1. 埼玉トップ
  2. お買い物
  3. 百貨店・ショッピングセンター
  4. 190円~自家焙煎珈琲の贅沢【熊谷珈琲:大宮氷川参道&浦和パルコ店】
記事検索

190円~自家焙煎珈琲の贅沢【熊谷珈琲:大宮氷川参道&浦和パルコ店】

特派員No. 358
reeさん

熊さんのロゴが目印
知る人ぞ知る自家焙煎のカフェ

美味しい自家焙煎の珈琲をたっぷり。
落ち着いたお洒落な店内。テイクアウトも可能。しかもとってもお手頃。
珈琲好きにはたまらないですね。

今回は、そんな条件を全て満たした埼玉のとっておき、
知る人ぞ知る洒落た名店をご紹介しましょう。

名前は熊谷ご夫妻の営む「熊谷珈琲」。
熊さんのロゴが目印です。
s-IMG_5628

「熊谷珈琲」は2店舗あり、
景観の美しい大宮参道沿いにあるのが本店。
昨年11月に浦和パルコの地下にオープンしたのが2号店です。

美しい景観を眺めながら、ゆったり味わいたい
そんな時は、氷川参道沿いの本店へ

「いつものお願いします。」
そう伝えると、さらりと私好みの珈琲を出してくれるマスター熊谷さん。
銘柄ではなく私好みの味。珈琲はマスターにおまかせ。
ワクワクする瞬間です。
s-IMG_5597

参道の景観にしっくり馴染む心地よい空間です。

土日祝日、ちょっと早起きした日はモーニング。(680円税込)
s-IMG_5603

魅力は、フレンチプレスでたっぷりいただく珈琲。
私には珍しい飲み方でしたが、風味を損ねず、簡単に美味しく飲めるやりかただそう。
お店では、お好きな豆をコーヒープレスで飲むことができます。

単品で注文の場合、オリジナルブレンド520円(税込)~。
粗目に引いた豆を蒸らすこと4分。
プレスされた珈琲は3杯分。

一杯目はブラックで。
二杯目はミルクを入れて。
そして三杯目はすっきりとブラックで。

そんな風に自分なりに飲み分けながら、心地よい時間が流れて行きます。

珈琲の外、サラダ、ケーキなどサイドメニューもあるので、
用途と時間に応じて、自由自在に楽しめます。

利便性と効率重視
そんな時は、昨年オープンした浦和パルコ、デパ地下へ

本店とはがらりと変わり、こちらは浦和駅の目の前にあるパルコ地下。
食料品のフロアにある、利便性抜群の2号店です。
s-IMG_5613
昨年の11月、パルコのリニューアルと同時にオープンしました。
店内でいただけるメニューは基本珈琲のみ。販売メインで焼き菓子もありました。

珈琲のスタイルは本店と全く同じ。
テイクアウトも豆の販売もあり。
店内で飲むときは、本店同様フレンチプレスでたっぷり。

デパ地下の賑やかな食品街に流されることなく、
本店と変わらず、一定のペースでゆったりと珈琲を淹れてくれます。
良いですね。このブレない感じ。

こちらのお店の最大の魅力は、ドリップパックコーヒーの品揃え。
s-IMG_5609

手土産、自分にちょっとご褒美、そんなニーズにもぴったりです。

「熊谷珈琲」の魅力とは?

では改めて、熊谷さんの珈琲の魅力についてお話ししましょう。

本店にはロゴの通り、立派な焙煎機がありました。
s-IMG_5640
豆の種類、さらには浅煎りから深煎りまで
所要時間もそれなりにかかると思っていましたが、
なんと浅煎りで10分、深煎りでも14分前後とか。早い!

豆はマスターがこれぞは!と厳選したもの
自分好みの珈琲の選び方

豆はマスターがスペインに出向いて持ってきた、珍しいものもあります。
焙煎された豆は全て100gから販売もしていますよ。

100g、250g、500gと、量が増えるほどお得になるのも魅力。
色々ありますね。迷っちゃう。
s-IMG_5617

そこで、珈琲は好きだけど、どのように伝えれば好みの珈琲が飲めるか、
ワンポイントアドバイスをいただきました。

難しく考えず、その時飲みたい珈琲をふらっと注文すればOKだそうですが、
銘柄を知らなくても、苦味や酸味の強弱やコク、香りの好み等をざっくりと伝えれば、
好みに合いそうな珈琲を教えてくれるとのこと。

ちなみにパッケージはこんな感じ。一つ一つに丁寧な説明が書かれています。
s-IMG_5634

ディカフェもあります

妊婦さんや、カフェインを極力控えたい人にはデイカフェもあります。
こちらのテイクアウトもありますよ。
s-IMG_5627
エスプレッソマシーンで淹れている為、コクがあり、
苦味や酸味のバランスも通常の珈琲とあまり変わらないような、本格派の味わい。

