1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. 構図や明るさにこだわって、食べ物・風景・人物をキレイに撮ろう 「プロに教わるスマホカメラ活用術」

構図や明るさにこだわって、食べ物・風景・人物をキレイに撮ろう 「プロに教わるスマホカメラ活用術」

  • 2018/08/01 UP!

プロに教わってもっとキレイに! スマホカメラ活用術

いつでも気軽に写真が撮れるスマートフォンのカメラは、つい何も考えずシャッターを押してしまいがち。でもせっかくならよりキレイに撮りたいですよね。そこで今回、プロにスマホカメラでできる撮影の基本を教えてもらいました。
※紙面で紹介した機能や画面は機種により異なる場合があります

構成・文/村本香子

まずおさえたい!撮影3原則

1.不要なものを写り込ませない

簡単そうに見えて意外と難しいのがコレ。スマホカメラは手軽なので漠然と撮ってしまいがちですが撮る前に何を見せたいか考え、不要なものを省くことでグッと差が出ます。

2.構図を考えて撮る

良い構図とは、見る人が安定して違和感なく見える配置のこと。難しそうですが、スマホでも意識して撮れる方法を次ページで紹介します!

3.明るさを調整する

スマホなら、撮るときでも、撮った後でも明るさなどを容易に調整できるのがメリットです。詳しくは次ページで紹介します!

菅野 学さん

Saloon sapporo 写真事業部部長、チーフフォトグラファー
菅野 学さん

商業写真や舞台写真などの活動歴35年。2007年よりSAPPRO CITY JAZZ オフィシャルフォトグラファーとして参加。道新文化センター講師としても活躍中。
TEL 011-522-5555

スマホ撮影の基本

表紙で紹介した3原則のうち、「構図」と「明るさ」について解説します。

構図 基本の「三分割構図」で雰囲気ある写真に

写真の構図の基本に「三分割構図」があります。画面を縦横に三分割して、線が交わる点(交点)や線の上に被写体の中心や重要なものを入れる方法です。そうすることで安定感があり雰囲気のある写真になります。スマホでは多くの機種でこのグリッド線を画面上に出して撮影できます。

NG
なんとなく、被写体を真ん中に置いて撮ってしまいがち…
good
バラに交点を合わせて線を意識すると雰囲気のある写真に。また、被写体が“向かう”方向に余白を作ると良い。この場合、葉が伸びる方向(上)と、紫の花が向かう方向(左)に余白を作りました。

グリッド設定方法(一例)
※方法は機種や設定によって異なります

明るさ 画面上で手軽に調整可能。事後でもOK

スマホカメラではその場の明るさを認識して自動調整してくれますが、思うように明るく映らない場合、その場で調整しながら撮影できます。撮影後に、画像編集の機能で明るくすることも可能です。

good
構図を工夫した写真を、さらに明るさアップ!

明るさ設定方法(一例)
※方法は機種や設定によって異なります

対象別撮り方ポイント

撮る機会が多い「食べ物」「風景」「人物」を上手に撮るポイントを紹介します。

食べ物編 余計なものを省いて、明るさを調節

食べ物はまず、そのまま撮らずに余計な物を入れないことを徹底すると差がつきます。撮る角度や並べ方を変えて試してみましょう(マナー違反にならない程度に)。明るさもおいしそうに見える必須条件。構図が決まったら調整してみて。

NG
テーブルをそのままパシャ! まとまりがなく、なんとも散漫です
good
フルーツのカラフルさをメインに撮ることに決め、余計なものが入らないようグッと寄りました。多少被写体が切れてもOK。さらに3分割の交点周辺にイチゴを置き、色合いも調整してバランスよく印象的に。
good
どうしても余計なものが入る場合、真上から撮るのも一案。その場合は並べ方に工夫を。不要な箇所はトリミング(カットして省く)しましょう。

風景編 何に心が動き、残したかったかを明確に

女性は、食べ物や人物に比べて風景を撮るのが苦手な人が多いのだそう。素敵な景色に出合ったときは、漠然と撮るのではなく、その景色の何が良いと思ったかを考えて(近くの花なのか、遠くの山なのか、空の色合いなのかなど)、それを中心にすること。その上で構図も考えてみましょう。

NG
さっぽろテレビ塔や銅像、花壇が入る撮影スポットを見付けて何気なく…。雑然としてテレビ塔が切れているのも残念。
goodテレビ塔と彫刻が重ならないよう要素を整理。テレビ塔と、花壇内の「大通公園」の文字の位置は、3分割構図のラインを意識しました。

good咲き誇る白いアジサイをメインに。他の花を大胆に省くことで白が映え、季節感が強調されました。

マメ知識

人物編 足切り注意!“目に交点”が基本です

人物の立ち姿を撮る際に多い失敗が、左の例のように足の途中で切ってしまうこと。足元まで入れるか、ウエストより上、胸より上で切るのが原則です。また、構図を考える際は三分割構図の交点に目を入れるのが基本。さらに、顔や目線が向いている方向に余白を作ると雰囲気が出るので試してみて。

NG
余計な場所が入っているうえに、足が切れてしまいました
good
足元まで入り、余計な場所も切れて収まりがよくなりました
NG
“見たまま撮った”という感じの1枚。ありがちです…
good
テーブル上の余計な物を入れず、目線は3分割の交点を意識。グッと良い感じに

マメ知識

加工&保存してみよう

写真の加工はスマホに元からあるアプリでもできますが、使い勝手の良い無料アプリでワンランクアップ! 増え続ける写真の保存もクラウドサービスで管理してみましょう。

Snapseed

(iPhone、Android対応。無料、Google)

Snapseed
多彩なツールを感覚的に操作できます

シミ除去や首の角度調節まで!

菅野さんもオススメの写真編集ツール。「画像調整」「切り抜き」「ブラシ」「シミ除去」など、撮った写真を感覚的に加工できるツールが多数。また、人の顔に関する機能も多く、顔を明るくしたり、顔の微妙な角度を不自然にならない程度に調整することもできます。

Google フォト

(iPhone、Android対応。無料、Google)

Snapseed
「食べ物」で検索すると食べ物の画像を自動でピックアップ

分類や検索、思い出の管理も自動でおまかせ

撮影した写真や動画が自動でバックアップ・整理され(wi-fi使用時)、スマホ・パソコンで管理できるサービス。撮影場所や写真の内容などさまざまな条件で振り分けられ、検索も可能。基本の画素数であれば無料・容量無制限。自動でアルバムやムービーの作成も行ってくれます。

菅野 学さん

最後に…

写真を上手に撮るには、まず自分が何が好きで、何を上手に撮りたいか考えること。いつもより上手に撮れて“面白い”と思えたら、どんどん上手に撮れるようになりますよ!

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. 構図や明るさにこだわって、食べ物・風景・人物をキレイに撮ろう 「プロに教わるスマホカメラ活用術」

リビング札幌最新号 電子ブック

最新号イメージ

リビング札幌Web by オントナ

2018年12月12日

電子ブックを読む



会員登録・変更