭は、もともと東京・世田谷区にあったものを深谷市へ移築した建築物です。誠之堂は渋沢のリクエストで、外観はイギリスの農家風、れんがは深谷産、室内の装飾は中国、朝鮮、日本など東洋的な意匠を取り入れています。美智子上皇后が訪れた際、ステンドグラスがすばらしいと気に入られていたそうです。
誠之堂室内誠之堂ステンドグラス驚いたことに、これらの渋沢栄一ゆかりの施設は全て無料です。そして、どこへ行っても丁寧に解説員のおじさま?たちが説明してくれます。学校の先生以上に、教科書以外のこぼれ話を教えてくれるので、渋沢栄一を知らない人でも楽しめます。深谷市の調べによりますと、新紙幣発行が発表されてから、渋沢関連の施設の来館者数が約6倍に増えたということです。

からくり時計ふっかちゃんふっか→渋沢さんからくり渋沢さん

新紙幣発行は5年後。深谷の“渋沢ラッシュ”はますます勢いを増しそうですね。金運アップを願いながら、埼玉が輩出した偉人の故郷を訪ねてみませんか? 深谷駅を利用する際は、北口のからくり時計もチェックしてくださいね。定刻になると、深谷市のイメージキャラクター・ふっかちゃんから渋沢栄一に…。こちらも見逃せませんね!

■旧渋沢邸「中の家」
深谷市血洗島247番地1
☎048-587-1100(深谷市教育委員会 渋沢栄一記念館)
9:00~17:00、年末年始休、駐車場あり

■渋沢栄一記念館
深谷市下手計1204
☎048-587-1100
9:00~17:00、年末年始休、駐車場あり

■尾高惇忠生家
深谷市下手計236
☎048-587-1100(深谷市教育委員会 渋沢栄一記念館)
9:00~17:00、年末年始休、駐車場あり

■誠之堂・清風亭
深谷市起会110番地1
☎048-571-0341(大寄公民館)
9:00~17:00、年末年始休、駐車場あり

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 埼玉トップ
  2. 特集
  3. 「金運アップ先取り? 無料で楽しめる大人の社会科見学へ“翔んで深谷”」


会員登録・変更