ところで、タイトルに書いた「190円の贅沢」ってなあに?
2つのポイントに注目してみました。

190円の贅沢その1.自家製ドリップパック
美味しい淹れ方の説明付き

なんといっても、自家焙煎の豆をギュッと閉じ込めたドリップパック(190円税込)。自分でなかなかうまく淹れられない、職場で、キャンプで簡単で美味しく飲みたい。
そんな人に是非おすすめです。

裏に美味しい淹れ方のコツが丁寧に書かれ、
この通りに淹れれば、誰でも簡単にお店の珈琲を同じ味が味わえるという、
ホントに便利な優れもの。私もよく愛用しています。
s-IMG_5604
お店のオリジナルブレンド2種。深めと浅め。気分と好みに応じて2種持ち歩くのもいい。

190円の贅沢その2.容量たっぷり!
テイクアウトのオリジナルブレンド

氷川参道本店、パルコどちらもテイクアウト可能。
もちろん全てお店で焙煎したものばかり。
しかもオリジナルブレンドは、容量が350mlで190円。

駅のスタンドやコンビニなどの大きいサイズとほぼ同じ量と考えると、
いかにお得かわかりますね。

s-IMG_5601

本店のテイクアウト専用窓。散歩がてらふらっと購入する風景がとてもおしゃれ!
種類は店舗によって多少異なりますが、ブラック、生クリーム砂糖入りやカフェラテなど190円から販売しています。

浅煎り・中煎り・深煎り、どれも強すぎず弱すぎず
疲れないちょうどの味

焙煎する人や器具によって、同じ豆でも味わいが違うようですが、
「熊谷珈琲」の珈琲は、「自家焙煎」から想像しがちな
濃くて強い個性を感じさせない、くせがなくて、どこか抜け感のある味。
豆本来の特徴をそのままふんわりと引き出した、身体にも会話にも邪魔にならない
ちょうどの味。

どれを選んでも「うわっ、苦すぎてのめない~」とか
「なんかうすいな~」ということがなく、強すぎず、弱すぎず。
緩やかな空気が流れます。

穏やかな中に一本筋の通った、熊谷夫妻の織りなす自家焙煎の珈琲で
ゆるやかな埼玉スタイルを味わってみませんか。

さいたま市大宮区浅間町2-46 浅間町ハウス1F
電話:048-607-5432
営業時間:10:00~19:00(土日祝日:7:00~19:00)
定休日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日)

・浦和パルコ店
さいたま市浦和区東高砂町11-1 浦和パルコB1F
電話:048-611-8516
定休日:施設休館日に準ずる

http://kumagaicoffee.com/

この記事を書いた人特派員No. 358 ree
東京の生まれ育ち。転勤で日本各地を住み渡り、この度「さいたま」へ。ご当地の素敵なモノ、ヒト、コトを追い求め、出会い、感動を繰り返す一児の母です。

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 埼玉トップ
  2. お買い物
  3. 百貨店・ショッピングセンター
  4. 190円~自家焙煎珈琲の贅沢【熊谷珈琲:大宮氷川参道&浦和パルコ店】

特派員メンバー

  • ree
    特派員No.358ree
    美味しいコーヒーには目がない!
  • ありさ☆
    特派員No.052ありさ☆
    ランチとカフェでリフレッシュ!
  • 樹
    特派員No.055
    人生ほとんどを大宮で送ってます
  • ザジ
    特派員No.116ザジ
    小さなハレの日を大切にしよう!
  • メガモリーゼ
    特派員No.125メガモリーゼ
    楽しい美味しい大好き!
  • リボン仮面
    特派員No.126リボン仮面
  • 6月うさぎ
    特派員No.2606月うさぎ
  • 埼☆玉子
    特派員No.272埼☆玉子
  • ちゅーてれ
    特派員No.282ちゅーてれ
    「愛」と「和」で輝く日々を
  • 南国 花
    特派員No.297南国 花
    一日一笑!
  • みみ
    特派員No.299みみ
    フットワーク軽く!
  • びゃくだん
    特派員No.445びゃくだん
    旅行が好き!食べるのが好き!
  • サイタママ
    特派員No.447サイタママ
    さいたまが好き~!!
  • かずrin
    特派員No.526かずrin
    浦和・大宮たまに川口エリアで、穴場なお店の開拓頑張ります!!
  • さわあこ
    特派員No.527さわあこ
    特技:美味しいお店を見つける事
  • かもちゃん
    特派員No.528かもちゃん
    情報は足を使って見つけます
  • ぱんちょ
    特派員No.667ぱんちょ
    甘辛両党。
  • sato
    特派員No.668sato
    趣味はハンドメイドと食べ歩き!