1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. 犬猫を飼う前に知っておきたいこと

犬猫を飼う前に知っておきたいこと

  • 2018/02/21 UP!

犬猫を飼う前に知っておきたいこと

トイプードル

トイプードル

クリクリとカールした毛は抜けにくく、小さな子供がいる家庭にもおすすめ
ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャット

7Kg程度まで大きくなるので存在感抜群!大きめネコちゃんを探している人に
柴犬

柴犬

飼い主に忠実な柴犬は、最近、黒も人気上昇中
スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド

愛きょうがあり、おっとりした人なつこい性格。一緒にまったり過ごしたい人に

 ペットとして不動の人気を誇るのはやはり、犬と猫。「子供の手も離れたし、犬や猫を飼ってみたい」と憧れる読者も多いのでは? 今回、犬や猫を飼おうと思ったときに知っておきたいことを特集します。飼う予定の人や検討中の人はぜひ参考にしてくださいね。

構成・文/村本香子
表紙撮影/亀谷光
イラスト/本多メモ
撮影協力/ジョイフル エーケー大麻店

忠実な犬、放任できる猫。魅力はそれぞれ

忠実な犬、放任できる猫。魅力はそれぞれ
 犬は社会性が強く、飼い主にとって忠実なパートナーとなってくれるのが魅力。ただしそのためには、小さいときからのしつけが必須です。きちんとしつけることで、かみ癖などの問題行動をある程度抑えることができます。
 猫は、最低限トイレのしつけは必要ですが、犬と違ってしつけは難しいといえます。反面、放っておいても自由に過ごすため、それが飼いやすい点の一つです。猫の性格にもよりますが、慣れた飼い主であれば食事とトイレを多めに準備して温度管理をしておけば、1、2泊留守にすることも可能です。犬の場合、常に飼い主がアクションを起こし、食事も一回ごとに準備する必要があるので、旅行の際はペットホテルに預けるなどの配慮が必要。また、毎日の散歩はもちろん、放っておくとにおいが出るためシャンプー・トリミングが必要な点も犬の特徴です。
 一方、猫の特徴の一つに、“爪とぎ”があります。家具や壁での爪とぎは困りものですが、猫にとっては本能的なもの。やめさせるのではなく、あらかじめ爪とぎを用意するなどの対策を取りましょう。

犬の魅力と特徴
猫の魅力と特徴

まずは環境。
費用は医療費まで考慮して

 飼う前に必要な費用やモノ、環境について考えておきましょう。
 近年、犬は室内飼いが主流。中型、大型犬なら体格に応じた広さが必要です。鳴き声が近隣の迷惑にならないかも検討しておいて。
 猫も室内飼いがルールです。高い場所に登る習性があるため、家具などに登っても危険がないようにしておきましょう。前述の通り爪とぎは防げないので、対策や“あきらめ”も必要かもしれません。
 アイテムでは、子犬(猫)から飼うならケージがあるとベター。留守にするときも慣れない環境でケガをしないよう入れておけます。ペットショップで、最初に必要な物をセット販売していることも。
 日常的な費用は犬猫とも食費の比重が高く、犬は特にサイズにより変動します。また、犬猫ともワクチンや健康診断などの医療費が必要。去勢・避妊手術も繁殖を防ぐ目的に加え、発情時の問題行動や、生殖器系の病気の予防としても大切です。

犬の魅力と特徴
犬のトイレやケージなどが含まれるスターターセット(ジョイフルエーケー大麻店)
犬 最初に必要なモノ
猫 最初に必要なモノ

※犬猫ともに適した時期がきたら去勢・避妊費用が必要です

犬猫に1年間かけた費用

※有効回答数/犬3077、猫627(全国のアニコム損保のペット保険契約者)
※2017年3月アニコム損害保険調べ

単なるペットから家族の一員に。
近年はアレルギーが増加

 近年は猫ブームといわれ、昨年は犬の飼育数を猫が抜いたというニュースがありました。実際には犬の飼育数が減少傾向で猫は微増しています。飼育数は大幅に増えていませんが、関心の高さには変化がみられます。いわゆるペットブーム状態が続き、単なる“ペット”から家族の一員に。また昔と違い、病気や高齢の犬・猫にも飼い手が見つかることが増えたそう。社会全体で動物愛護の意識が高まっているのかもしれません。
 また、最近の傾向として増えているのが動物アレルギー。飼い始めてからわかることもあり、重症の場合は最悪、手放すケースも。事前にアレルギー検査を行っている病院で検査を受けたり、猫の場合は猫カフェに行って様子を見てみるのもよいでしょう。
 飼う前に心配な点があれば動物病院に相談するのも一つの方法です。動物が病気のとき以外に、事前の相談にも乗ってくれます。

