1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. 子育てや美術、国際協力、動物など札幌のボランティア事情を紹介。はじめませんか?ボランティア

子育てや美術、国際協力、動物など札幌のボランティア事情を紹介。はじめませんか?ボランティア

  • 2018/06/06 UP!

勇気を出せば世界が広がる はじめませんか?ボランティア

 子育てが一段落したり、退職したり。自分の時間ができたときに“ボランティア”に関心を持つ人は多いのでは。「でも何から始めればいいの?」という人に向けて、今回、近年のボランティア事情や参加者を募集している団体を紹介します。

構成・文/村本香子

勇気を出せば世界が広がる はじめませんか?ボランティア
勇気を出せば世界が広がる はじめませんか?ボランティア
勇気を出せば世界が広がる はじめませんか?ボランティア
勇気を出せば世界が広がる はじめませんか?ボランティア
勇気を出せば世界が広がる はじめませんか?ボランティア
勇気を出せば世界が広がる はじめませんか?ボランティア
勇気を出せば世界が広がる はじめませんか?ボランティア
勇気を出せば世界が広がる はじめませんか?ボランティア

「自分にもできるのかな?」と思っている人に知って欲しいことや最近のボランティア事情について、札幌市福祉協議会地域福祉部ボランティア振興課の辻岳さん、山﨑佑樹さんに教えてもらいました。

世のすべての活動に関わるボランティア。
その気になれば誰でも参加できます

 「ボランティア」というと、立派で優しい人が特別な場で行うことだと思っていませんか?
 また「やってみたいけれど、何もできないし」と躊ちゅうちょ躇する人も多いのではないでしょうか。
 でも、現在では世の中の社会活動や経済活動、地域活動といったすべての分野でボランティアが必要で、欠くことができないといっていいほど。その気になれば、どんな人でも参加できるのがボランティアなのです。
 活動の場は、高齢者や障がい者に関わる福祉の分野をはじめ、町内会などの地域、学校や職場単位で行うなど多岐にわたります。他にも、スポーツならプロスポーツや競技大会のサポート、文化でもコンサートや舞台の手伝いがあります。最近は映画などのエキストラもボランティアといわれることが多いそう。そんな中から、自分が興味を持つ分野で募集があれば参加できる可能性があります。
 期間も、継続的に行うだけでなく短期間の活動や1日限定のものも。さらにいえばリングプルや書き損じはがき、ペットボトルのふたなど、物資を提供するだけの活動や、募金活動もボランティアの一種といえます。

勇気を出せば世界が広がる はじめませんか?ボランティア

今後、ニーズが見込まれるのは身近な生活支援。
関心があることを、長い目でゆっくり探そう

 では、どのように探せばよいでしょう。やはり自分の関心がある分野で見つけるのがべストです。インターネットで探すなら、下記の「ボラナビ」でも検索できます。また、福祉関連なら地域の社会福祉協議会に相談してもよいでしょう(※)。
 最近の傾向としては、子育てがひと段落した女性には子育てに関わる活動が人気。特に最近“子ども食堂”への注目が高まっています。退職後の男性なら、漠然と誰かの話し相手や子供と遊ぶよりも役割がはっきりした活動が向いているようです。仕事の経験をいかせること、何かを作ったり直したりという技術的なこと、持ち場が決まった観光案内なども一例です。
 今後、ニーズが増えると考えられるのは地域での生活支援です。要介護まではいかないけれど困っているという人を、近くの人が少しだけ助ける仕組みで、「冬はゴミ捨てができない」「電球を変えることができない」といったことの支援です。
 そうした分野では“有償ボランティア”も増えています。受け手側の「無償では申しわけない」という思いや感謝を、交通費や実費程度の対価として支払うことで、支援を継続させる仕組みとして用いられています。
 最後に、ボランティアを始めようと思っても、初めからうまくいくとは限らないし急ぐ必要はありません。事前に研修があったり、見学やお試し体験できるケースも多いのでぜひ活用しましょう。ゆっくり長い目で、自分に合うものを探すのも長く続けるためのコツです。
 ボランティアで家族や友人ではない、従来と違う世界の人と接することは、人生の新しい扉を開いてくれるはずです。

※札幌市社会福祉協議会 ボランティア活動センター TEL011-623-4000

3000以上の情報から検索!

ボラナビ

ボラナビ

http://www.npohokkaido.jp/volunavi/

 地域、関心のあるキーワードで手軽にボランティアの情報を検索できます。募集する団体は無料で情報を掲載でき、おおむね3200以上の情報を掲載。

注意!
●受け入れ団体にはまずメールや電話などで連絡をしてから参加しましょう。
●事前に内容や謝礼の有無、自身の得手不得手を確認。見学の有無も聞いておくとよいでしょう。

私たち、ボランティアはじめています!

 オントナパートナーにもボランティアをしている人が多く、そんな人にやりがいやきっかけを聞きました。各団体では参加者を募っているので、興味がある人は問い合わせてみて。

animal 動物

一頭でも多くの犬を助けたいという一心で

 トリマーの仕事をしています。「わんふぁみ」さんで保護した犬を無償でトリミングしたり、ペットグッズやイベント出店の売り上げの一部を寄付しています。保護犬は毛玉だらけで匂いがひどく、皮膚の状態も悪いため、普通のカットでは追いつきません。彼らを1頭でも多く助けたいという気持ちで参加しています。千葉由美さん

わんふぁみ札幌

わんふぁみ札幌
行き場をなくした犬の飼い主を探し、一時預かりやチャリティーイベントを実施。それらの活動へのボランティア以外に、医療費などの寄付やペットシーツなどの物資支援なども募集しています。必要な物資については事前に問い合わせを。
TEL 090-6990-0591(石山さん)

international 国際交流

いろいろな人と出会い、世界が広がります

 30年以上活動しています。ホームステイや生け花などの日本文化の紹介といった催しに参加してきました。年に一度行うバザーでは、ふとんや日用品などを廉価で提供しています。この会がなければ会わなかったメンバーと、さまざまな国の人と会うのは楽しいし、世界が広がります。山本恭子さん

