1. 埼玉トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. このギャップは新鮮‼埼玉県北東部の銘菓「塩あんびん」を食べてみた。
記事検索

このギャップは新鮮‼埼玉県北東部の銘菓「塩あんびん」を食べてみた。

特派員No. 445
びゃくだんさん
  • 2018/04/09 UP!

少し前のTV特集「久喜編」でも話題となった、埼玉県北東部で昔から食べられている「塩あんびん」を巡る旅、行ってきました。

埼玉県北東部銘菓「塩あんびん」って?

IMG_2477

塩あんびんとは、「砂糖をまったく使わずに塩で味をつけたあんこを包んだ甘くない大福」のこと。
見た目が普通のよく知っている大福なので、
「あ、大福だ。大福って甘くておいしいよね」
一口パクリ。
「うん、柔らかくて甘くておいし。。。えっ?えぇっっ?!しょっぱい!!」
その見た目と食べた時の味のギャップに、軽ーく脳ミソがパニック起こします。
その昔、砂糖がまだまだ高級品であまりふんだんに使えなかった頃、農家のかたが農作業の間に食べるおやつとしてこの塩で味付けした大福が作られたそうです。
砂糖を使わずに塩味で小豆の本来の甘みを引き出した逸品です。

埼玉県北東部の加須市や久喜市で今でもよく食べられている銘菓です。
数多くのお店で作られていますが、今回はその中でも特に有名な3店に行ってみました。

 

久喜市「愛宕茶屋」

IMG_2313

秘密の○○ショーで取り上げられたのはこちら。
久喜市の愛宕神社の真向かいにあります。

IMG_2392

上に押された桜の焼き印がかわいらしい。
先週行ったときはまさに神社の桜が満開でした。
この焼き印は季節によって桜、紅葉、松など変わるそうです。
一緒に販売されている見た目がそっくりな普通の甘い大福との差別化にも一役買っています。

IMG_2314

IMG_2396

塩あんびんのあんこは砂糖を使っていないので白っぽいのが特徴です。
周りのお餅ももち米100%が基本。
次の日には少々固くなってしまう、本物の餅菓子です。

価格 : 238円
あんこの量 : 普通
あんこの種類 : 粒あん
あんこのかさ高 : やや薄め
塩加減 : 普通

愛宕茶屋
埼玉県久喜市久喜中央1-15-23
TEL : 0480-22-4876
営業時間 : 9:00 ~ 17:30
定休日 : 月曜日

「愛宕茶屋」のHPはこちら

 

加須市「三小間」(みこま)

IMG_2303

加須市の塩あんびんといえば三小間が有名です。
塩あんびんの他にもようかんをカステラの間に挟んだ「シベリア」、お赤飯で包まれたお饅頭の「いがまんじゅう」など、加須市民のお口の癒しどころとして親しまれています。
この日も次から次へとおばあちゃんたちがやってきていました。

IMG_2416

IMG_2427

IMG_2434

やはり周りのお餅はもち米100%のもの。
運が良いと、若干固くなった前の日製造のものを通常よりお安く求めることができます。

価格 : 210円
あんこの量 : 普通
あんこの種類 : 粒あん
あんこのかさ高 : やや厚め
塩加減 : やや控えめ

三小間
埼玉県加須市土手1-9-26
TEL : 0480-61-0756
営業時間 : 9:00 ~ 19:00
定休日 : 月曜日

「三小間」のHPはこちら

 

加須市「船橋屋菓子店」

IMG_2421

硬派な感じの塩あんびんやさん。
あまーい、ふわふわ、とろとろ、でお店の中はお花でいっぱいのらぶりぃ空間が最近のスイーツ店とすれば、ここはまさに男気溢れる硬派なお店。
店内はかなり広い空間なのですがどちらかというと正直、雑然とした感じ。

