1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. オトナのファッションの悩みに!スタイリストが教える秋冬コーデ応用術

オトナのファッションの悩みに!スタイリストが教える秋冬コーデ応用術

  • 2018/10/17 UP!

ファッションが好き!でもなんか物足りない…、そんなオントナ読者たちへ

スタイリストが教える秋冬コーデ応用術

 紅葉の便りが聞かれる季節となり、装いもすっかり秋冬モード。オントナパートナーにアンケートを実施したところ、ファッションに興味はあるけれどほとんどの人が何らかの悩みがあるようです(下記グラフ参照)。今回はそんな迷えるオントナ読者へ、スタイリストがアドバイス。大人世代のファッションについて教わりました。

構成・文/山神朋子、撮影/千葉奈都美(アンドボーダー)

※2018年9月調べ。有効回答数178

2018年秋冬注目すべき小物たち

「1点取り入れることで変化をつけられるアイテムを知りたい(48歳)」「50代でも挑戦できる今年の流行を知りたい(54歳)」という声に応えて、まずは秋冬のトレンドを紹介します。「若作りと思われるのが怖い(50歳、64歳)」という声もありましたが、流行のアイテムや色は小物など、少ない面積から取り入れてみましょう。思い込みを捨ててまずは挑戦してみて。

大人っぽく仕上げるならパープルに注目


品の良さを高めるパープルカラーのバッグはストラップの取り外しが可能な2ウェイ。
バッグ 3万240円(C)

グリーンはベーシックカラーとの相性も良く、トレンド感をプラスしてくれる注目カラー


イヤリング 4212円(A)

ブーティー 2万9160円(C)

ローヒールシューズ(ピアッカセッテ)2万3760円(D)

バッグは小ぶりを。レディライクに持つならチェーンバッグ


色鮮やかなフィーシャピンクは明るく華やかな印象に。白黒チェックは上品で落ち着いた雰囲気に。
キルティングバッグ 6469円(B)

ファーアイテムが豊富


選ぶならベーシックなスタイルを引き立てるカラフルなものを。
ファーバッグ 6372円(A)

コーディネートの仕上げにウエストポーチをプラス


スポーティースタイルにはもちろん、モードなスタイルには遊び心を。
ウエストポーチ 4104円(A)

大人のカジュアルスタイルにレオパード柄


足元にさりげなく取り入れるのが大人流。
スニーカー1万584円(A)

チェックはクラシカルから大柄のデザインまで勢ぞろい


大柄チェックは遠目にも華やかでトレンド感のある着こなしに。
キルティングバッグ 6469円(B)、チェックストール 7776円(A)

教えてくれたのは

パーソナルスタイルワン
小泉薫子さん(右)、植木理沙さん

テレビ、雑誌などでも人気のプロパーソナルスタイリスト。モードファッションからメンズファッションまで、その人の個性や新たな魅力を引き出す装いを提案。その洗練されたスタイリングに国内外に多くの顧客を持つ。
http://personal-style-one.com

寺長根あい

メイク協力
AI TERANAGANE make up studio
代表 寺長根あい

商品撮影協力 ※掲載商品は売り切れの場合があります
(A)ROSE BUD 札幌店(ピヴォ1階)TEL011-232-2339
(B)OPAQUE .CLIP(アピア ファッションウォーク地下1階)TEL 011-209-1339
(C)qualite scape 札幌ステラプレイス店(札幌ステラプレイス センター2階)TEL 011-209-5322
(D)キャロット札幌ピヴォ店(ピヴォ地下1階)TEL 011-219-3433
(E)select Shop BELLE TEL 011-676-3136
(F)デシグアルススキノ店(ススキノ ラフィラ1階)TEL 050-7510-2699

昨日より今日、今日より明日、自分を素敵に進化させよう

脱マンネリ秋冬コーデを3ステップでランクアップ!

今回、オントナパートナーの悩みでもっとも多かったのが「色使い」について。「気がつけば黒ばかり(42歳、46歳、64歳)」「黒、グレー、ネイビーなど、無難な色を選んでしまう(48歳、56歳)」「きれいな色を取り入れたい(50歳、64歳)」という声が。ファッションを変えたい気持ちはあっても、なかなか新しいことにチャレンジできない様子が伝わってきます。オントナ世代がトレンドを押さえつつ、色をどう取り入れればいいのか? コーディネートのコツを初級、中級、上級に分けてアドバイス。初級編はオントナパートナーの徳田みゆきさんがモデルです。

STEP1 初級編

シンプルスタイルを小物で変化

コーディネート1

 着慣れていない色はまず小物から取り入れてみましょう。シンプルなグレーのニットワンピースにカラーをプラスしたきれいめスタイル。スカーフ、ファーバッグ、ショートブーツに同じ色味を入れることでコーディネートに統一感が出ます。

