1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. 明るいカラーとスカートでつくる春スタイル

明るいカラーとスカートでつくる春スタイル

  • 2018/03/28 UP!

 明るいカラーやスカートに憧れがあっても、うまく取り入れられないという人もいるはず。この春こそは、チャレンジしてみませんか? スタイリストの石切山祥子さんに着こなしのポイントを教えてもらいました。モデルに挑戦したのは、オントナパートナーの3人です。

※掲載商品は売り切れの場合があります
構成/達紗智子、撮影/千葉奈都美(アンドボーダー)

明るいカラーとスカートでつくる春スタイル

春らしい明るいカラー

 今春は、淡い色やラベンダー色に近い甘過ぎないピンク、鮮やかなブルー、グリーン、イエローなど元気をもらえそうな明るいカラーに注目です。オントナ世代が挑戦しやすいのは、ポイントとして色を取り入れられるシルエットがきれいなアイテム。身に付けるだけで、気持ちも弾みそうですね。新しいことを始めたくなる季節だからこそ、普段着たことのない色にチャレンジしてみて。

ボイルガーゼグラフィックフラワー柄ストール

ボイルガーゼグラフィックフラワー柄ストール 1万2960円/ユキコハナイ

ボイルガーゼグラフィックフラワー柄ストール

シャツ4212円/ミズ

ポリエステルドレープサテンパンツ5万6160円/ミズ

ポリエステルドレープサテンパンツ5万6160円/ユキコハナイ

春のスカートスタイル

 長く続いたパンツ人気から、プリーツが入ったものやすっきりとしたAラインの少し長めのスカートに流行が移ってきています。体の線にそって裾に向かってストンと落ちるような素材なら、体型に関係なく楽しめそうです。ロングなら丈が短めのトップスを合わせて、重たく見えないように着こなすのがコツ。女性らしさをスカートでプラスした品のある大人のスタイルがおすすめです。

花柄スカート2万4840円

花柄スカート2万4840円/プリマティーボ

スカート3万5640円

スカート3万5640円/ダナパリ

リバーシブルスカート1万3824円

リバーシブルスカート1万3824円/プールスタジオ アリヴィエ 札幌アピア店

石切山祥子さん

●スタイリスト
「スプートニク」代表 石切山祥子さん

 北海道生まれで、スタイリスト歴は約30年。札幌大学卒業後、事務職をしながらスタイリストのアシスタントを経験したのち、1988年にフリーに。2000年に「スプートニク」を立ち上げ、以後、コマーシャルなど撮影の仕事で活動中。携わるスタイリングは、衣装からインテリアまで多岐に渡り、イベントなどでファッションセミナーも開催している。

40代 大谷 理恵さん

デザイン性のある白シャツにカラーパンツで、若々しく

シャツ1万584円、パンツ1万1880円、ベルト5292円/プールスタジオ アリヴィエ 札幌アピア店

Point
明るいカラーのパンツやスカートを着こなす場合、最近の主流は白シャツを合わせるスタイル。今回は今年人気のラベンダーピンクを合わせました。白以外にグレーとの相性も抜群。襟元や袖に特徴があるシャツを選ぶと若々しい印象に仕上がります。
ボリュームのあるトップスの場合、ウエストをマークすると足がより長く細く見えます。これは、スカートスタイルでも応用可能。ベルトを使う習慣がない人には、写真のような目立ち過ぎないゴールドやシルバーのものがおすすめ。

プリーツが上品さを演出。気になる部分のカバーもバッチリ

襟付きブラウス2万2680円、プリーツスカート2万4840円、サッシュベルト5400円、バッグ1万4040円、ストール1万800円/プリマティーボ

Point
おなかの下あたりまで入った細かいプリーツは体型をカバーしてくれるので、ウエスト回りが気になる人の強い味方です。袖の下の方に膨らみがあるブラウスはフリルほど甘過ぎず、二の腕の太さや細さを目立たなくする効果もあり。
シャンパンベージュは大人の女性におすすめの色。上下どちらに持ってきても品が出ます。こなれて見せるには、小物の色合いを合わせると◎。ストールは首に掛けるだけでスラッとした印象に。

撮影後の大谷さん
 「普段寒色系の服ばかりなので、ピンクには抵抗がありましたが、履いてみるとしっくり。これから身に付けてみようと思います。上下どちらもボリュームがあるスタイルだと、太く見えるのが心配でしたが、ベルトを使うとスッキリ見えるんですね」