どん、どーん、どーーん、と塩あんびんが店先のショーケースの中に鎮座しています。

IMG_2422

こちらの特徴は何といってもその大きさ。
大中小と塩あんびんだけでも3種類の大きさがあるのですが、一般的な大きさは一番小さいサイズ。
と言ってもそれでもずいぶん大きめ。
大ともなればとても一人では食べきれないだろうという大きさです。

ここはあえて一番大きなものを購入してみました。

IMG_2429

IMG_2433

うーん、写真にしてしまうとその大きさをお伝えするのが難しいですが、直径12cmほどありました。
大と小を重ねると鏡餅みたいに見えなくもありません。
「こんな華もない餅なんて写真撮ったって面白くないだろう」
なんて初めはちょっと怖そうだった店主。
お話していくうちにどんどんにこやかになり、塩あんびんの歴史、食べ方などいろいろ教えてくださいました。

価格(大サイズ) : 500円
あんこの量 : やや多い
あんこの種類 : こしあんに近い粒あん
あんこのかさ高 : 薄め
塩加減 : やや辛め

船橋屋菓子店
埼玉県加須市中央2-10-11
TEL : 0480-61-0369
営業時間 : 9:30 ~ 20:00
定休日 : 月曜日

 

塩あんびんの楽しみ方

各店舗を回って店主の方とお話をして、塩あんびんにはたくさんの楽しみ方があることがわかりました。

・ もち米100%なので当日しか柔らかくない。
・ 食べるとき砂糖をつけながら食べる ← これがスタンダード
・ 砂糖醤油で食べる
・ お汁粉に入れて食べる
・ きな粉&砂糖をつけて食べる
・ 翌日固くなったら焼く。食べ方は同じ。
・ 冷凍保存すればいつでも楽しめる!

子供の時に「わぁい、大福だ♡」と言ってがぶっと一口。
その時の味のギャップの衝撃でそれがトラウマになっている大人になったそこのあなた。
もう一度試してみませんか。
そして「大福は甘い」という固定観念をお持ちの埼玉県民の皆様。
一度、県北東部銘菓の「塩あんびん」、試してみませんか。

この記事を書いた人特派員No. 445 びゃくだん
京浜東北線の南のほうで生まれ育ち今は同じ沿線の北のほうに住んでいます。 美味しいものがあれば日本中車でひょいと出かけてしまう身軽さです。

人気記事ランキング

  1. 埼玉トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. このギャップは新鮮‼埼玉県北東部の銘菓「塩あんびん」を食べてみた。

特派員メンバー

  • ree
    特派員No.358ree
    美味しいコーヒーには目がない!
  • ありさ☆
    特派員No.052ありさ☆
    ランチとカフェでリフレッシュ!
  • 樹
    特派員No.055
    人生ほとんどを大宮で送ってます
  • ザジ
    特派員No.116ザジ
    小さなハレの日を大切にしよう!
  • メガモリーゼ
    特派員No.125メガモリーゼ
    楽しい美味しい大好き!
  • リボン仮面
    特派員No.126リボン仮面
  • 6月うさぎ
    特派員No.2606月うさぎ
  • 埼☆玉子
    特派員No.272埼☆玉子
  • ちゅーてれ
    特派員No.282ちゅーてれ
    「愛」と「和」で輝く日々を
  • 南国 花
    特派員No.297南国 花
    一日一笑!
  • みみ
    特派員No.299みみ
    フットワーク軽く!
  • びゃくだん
    特派員No.445びゃくだん
    旅行が好き!食べるのが好き!
  • サイタママ
    特派員No.447サイタママ
    さいたまが好き~!!
  • かずrin
    特派員No.526かずrin
    浦和・大宮たまに川口エリアで、穴場なお店の開拓頑張ります!!
  • さわあこ
    特派員No.527さわあこ
    特技:美味しいお店を見つける事
  • かもちゃん
    特派員No.528かもちゃん
    情報は足を使って見つけます
  • ぱんちょ
    特派員No.667ぱんちょ
    甘辛両党。
  • sato
    特派員No.668sato
    趣味はハンドメイドと食べ歩き!