北海道国際女性協会

北海道国際女性協会
1975年設立。札幌に住む外国人や留学生に向けて日本語指導や英語情報誌の発行、バザーなどのイベントを実施しています。外国語が話せなくてもOK。自分のペースで活動できます。年会費あり。
TEL 011-221-3501(月曜10~17時のみ)

children 子育て

赤ちゃんやママとふれあい癒やされる貴重な時間

 15年前、息子の大学進学をきっかけに、「子育てボランティア」に登録。おもに週1回、区の子育てサロンで活動しています。若いママと話したり赤ちゃんと遊んだりするのは、楽しくて癒やされる貴重な時間。サロン以外の依頼に応じることもありますが、自分の行動をメインに無理しないのが長続きのコツです。梅村真理子さん

札幌市 子育てボランティア

札幌市 子育てボランティア
活動内容には、子育てサロン以外におもちゃづくり、託児なども。年に数回、講習会もあり。問い合わせは各区の「こそだてインフォメーション」へ。連絡先は右の2次元コードから確認を。

札幌市 子育てボランティア

参加してみませんか? 現在、ボランティアさん募集中!

 現在ボランティアを受け入れている団体の中から、異なる分野の5つを紹介します。

art アート

美術が好きな人に。経験を生かした活動が可能

北海道美術館協力会(アルテピア)

北海道美術館協力会(アルテピア)
 道立近代美術館・同三岸好太郎美術館で活動するボランティアを募集中です。メンバーは7つの部署のいずれかに所属。作品解説を行う「解説部」や資料・書籍の整理を行う「資料部」、ミュージアムショップに運営協力する「売店部」など多彩な業務があるので、経験を生かして活動できます。特別展が始まる前に学芸員から特別解説を聞けるオリエンテーションがあるなど、美術好きにはたまらない特典も。専門資格は不要で男性も歓迎。同じ趣味を持つ仲間や、美術の知識が増す点も魅力です。30日(土)までに書面で申し込み、7月の説明会への参加が必要。決定後は研修もあり。詳細は問い合わせを。また活動が決まったら同会への入会(有料)が必要です。

●募集期間/6月30日(土)まで
●説明会/7月26日(木)13時30分~、27日(金)10時~ ※いずれかに参加が必要
●北海道美術館協力会 TEL 011-644-4025

flower ガーデニング

街を花と緑で彩り、スキルアップも!

さっぽろタウンガーデナー

さっぽろタウンガーデナー
 さっぽろタウンガーデナーは、札幌市を花と緑であふれる街にするため、札幌市建設局が推進している事業。登録すると、公園や歩道の花壇など、公共の場で行われる園芸作業の情報が届き、参加できます。年に数回、園芸に関する講習会が行われるなど、スキルアップや会員同士の交流の機会も。またメンバーは、市内に33団体ある「花と緑のボランティア団体」に入会することもできます。ガーデニング好きはもちろん、経験はないけれどしてみたい人、集合住宅に住んでいる人、花の仲間が欲しい人におすすめ。男性も多数活動しています。登録は随時可能。登録無料。1年更新です。詳細は問い合わせを。

●さっぽろ花と緑のネットワーク事務局 TEL 011-251-3309

universal tourism 障がい者・高齢者案内

札幌駅構内で、車いすやベビーカーをレンタル

北海道ユニバーサル観光センター

北海道ユニバーサル観光センター
 JR札幌駅構内にある「北海道ユニバーサル観光センター・札幌」では、バリアフリーの観光情報の提供、障がい者や高齢者、子供連れの旅行者に車いすやベビーカーの貸し出し(有料)を行っています。同センターでは9時30分~17時30分でシフトに入るボランティアを随時募集中。現在も、自らが障がいを持つ人が活躍しているので、障がい者ボランティアも大歓迎です。交通費を1回400円支給。

●北海道ユニバーサルツーリズム推進協議会 TEL 011-788-4170

adapted sport 障がい者スポーツ

“床の上のカーリング”で選手をフォロー

ドリームボッチャ札幌

ドリームボッチャ札幌
 リオパラリンピックで銀メダルを獲得して注目を浴びた球技・ボッチャは、重度脳性まひ者や、同程度の四肢重度機能障がい者のために考案。“床の上のカーリング”とも言われる頭脳戦も魅力です。「ドリームボッチャ札幌」では、ボールを回収したり選手に渡すボランティアを随時募集。毎月、第1・3・5土曜13~16時に西区二十四軒の「身体障害者福祉センター」で練習が行われるので参加してみませんか。当日参加もOK。

●ドリームボッチャ TEL 090-6216-0641(菊地さん)

culture 歴史文化

歴史を学び、仲間とともに来村者とふれあう

北海道開拓の村ボランティア

北海道開拓の村ボランティア
 開拓の村内で歴史的建造物の解説・案内を行う他、わら細工などの実演、イベントのサポートも。歴史を学びながら来村客とふれ合えるのに加え、仲間づくりや健康づくりに役立つという人も。最初はベテランボランティアと一緒に活動します。年会費1000円。概要を説明する体験講座を9月22日(土)に開催予定。

●北海道開拓の村 TEL 011-898-2692

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. 子育てや美術、国際協力、動物など札幌のボランティア事情を紹介。はじめませんか?ボランティア

リビング札幌最新号 電子ブック

最新号イメージ

リビング札幌Web by オントナ

2018年10月10日

電子ブックを読む



会員登録・変更