1. 埼玉トップ
  2. 埼玉スタッフなう
  3. 【森ビル × チームラボ】超巨大デジタルアートミュージアム@東京お台場・6/21オープン!

【森ビル × チームラボ】超巨大デジタルアートミュージアム@東京お台場・6/21オープン!

2018/6/12

六本木ヒルズやアークヒルズでお馴染みの「森ビル株式会社」と、 ウルトラテクノロジスト集団の「チームラボ」が共同で、超巨大デジタルアートミュージアム「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」を6/21(木)にオープンさせます。

s-teamlab1

オープンに先駆けて、プレス発表会に参加。
一足先に、世界に類を見ない最新デジタルアート空間を体験してきました!

コンセプトは“ボーダレス”
10,000㎡の巨大空間に約50もの作品が共存しあう

チームラボの手がける有名な作品の1つが“共創”をテーマにした教育プロジェクト「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」。常設店舗の第1号は2015年オープンの「ららぽーと富士見」なので、新しもの好きな埼玉編集部はすでにチェック済み。
はてさて、新施設では、どんな驚きを体験できるのか。期待に胸躍らせながら、いざ参りましょうー!

s-teamlab3

まずビックリしたのが会場の広さ。
総面積10,000㎡という巨大な空間で、サッカーコートの約1.5倍もの広さがあります。

その広大な空間に広がるのは、約50ものデジタルアート作品の数々。しかも、それぞれの作品に境界線がなく、部屋から出て移動をしたり他の作品と融合したり。さらに鑑賞者と関わることによって作品がどんどん変化をしていく…。

s-teamlab21

施設の壮大さや作品の多さ、幻想的な空間に、ただただ驚愕しどうしでした。

施設内は5つの世界で構成

10,000㎡の広大な空間を構成するのは5つテーマからなる世界です。

1)Borderless World
作品が部屋から出て自ら動き出し、他の作品とコミュニケーションし影響を受けあったり混ざり合ったり。さらに鑑賞者とも関係性を持つことにより、境界のない(=ボーダレスな)不思議な世界を作り上げます。

s-teamlab4
人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる(Untitled)
s-teamlab5
花と共に生きる動物達

s-teamlab16
地形の記憶

 

2)チームラボアスレチックス 運動の森
創造的運動空間。全身を使って作品と触れ合う事ができます。

s-teamlab6
マルチジャンピング宇宙

s-teamlab7
重力にあらがう生命の森

s-teamlab8
光の森の 3D ボルダリング

 

3)学ぶ!未来の遊園地
「共同的な創造性、共創」をコンセプトにした教育的なプロジェクト。他者とともに世界を自由に創造する事を楽しみます。

s-teamlab11
お絵かき水族館

s-teamlab10
小人が住まうテーブル

 

4)ランプの森
人が近づくと近くのランプが強く輝き音色を響かせる幻想的な世界。

s-teamlab13

s-teamlab12

 

5)EN TEA HOUSE
デジタルアートをそのまま“飲む”という体験ができるティーハウス。※別途料金

teamlab14

s-teamlab19
お茶が注がれた茶器の中にデジタルアートの花が咲き、その世界をそのまま飲み込む。茶器を手に取ると花が散り、茶器をテーブルに戻すと花が咲き始め、花々はお茶がある限り無限に咲きます

 

東京から世界に向けて日本の文化的価値を発信
未来に何か繋がるものになれば…

杉山央さん(森ビル株式会社・MORI Building DIGITAL ART MUSEUM 企画運営室 室長)/写真左
「多種多様な人種や文化が注目都市に集結する傾向にあり、“都市の時代”と言われる昨今。東京は経済には強みを持ちますが、文化的価値という点においては世界水準でみると少し弱い。2020年のオリンピックに向けても、この施設が東京の文化発信を高め、“都市の磁力”を高めていくものになれば」

s-teamlab20

猪子寿之さん(チームラボ 代表)/写真右
「500台のPC、500台のプロジェクターを使い作り上げるこの広いデジタルアート空間は、複雑で立体的、それぞれの作品は独立していながら境界が曖昧なボーダレスな世界。時間とともに刻々と姿を変え、作品が移動し、自分自身も作品に関わることにより作品がどんどん変化をする…。そんな世界に迷い込み、自らのカラダで散策をして、新たな発見や気づきを体験・体感してほしい。どんな形かはわからないが、未来において何かに繋がっていくものになればいいなと思っています」

s-teamlab18
入口は、お台場のパレットタウン・大観覧車のすぐ下です!

室内は結構暗め。案内板もマップもありません。これまでにない、新しいミュージアムの形をぜひ体験してみて!
起伏のある作品やアスレチック要素のある体験型の作品も多いので、歩きやすい靴と動きやすい服装で出かけてくださいね。

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless(森ビル デジタルアートミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス)
東京都江東区青海1-3-8、お台場パレットタウン(旧東京レジャーランド跡地)
営業時間・入場料等、施設の詳細はHPでチェックを⇒



人気記事ランキング

  1. 埼玉トップ
  2. 埼玉スタッフなう
  3. 【森ビル × チームラボ】超巨大デジタルアートミュージアム@東京お台場・6/21オープン!


会員登録・変更