50代 髙宮 洋子さん

かっこよさのポイントは、2色使いのカーディガンと縦のライン

ブラウス2万5920円、ロングカーディガン5万760円、ロングワイドパンツ3万5640円/ダナパリ
ネックレス9720円/ベルヴォーグ

Point
黄色のカーディガンのポイントは、グレーも配色されていること。周りのアイテムとのなじみがよいため、明るい色1色だけよりも断然使いやすくなります。サラッとした生地で春らしく、大人だからこそ似合う着こなしを楽しんで。
ロングカーディガンと丈が長いワイドパンツの組み合わせで縦のラインが強調され、かっこよさを引き出しています。体のラインにそった“落ち感”のある素材のパンツも、スタイルアップに一役買っています。

程よい大きさの花柄スカートで大胆さとかわいらしさのいいとこ取り!

フラワーカーニバル柄ブラウス4万2120円、フラワーカーニバル柄スカート5万6160円、ストレッチニットカーディガン7万4520円/ユキコハナイ

Point
ボリュームを抑えたスッキリした形のスカートは、程よい甘さで上品。裾の片側にだけあるアクセントによって、左右非対称シルエットが作られ、足元がきれいに見えます。
花柄は小さいとかわいらしく、大きいと大胆な印象に。トレンドは、バランスよく両方の要素を持った中花柄です。さまざまな色が入った柄だと、その中の1色と羽織るもののカラーを合わせられるので便利。

撮影後の髙宮さん
 「今年こそ明るい色に挑戦するつもりでした。パンツスタイルで羽織った黄色、いいですね! スカートは毎年買っても着こなせず、履かなくなりがちでした。花柄のスカートは、子どもの時以来。この春は柄物を買うことに決定です」

60代 嵯峨 久美子さん

ブルーに近い緑色がおすすめ。シックに決めるならボトムはグレンチェック

トップス1万2960円、パンツ1万6200円、ネックレス2700円、ストール9180円/ミズ

Point
大人の女性には、薄い緑よりターコイズグリーンなどがおすすめ。シワ加工が施されていたり、アシンメトリーなデザインだったりするとスタイルよく見えます。少し袖をまくると、おしゃれ度が一気に上がりますよ。
幅が広過ぎないワイドパンツを合わせると、太ももの太さをカバーできます。シックなイメージが好みなら、パンツの柄はチェックを選んで。中でも、千鳥格子模様や異なるチェックを組み合わせた「グレンチェック」がイチオシです。

目線を上に持ってくる工夫で、ロングでも軽やかな装いに

ベスト3万1320円、タートルネックカットソー1万800円、スカート4万6440円、コサージュ8100円、帽子1万2960円、トートバッグ2万520円/M.&KYOKO

Point
ロングスカートの重たい印象は、丈の短いニットベストが緩和してくれます。胸元のコサージュも軽やかに見える理由。目線が上にいくのでバランスが整い、全体がまとまっていると感じませんか?
帽子に挑戦したい人は存在感が強く、着こなすのが高度なつばがある帽子より、色や素材が柔らかめのニットキャップを被ってみてください。優しい雰囲気に仕上がりますよ。

撮影後の嵯峨さん
 「ブルー系が苦手と思っていたけれど、今まで選んでいたのが淡い色だったからかもしれませんね。スカートには戸惑いました。でも、撮影時に好評だったし、今後は初めから似合わないと決めつけるのはやめようかな」
  • プールスタジオ アリヴィエ 札幌アピア店(アピア ファッションウォーク)TEL 011-209-1231
  • プリマティーボ(札幌三越本館6階)TEL 011-222-8455
  • ユキコハナイ(さっぽろ東急百貨店4階)TEL 011-212-2394
  • ダナパリ( 札幌三越本館6階)TEL 011-232-2515
  • ベルヴォーグ(札幌三越本館6階)TEL 011-222-8179
  • ミズ(アピア マーケットウォーク)TEL 011-209-1318
  • M.&KYOKO(さっぽろ東急百貨店4階)TEL 011-212-7145

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. 明るいカラーとスカートでつくる春スタイル

リビング札幌最新号 電子ブック

最新号イメージ

リビング札幌Web by オントナ

2018年9月19日

電子ブックを読む



会員登録・変更