●ニットワンピース 9612円(A)、ファーバッグ 6372円(A)、ブーツ 1万5984円(A)、スカーフ 1万1880円(C)

ワンポイントアドバイス
スカーフやストールでアクセントをつける場合、スマートに仕上げたい時は縦のラインを強調させるために長さのあるものを選んで。首の短さが気になる人は、少し首から離した位置に巻くと抜け感が出ます。首が長い人はボリュームの出る大判タイプを。

スポーティーに着回す

コーディネート2

 キャップにウエストポーチ、スニーカーを合わせて今っぽい大人スポーティースタイルが完成。赤を差し色にすると明るく元気なイメージに。ソックスにはさりげなくレオパード柄を取り入れて。

●スニーカー 1万4040円(A)、ソックス 2268円(A)、ウエストポーチ4104円(A)、ボアキャップ 3780円(A)

STEP2 中級編

トレンドモチーフをボトムスに取り入れる

コーディネート1

 次にチャレンジするなら、パンツやスカートなどボトムスに色や柄を。今季外せないのはチェック柄。デザインロングスカートにニット、ローファーを合わせたクラシカルなスタイルは、エッジの効いたディテール小物で遊び心を。

●ニット 1万8360円(C)、チュールプリーツスカート 1万1880円(A)、ソックス 1836円(A)、ファー付きローファー 1万4904円(A)、ショルダーバッグ 1万2960円(A)

ワンポイントアドバイス
落ち感のあるプリーツスカートは、おなかや腰回りをカバーしてくれます。大柄な人は太めのプリーツ、小柄な人は細めのプリーツを選んで。トップスは少しオーバーサイズを選んだ方が今年っぽい着こなしになると同時に、気になる部分をほどよく隠してくれるスタイルアップ効果あり。

ラフに気回す

コーディネート2

 きれいめデザインのロングスカートにパーカーを合わせてカジュアルダウン。スカートのチェックラインと同じ色のこっくりとした深みのあるボルドーカラーでこなれた印象に。

●スウェット 9612円(A)

例えばこんなボトムスも


バイカラーのニットプリーツスカート。サイドに入った縦ラインが腰回りの広さをカバーしてくれます

●スカート 1万7280円(E)

STEP3 上級編

インパクトのあるトレンドアイテムをトップス

コーディネート1

 デザイン性のあるアウターとレトロ調なブラウスをメインにした1枚で普段のコーデを格上げする上級者コーデ。定番アイテムのワイドパンツにインパクトのあるトップスを合わせて秋冬服のマンネリを打破してみては。ただし、身長が低い人は、あまり太すぎないタイプを選びましょう。

●ファーコート 1万9440円(A)、ブラウス 1万584円(A)、パンツ 1万8360円(A)、ローヒールシューズ(ピアッカセッテ)2万3760円(D) ※バッグはスタイリスト私物

ワンポイントアドバイス
ショート丈のアウターはパンツでもスカートでもバランスが取りやすい優れもの。今回使用したファーパッチワークブルゾンは、黒・グリーン・ベージュの3色使い。秋冬カラーとの色なじみがよく、幅広いコーディネートに合わせられます。大胆なパッチワーク(カラーブロック)が見る人の視線を分断し、ワントーンカラーよりも体型カバーの効果あり。

例えばこんなトップスも


今季の注目カラーのグリーンがベース。落ち着いた中に華やかさのある1枚

●ニット 1万3900円(F)

カジュアルに気回す

コーディネート2

 デニムに合わせるとデイリーな雰囲気に変化。おしゃれトップスにあえてカジュアルなアイテムを合わせることで遊び心のある大人スタイルに仕上がります。トップスにカラフルな色や柄を取り入れると視線がインパクトのある方へ向くので、ヒップの大きさが気になる人は試してみて。トップスの裾を斜めに出し、アシンメトリーに見せると立体感と脚長効果が引き立ちます。

●デニム 2万3760円(A)

ワンポイントアドバイス
デニムの裾の折り幅を10㎝と太めにとっていますが、身長が低めで小柄な人は幅を5㎝以内に。軽やかさが出て、よりバランスが整います。

例えばこんなトップスも


1枚でコーディネートの主役となりそうな色柄

●ニット 1万3900円(F)

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. オトナのファッションの悩みに!スタイリストが教える秋冬コーデ応用術

リビング札幌最新号 電子ブック

最新号イメージ

リビング札幌Web by オントナ

2018年11月14日

電子ブックを読む



会員登録・変更