1. 埼玉トップ
  2. お買い物
  3. 【川越角栄商店街に新しい風!】空き店舗の再活用でブックカフェ完成!@38℃
記事検索

【川越角栄商店街に新しい風!】空き店舗の再活用でブックカフェ完成!@38℃

特派員No. 358
reeさん

「オオトモ」の看板が目印ぬるま湯に浸かるように、ゆる~く豊かな珈琲時間

IMG_8101

「熱すぎず、ぬる過ぎず、ぬるま湯に浸かるようにゆる~く。珈琲を飲みながらゆったりくつろいで過ごして欲しい」
そんな想いから店長吉田さんが名付けた「38℃」は、今年の7月にオープンしたカフェです。
メニューは、ごくシンプルなところがいい!

IMG_8095

川越市内の「Coffee Post」から仕入れた珈琲豆で淹れた珈琲の他、地元のパン屋さん「ベッカライ」のパンなど、地元の食を大切にとりいれ、お手軽に。
ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に珈琲を淹れる姿に、商店街への愛着を感じます。

3回続けてお届けしている川越霞が関地区、角栄商店街情報。おさらいですが、場所は東武東上線霞が関駅より徒歩10分ほど。

・1回目は商店街お惣菜の旅。
https://mrs.living.jp/saitama/shopping/reporter/3636376

・2回目は、角栄商店街の自治会が運営する「にこにこ食堂」
https://mrs.living.jp/saitama/town_gourmet/reporter/3659014

そして、食の締めくくりを飾る今回はカフェ。「オオトモ」という看板が目印です。
そう、昔ここは女性服の店「オオトモ」さんでした。
看板や内装は極力そのまま活かし、ふらっと立ち寄れる手軽で洒落たカフェに変身!
IMG_8094

シャッター商店街の空き店舗を再活用「まちづくりキャンプ」にてカフェを事業化

レトロな看板が印象的でしたので、店長吉田さんから、角栄商店街にカフェをオープンした理由を聞いてみました。
すると、川越市主催の「まちづくりキャンプ」がきっかけだったとか。

「まちづくりキャンプ」とは、「空き店舗」を活用して、街を魅力のある場所へと変えていく「エリアリノベーションへの取り組み事業」の一つで、川越市が平成28年に開始した3日間のプログラムのこと。

この取り組みにより、第1回目はリノベーションのトータルプロデュースの会社「80%」https://80per.net/
第2回には、ゲストハウスとカフェバーの「ちゃぶだい」https://chabudai-kawagoe.com/が事業化。
そして第3回目、平成30年度の舞台として選ばれたのが、角栄商店街のある霞が関北地区。この時に参加して事業化する際のコンセプトが「38℃」だったそうです。

まちづくりキャンプ 3回目
「38℃」が事業化されるきっかけとなった3回目の「まちづくりキャンプ」のチラシ

つまり、熱すぎず冷めすぎず長く浸かっていられる温度(オンド)。商店街を「ぬるま湯」のような心地良い環境にしたいという思いが込められているそうです。
コンセプトの「38℃」はカフェの名前に、「オンド」は吉田さんが運営する合同会社の名前となりました。

もともと設計事務所に勤務していた吉田さん。店内は吉田さんはじめ、地元の子どもたちなども参加して、リノベーションを施して完成しました。緩やかーな角栄商店街の雰囲気にぴったり。

おとなりの「にこにこ食堂」で食事を済ませた方々がそのままお隣の「38℃」へ移動。吉田さんもランチを食べに「にこにこ食堂」へ、というなんとも平和で微笑ましい光景でした。

