1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. 日々の心がけとエクササイズで変化を実感 たるみ対策で見た目の印象をUP!

日々の心がけとエクササイズで変化を実感 たるみ対策で見た目の印象をUP!

  • 2018/10/31 UP!

日々の心がけとエクササイズで変化を実感 日々のたるみ対策で見た目の印象をUP!

日々の心がけとエクササイズで変化を実感
日々のたるみ対策で見た目の印象をUP!

 見た目年齢を大きく左右するのが、顔のたるみ。年齢とともに肌や筋肉が衰えるのは仕方のないことですが、日々の心がけやお手入れ次第で、少しでも引き締まった印象になれたらうれしいですよね。そこで今回は美容の専門家に、日常の注意点や対処法を教えてもらいました。

文・構成/五十嵐知里 イラスト/早坂まみ

教えてくれたのは

IEA国際エステティック協会トータルビューティーカレッジ札幌校
エステ、アロマ、整体、ロミロミ、リフレ等の資格が取得できるスクール。女性専用サロン「リラクゼーション メルシー」を併設
(札幌市中央区大通西25 TEL 011-616-3211)

メカニズム

加齢による肌の衰えと筋肉の減少が要因。放置するとより老けた印象を招くことに

 顔のたるみの原因は、まずは加齢などによる肌の衰えが挙げられます。顔は、表面の「表皮」とその下にある「真皮」で覆われています。真皮は「コラーゲン」「エラスチン」などによって支えられており、これによって肌の弾力や潤いが保たれています。ところがこれらを作り出す機能は20代から徐々に低下。
コラーゲンやエラスチンが減って肌の中がしぼみ、たるみが生じるのです。また、加齢や女性ホルモンの減少などにより、表皮そのものも薄くなって弾力を失い、たるみを一層深刻化させます。
顔の筋力低下も要因です。顔には「表情筋」と呼ばれる小さな筋肉が30種類以上ありますが、もともと意識しなければ使わない筋肉も多く、日常動作で使われるのは3割程度。筋肉は使わないでいると衰えますが、30代以降はそれが顕著に進みます。筋力が低下すると、筋肉そのものが重力に引っ張られて下にたわみます。
また筋肉は、動くことによって血液やリンパの流れを促進する重要な役割も担っています。血液やリンパの流れが滞ると老廃物の排出がスムーズに行われなくなり、「むくみ」に。むくみは一時的なものと思われがちですが、慢性化するとたるみにつながります。加えて、筋肉を使わない部位には脂肪が蓄積しやすく、脂肪もやはりたるみの要因となります。
このほか、骨の老化による頭蓋骨の縮小、頭皮の弾力低下なども要因として挙げられます。
基本的には〝加齢〞が主因といえますが、例えば肌の衰えは紫外線や乾燥などの外的要因が大きく影響します。また筋力は、年齢を問わず鍛えることができます。このように要因に注目すれば対処法も見えてきます。下記で紹介するので、参考にしてください。
メカニズム

1日10分の美顔習慣

 たるみに効果的なのはやはり筋トレ。さらに筋トレと合わせてマッサージやツボの刺激を行うと、一層の効果が得られます。全部やっても10分程度で済むよう選んでもらいました。週3〜4回を目安に取り入れて!

顔筋トレーニング

普段あまり使わない表情筋を鍛え、見た目印象をアップ

 たるみに効果的なのはやはり筋肉トレーニング。年齢を問わず効果が得られます。筋肉を動かすことで血流の改善や新陳代謝の活性化にもつながり、顔色が良くなったり、むくみが取れたりと、見た目にも好影響が。さらにトレーニングを続けるうちに筋肉が動きやすくなって表情も豊かに。生き生きとした明るい印象につながります。
ここでは、悩む人が多い口周りや頰、目の周りについて紹介します。シンプルな動きですが、筋肉を意識しながら実践すると疲労を感じ、普段動かしていないことを実感できるはず。なお実践時はしっかり保湿して乾燥対策を万全に。乾燥したまま行うとシワの原因に。またやりすぎも筋肉疲労を招き、疲れた印象を生むのでNGです。
口周り
頰・口周り
目の周り

マッサージ

首と頭皮のマッサージ、ツボ押しも有効
顔は引っ張り上げてたるみをリセット

 体内の老廃物を回収するのは血管とリンパ管。鎖骨下にはリンパ管が集めた老廃物を回収する場所があり、ここをマッサージすると効果が高まります。ただしマッサージは、皮膚に刺激を与えないよう優しくそっと触れるのが鉄則。必ず乳液やマッサージクリームを使用して摩擦を防ぎましょう。
頭皮マッサージも有効です。頭皮と顔の皮はつながっており、頭皮のたるみは顔全体のたるみに直結します。頭全体をつかむようにしてマッサージし、最後にツボを刺激してください。また、首の後ろにあるツボを刺激すると頭皮の血行を促します。指で軽く押して刺激してください。顔のマッサージは、手を使って、表皮を引き上げる方法を紹介します。その日一日、重力に引っ張られた肌をリセットするイメージで実践を。
デコルテ
顔
頭皮
首

