1. 埼玉トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 意外や意外!埼玉でも見れるの⁈今年も鮭の遡上(そじょう)が始まります@行田
記事検索

意外や意外!埼玉でも見れるの⁈今年も鮭の遡上(そじょう)が始まります@行田

特派員No. 445
びゃくだんさん
  • 2018/11/05 UP!

秋もだんだん深まってきましたね。
いも、栗、南瓜にブドウに梨。 美味しいものが巷にはいっぱい溢れています。
そして日に日にキンキン冷たくなってくる空気に背中を押されるように衣替えも最盛期。
動物界でも何れやってくる季節に備えて準備が始まっているようです。

 

サケの遡上(そじょう)、見たことがありますか?

IMG_4860

この時期、海で大きく育ったサケたちが子孫を残すため、日本各地の川を上流に向かってさかのぼります。
そのサケを狙って冬眠前のクマたちが狩りをしている映像、TVなどで一度は見たことがありますよね。
何千何万というサケたちが川をさかのぼるその情景、もっと北の方、ほぼ北海道のお話かと思っていました。

IMG_4852

実は埼玉県でも見れるんです!

場所は行田市。
利根大堰(とねおおぜき)という国の施設です。
独立行政法人 水資源機構利根導水 総合事業所を目指して行くとわかりやすいと思います。
この利根川の手前が埼玉県、対岸はもう群馬県というぎりぎりの場所です。

利根川は太平洋側でサケが遡上する最南端の河川として知られていました。
それも昭和30年代から徐々に減少し、昭和40年代には途絶えたと思われてきました。
昭和50年代になり、「利根川にサケを呼び戻す会」が結成され、稚魚の放流が始まりました。
その運動は現在も受け継がれています。

放流されたサケの稚魚は4年ほど海で過ごし、そして産卵のため生まれ故郷の川に帰ってきます。

 

河原に観察できる場所があります

IMG_4855

入り口が少し分かりづらいのですが、橋のたもとから右折をするようにして河原におりることができます。

IMG_4856

観察スポットへの入り口。
観察しやすいように中は少々薄暗くなっています。

IMG_4890

左側に3つ並ぶ窓。
ここから川の中の様子をうかがうことができます。

IMG_4888

 

この日の川の様子

IMG_4860

訪れたこの日に観察できた魚たち。
これはサケではありません。
多分、コイ科の魚です。
でも体調30センチ越えの魚たちが必死に泳いでいる姿をまるで触れるような距離で見ることができます。

湧きだつ泡の様子からその急流ぶりがうかがえると思います。
川は左から右へと流れていますが、その中をさかのぼって魚たちが目の前を通り過ぎます。
いや、通り過ぎようと必死になってもがいています。

IMG_4874

IMG_4875

IMG_4873

何度もトライしてはそのたびに押し流され。
今度こそはとトライしてはまた元の木阿弥。
川の急流に翻弄された体はもう傷だらけになっています。

IMG_4891

次のトライに向けて少し流れの緩やかなところでしばしの休憩中。
そして果敢にまた急流に挑んでいきます。

「頑張れ~」「こら、もうちょっとだよ!」「そこよ、そこ!」「こぉら!やる気だせぃ!」

知らない間に手に汗握って声を出して応援している自分に気が付くことでしょう。
いや、自然って本当に厳しい、そして、偉大です。

 

上から見ると。。

IMG_4905

いったん外へ出て川を上から見てみると、魚たちが登ってくる道がこのように階段状になっていることがわかります。
私たち人間が見れば、「あぁ、あそこまで行ったらいったん休憩して、次はあそこまで頑張ればいいのね」などと攻略をたてることもできますが、魚たちはそうもいきません。

IMG_4866

こんな高さの壁を急流に逆らって超えて行かなければならないのです。
それができなければ待っているのは「死」。

。。。魚ってすごい! 自然て素晴らしい!

 

これから12月ごろまでがサケの最盛期になります

サケの遡上はこれから寒い季節へむかって最盛期を迎えます。
去年、一昨年のデータから見ると最盛期には一日に500~600匹ものサケが遡上するのが観察できるようです。

「最近仕事が停滞気味だな。。嫌になってきた。」と思っている会社員のみなさん。
「やってもやっても点数とれないなぁ。俺ってダメなのかなぁ」と思っている学生さん。
「毎日毎日同じことの繰り返し。いつ終わるんだろう」と思っているママさんたち。

逆境にも耐え必死で次のステップへ飛び立とうとしているサケたちのその姿。
勇気をもらいに一度訪れてみてはいかがでしょう。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 445 びゃくだん
京浜東北線の南のほうで生まれ育ち今は同じ沿線の北のほうに住んでいます。 美味しいものがあれば日本中車でひょいと出かけてしまう身軽さです。

人気記事ランキング

  1. 埼玉トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 意外や意外!埼玉でも見れるの⁈今年も鮭の遡上(そじょう)が始まります@行田

特派員メンバー

  • ree
    特派員No.358ree
    美味しいコーヒーには目がない!
  • ありさ☆
    特派員No.052ありさ☆
    ランチとカフェでリフレッシュ!
  • 樹
    特派員No.055
    人生ほとんどを大宮で送ってます
  • ザジ
    特派員No.116ザジ
    小さなハレの日を大切にしよう!
  • メガモリーゼ
    特派員No.125メガモリーゼ
    楽しい美味しい大好き!
  • リボン仮面
    特派員No.126リボン仮面
  • 6月うさぎ
    特派員No.2606月うさぎ
  • 埼☆玉子
    特派員No.272埼☆玉子
  • ちゅーてれ
    特派員No.282ちゅーてれ
    「愛」と「和」で輝く日々を
  • 南国 花
    特派員No.297南国 花
    一日一笑!
  • みみ
    特派員No.299みみ
    フットワーク軽く!
  • びゃくだん
    特派員No.445びゃくだん
    旅行が好き!食べるのが好き!
  • サイタママ
    特派員No.447サイタママ
    さいたまが好き~!!
  • かずrin
    特派員No.526かずrin
    浦和・大宮たまに川口エリアで、穴場なお店の開拓頑張ります!!
  • さわあこ
    特派員No.527さわあこ
    特技:美味しいお店を見つける事
  • かもちゃん
    特派員No.528かもちゃん
    情報は足を使って見つけます
  • ぱんちょ
    特派員No.667ぱんちょ
    甘辛両党。
  • sato
    特派員No.668sato
    趣味はハンドメイドと食べ歩き!