テイクアウトOK。Wi-Fi完備 ハンドドリップの珈琲&本に囲まれる幸せ

珈琲大好きな私が惹かれるカフェ三大基準といえば、

・美味しい珈琲をたっぷりいただけること
・建築やアートなどを中心とした本に囲まれ、落ち着いた空間であること
・Wi-Fi完備

ですが、「38℃」さんは、それら全てをかる~くクリアしてくれました。

① 美味しい珈琲をたっぷりいただける
IMG_8100
珈琲はテイクアウトできるのも嬉しい。↓
IMG_8102

② 建築やアートなどを中心とした本に囲まれ、落ち着いた空間であること
IMG_8105

IMG_8106

屋根裏部屋のようなスペースに天井まで、所せましとばかりに本がぎっしり。本は貸出もしています。店内にはレコードが沢山あり、希望を言えばお好みの音楽をかけてくれます。

③ Wi-Fi環境が整っているこれ、かなり大事ですね。

常連さんにきく、カフェの魅力は?

取材に伺ったとき、常連さんという学生の女の子に会いました。カフェの魅力は?ときくと、しばし考え「自分のための気が休まる場所」とにこやかに応えてくれました。

家にいてもなかなか自分の時間は無いもので、ここでのんびりだら~っと気づいたら1日過ごしているなんてこともあるそうで、心から納得です。

通りを行き交う人々が、ふらっと立ち寄る緩やかなカフェ。やっぱりカフェって商店街を明るくする。そう思えたひとときなのでした。

IMG_8099
間口の広い店内から、人の行き交う姿が見れて、ふらっと入りやすい雰囲気なのも楽しい。

業界人っぽい人も、街のおじちゃんもおばちゃんも、通学途中の学生さんも、
み~んな立ち寄りたくなるカフェ「38℃」。

角栄商店街に新しい風をもたらしたカフェで、ゆるやか~な日常を堪能してみませんか。
IMG_8114

38℃
住所:川越市霞が関北4-22-23
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日・日曜日
https://38degcel.com/

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 358 ree
東京の生まれ育ち。転勤で日本各地を住み渡り、この度「さいたま」へ。ご当地の素敵なモノ、ヒト、コトを追い求め、出会い、感動を繰り返す一児の母です。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 埼玉トップ
  2. お買い物
  3. 【川越角栄商店街に新しい風!】空き店舗の再活用でブックカフェ完成!@38℃

特派員メンバー

  • ree
    特派員No.358ree
    美味しいコーヒーには目がない!
  • ありさ☆
    特派員No.052ありさ☆
    ランチとカフェでリフレッシュ!
  • ザジ
    特派員No.116ザジ
    小さなハレの日を大切にしよう!
  • メガモリーゼ
    特派員No.125メガモリーゼ
    楽しい美味しい大好き!
  • リボン仮面
    特派員No.126リボン仮面
  • 6月うさぎ
    特派員No.2606月うさぎ
  • 埼☆玉子
    特派員No.272埼☆玉子
  • ちゅーてれ
    特派員No.282ちゅーてれ
    「愛」と「和」で輝く日々を
  • 南国 花
    特派員No.297南国 花
    一日一笑!
  • みみ
    特派員No.299みみ
    フットワーク軽く!
  • びゃくだん
    特派員No.445びゃくだん
    旅行が好き!食べるのが好き!
  • かずrin
    特派員No.526かずrin
    浦和・大宮たまに川口エリアで、穴場なお店の開拓頑張ります!!
  • さわあこ
    特派員No.527さわあこ
    特技:美味しいお店を見つける事
  • かもちゃん
    特派員No.528かもちゃん
    情報は足を使って見つけます
  • ぱんちょ
    特派員No.667ぱんちょ
    甘辛両党。
  • sato
    特派員No.668sato
    趣味はハンドメイドと食べ歩き!
  • じゅんすず
    特派員No.856じゅんすず
    地元川越を中心として広く埼玉県西部の情報をお届けできたらと思っています。
  • 快晴一番
    特派員No.857快晴一番
    子連れに優しいところを探してます!
  • くーまん
    特派員No.858くーまん
    おでかけ、美味しい物大好きです
  • いちご珈琲
    特派員No.859いちご珈琲
    美活記事でイメトレ充電!急げ、実行!
  • ゆうはな
    特派員No.860ゆうはな
    趣味はのんびりカフェ散歩♪