日々の心がけ&ケア

 たるみは日々の心がけ次第。ちょっとしたことの積み重ねが、1年後、2年後の印象を変えます。日常の習慣を見直し、必要なケアも行って、年齢以上にたるまない、生き生きとした印象を目指しましょう。

姿勢を正す

背筋を伸ばして顎を引く。気づいたら正しい姿勢に戻すよう心がけて

 たるみの進行を大きく左右するのが姿勢。うつむいた状態は、顔の皮膚や筋肉が下に引っ張られ、慢性化するとたるみを加速させます。引っ張られた状態は一時的なものですが、回復する前にまた引っ張られると、皮膚も筋肉も伸び続けてしまいます。重力によって引っ張られた状態をこまめにリセットするつもりで、背筋を伸ばして顎を引き、顔を前に向けましょう。
特に注意したいのがスマホを見るとき。首を曲げ、背中を丸めて画面を見ていませんか? 意識して画面を目線の高さまで上げ、背筋を伸ばすよう心がけを。
また、いい姿勢を保つためには背筋を鍛えましょう。背筋が衰えると背中を丸めた状態が楽になり、その姿勢が続いてたるむことに。立っている時や歩いている時に顎やおなかが突き出ている人は衰えている可能性大。下記のトレーニングのほか、スクワットや背筋運動、腹筋運動なども有効です。

肌のお手入れ

保湿、日焼け対策を徹底して、ハリをキープ

 日々のお手入れでは、肌の老化を進める乾燥と紫外線対策の徹底を。洗顔後はすぐに化粧水で保湿し、乳液・クリームでふたをすること。これからの季節は暖房で一層乾燥するため、加湿器を使うなどして対処しましょう。
頭皮の保湿も取り入れたいもの。保湿機能を持ったローション(化粧水)タイプの「スカルプケア」剤をを用い、頭皮マッサージと一緒に保湿も習慣化するのがおすすめです。
また、夏と比べると日差しは弱く感じますが、肌に悪い影響を与える紫外線の量は変わりません。UVクリームをしっかりつけ、帽子や日傘で頭皮も含めて日焼け防止を。

NG習慣

睡眠不足、タバコ、ストレス、偏った食事などはこの機会に見直しを

 睡眠不足、タバコ、ストレス、不規則な食事は肌の大敵。たるみが気になるなら、やはり見直しは避けて通れません。食事では、筋肉を維持するタンパク質、抗酸化作用を持つ野菜や果物などを積極的に取りましょう。食べ過ぎももちろんNG。むくみや皮下脂肪の増加につながります。
運動も大切です。血流を良くすることを意識して体を動かしましょう。掃除などの家事をするときに意識してテキパキ動くだけで、血流は変わります。
加齢によるたるみを阻止することはできませんが、背筋を伸ばして口角を上げ、さっそうと動いている人は素敵に見えるもの。日常的に意識して、印象を変えてみませんか。

人気にはワケがある たるみ防止グッズ

 マッサージや筋トレの専用グッズも活用したいところ。今回は、ユーザーの支持を集める実力派をピックアップしました

シリーズ累計1000万本!
自宅でエステティシャンの手技を体感


シリーズ累計1000万本が販売された「リファ」。一般向けに開発された「リファカラット」は、エステティシャンの手技の再現を目指した2つのローラーが、肌を深くつまみ流す動きで肌を引き締めます。内蔵されたソーラーパネルから光を取り込み、電源なしで微弱電流を発生。
問い合わせ/MTG フリーダイヤル 0120-467-222

〈リファ〉リファカラット 2万5704円

肌のコリをしっかりつかんでほぐす
なめらかな使い心地と優れた操作性


「かっさプレート」とは、マッサージしたい部分に当てて肌の上を滑らせたり、押さえたりして使うアイテム。肌のコリ感をしっかりつかんで解きほぐします。「アユーラ ビカッサプレート プレミアム」は、石川県の窯で手作業で作られた陶磁器製。なめらかな使い心地には定評があります。誰でも簡単に本格的なマッサージが楽しめます。
問い合わせ/アユーラ フリーダイヤル 0120-090-030

〈アユーラ〉アユーラ ビカッサプレート プレミアム 3024円

唇に挟んで伸縮させるだけでスッキリフェイスに


「スリムマウスピース」は、口元や頰の筋肉を鍛えるトレーニング器具。唇に挟み、唇をゆっくりとすぼめたり伸ばしたりすると中のバネによる軽度の負荷がかかり、左右の筋肉をバランス良く鍛えられます。1日3分のエクササイズで、すっきりフェイスラインに。
問い合わせ/ノーブル TEL 03-6821-7970

〈ノーブル〉スリムマウスピース 918円

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. 特集
  3. 日々の心がけとエクササイズで変化を実感 たるみ対策で見た目の印象をUP!

リビング札幌最新号 電子ブック

最新号イメージ

リビング札幌Web by オントナ

2018年11月14日

電子ブックを読む



会員登録・変更