近藤厚 先生

おしえてくれたのは
髙橋動物病院 院長
獣医師 近藤厚 先生

髙橋動物病院
札幌市白石区菊水2-1-2-11
TEL 011-811-1925

どこから迎える?
犬・猫を実際に迎える場はさまざま。それぞれの特徴を知った上で考えましょう。

ペットショップ

純血種を小さい頃から飼うことができる

 純血種の子犬(猫)がほとんどなので、飼いたい種類が決まっているなら便利です。多くの店ではワクチンなどの健康管理がなされ、あらかじめペット保険に加入しているケースも。人慣れしていることが多いのも特徴です。犬と猫両方いる店で育つと、お互いに慣れていることも多いそう。また、ペットホテルやトリミングサロン、ドッグランなどを併設している店舗もあります。

ペットショップの特徴

ショップ紹介
ジョイフルエーケー 大麻店 ペットセンター

ジョイフルエーケー大麻店昨年3月にオープンしたジョイフルエーケー 大麻店のペット館は、ホームセンターでありながら専門店のような落ち着いた雰囲気が魅力です。ペットホテルやトリミングサロン、ドッグランも併設。犬猫に加えて爬虫類など種類も多彩。アットホームな雰囲気で、気軽にスタッフに相談できます。

DATA
江別市大麻198 TEL 011-351-3333

自治体、保護団体など

身寄りのない犬・猫を家族に迎える

 飼い主のいない犬や猫を自治体などから譲り受けるという選択肢もあります。保護猫には特に雑種が多く、雑種ならではの模様や佇まいが好きな人には適しています。多くの場合、詳しい生育歴はわからず、病気持ちの場合も。団体によって、譲渡時に審査や、医療費の請求、譲渡後の報告義務などの条件があります。

自治体、保護団体の特徴

団体紹介
札幌市動物管理センター

 札幌市は犬猫の殺処分ゼロを目指し、迷い犬(猫)や事情により引き取った犬(猫)の返還や飼い主探しを行っています。犬は年々、“野良犬”が減り、2014年から殺処分ゼロを実現。猫は16年に1頭まで減少しました。現在は引き取った犬・猫の収容頭数も年々減少しています。下記の福移支所では、放棄や飼い主不明として持ち込まれる犬や猫(おもに成犬・成猫)を収容しています。世話が難しい離乳前の子猫についてはボランティア団体と連携するなど、殺処分および不幸な動物を減らすための活動を行っています。
(問い合わせ/札幌市動物管理センター TEL 011-736-6134)

犬猫を譲り受けたい人は

飼い主を探している犬・猫の見学・譲渡受け付け
●月~金曜(祝日除く)10時~16時30分
●場所/動物管理センター福移支所
(札幌市北区篠路町福移156)
●TEL 011-791-1811
http://www.city.sapporo.jp/inuneko/

その他

ブリーダーから直接購入したり、動物病院で保護犬(猫)の飼い主を募集している場合もあります。

最後に…

 犬や猫を飼うならば、当然のことながら命が尽きるまで快適に暮らせるよう責任を持つ必要があります。それが果たせない場合、「今は飼えない」と決断するのも動物への愛情です。

犬猫を飼う前に知っておきたいこと

● 住まい
集合住宅の場合ペット可の物件か。広さや転居予定は?

● 家族の同意
全員の同意は得られているか?アレルギーはないか

● 寿命
自分の体力面も含め、最後まで世話ができるか

● 近隣への配慮
鳴き声、ふん、散歩のマナーなどが守れるか

● 毎日の世話
世話の時間が取れるか、経済的な不安はないか

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. 犬猫を飼う前に知っておきたいこと

リビング札幌最新号 電子ブック

最新号イメージ

リビング札幌Web by オントナ

2018年12月12日

電子ブックを読む



会員登録・変更