1. 札幌トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 催し・祭り, 旅行
  4. 夜空に輝く★新潟長岡まつり大花火大会
記事検索

夜空に輝く★新潟長岡まつり大花火大会

特派員No. 770
クレタさん

暑い暑い夏が来ましたね。
夏真っ盛り、皆様いかがお過ごしですか?

夏の風物詩といって真っ先に思い浮かぶのは、花火。
私、花火って好きなんですよね。
花火大会のざわざわした感じとか、ひゅ~っと鳴り響く打ち上げ音、輝きと共に一瞬で消えてしまう儚さ。

そんな私にとって、長岡の花火大会は、一生に一度生で見たい!と願い続けていた夢の一つでした。

それがこの夏、夫が新潟への転勤と相成りまして、こんな形で夢が叶うなんて、人生とは本当に不思議なものです。

前置きはこの辺に致しまして、このイベントに関して全然事情を知らない私が、試行錯誤しながら行きついた、長岡花火の楽しみ方をご紹介できればと思います。

長岡まつり大花火大会について

日本三大花火大会の一つとされている、長岡まつり大花火大会。
毎年8月2日、3日の二日間に渡り、信濃川の河川敷で行われます。
これは、1945年8月1日の長岡空襲と平成以降の中越地震・中越大震災など、戦争や自然災害といった慰霊・復興を祈念するためのものとして開催されており、花火を競う趣旨とは全く異なります。

観覧有料チケットについて

シート席の2,000円から、マス席18,000円まで数種類あります。
チケットの抽選販売は、5月から始まっていて、残りを6月にインターネットや窓口での直接販売をするのですが、何れも即完売。
オークションでは高値で取引され、転売目的の購入者について問題視する声もあちこちから聞こえて来ます。

他には、旅行代理店主催のバスやJRの交通機関とセットのツアーなども販売されています。
これが、右も左も分からない私には一番手っ取り早いかな?と思いましたが、こちらも既に完売でした。

さて残るは、無料席。
無料席についての記述が少なく、状況がよく分からないけど先ずは行ってみよう~という事になり出かけてみました。

交通機関について

バス、JR、車の何れかになります。
新潟発長岡行きのバスは、1時間に1本。予約はできません。
JRは、ローカル線又は新幹線となります。

行きは時間に余裕があるので、バスを選びました。
帰りの混雑が恐ろしいので、新幹線の指定を取ろうとしましたが、増便も含め全て満席。
奇跡的に空いていた、花火終了間際の時間帯をゲット!
結果的に、これはとてもラッキーでした。

写真 2019-08-02 13 52 30

花火は19:20からですが、14時台のバスですら既に並んでいて、ぎりぎり乗れました。
始発から満席で、途中の停留所の方は皆さん乗ることすらできず、気の毒でした。

無料席の場所取り

方々に、お祭りの係員や交通整理している方がおられ、丁寧に教えて下さいます。
頂いたパンフレットを手に、誘導に従って、いくつかある無料エリアの中から、帰りの電車に便利そうな場所を選びました。

写真 2019-08-02 16 18 37

時間がまだ早いせいか、思っていたよりも広々としたスペース。
しかも、誰もいない!
シートにガムテープを張り付けて飛ばないように固定し、そのままどこへ行っても良いルールらしい。なんだか、ほのぼのします。

私たちも、そのルールにのっとって、ふらふら町を散策してみました。
商店や飲食店が軒先で食べ物や飲み物の販売をしており、手作り感溢れる、素朴な雰囲気です。
暑さに耐えきれない私たちは、開いている居酒屋を探し求め、夕暮れ時までゆっくり飲んで涼みました。

写真 2019-08-02 18 42 02お祭りの雰囲気になってきた~

写真 2019-08-02 18 47 25

到着時の様子とは明らかに異なり、どんどん人が溢れて来ます。
果たして、私たちの席は、本当にあのままあるのだろうか??と、ちょっと心配。

写真 2019-08-02 18 55 06それにしても人人人!

無事、そのままちゃんと確保されてました。
ぎゅうぎゅう詰めという訳でもなく、皆さん広々と寝転がったり、足を延ばして寛いでます。

花火をご覧ください

どんどん暮れていく空を眺めながら、気分も上々。
そうこうしている間に、いよいよ始まりました!

写真 2019-08-02 19 25 03

写真 2019-08-02 19 30 34

写真 2019-08-02 20 16 41

写真 2019-08-02 20 17 03

写真 2019-08-02 20 17 13

写真 2019-08-02 20 17 22

写真 2019-08-02 20 18 38 (1)

写真 2019-08-02 20 30 35

写真 2019-08-02 20 31 25

写真 2019-08-02 20 31 34

写真 2019-08-02 20 31 51

写真 2019-08-02 20 32 08

きゃーすごーい!楽しい!
というのとは少し違っていて、もっとしんとした静けさや厳かな雰囲気。
そして地元の方々の自分の町を大切にする思い、大会に賛同する地元企業の心意気。
言葉に表せない何かを感じながらの花火は、ぐっと心に響くものがあり感動的でした。
周りにいる若い方々も、TVのコメンテーターも、どうしてだか分からないけど、長岡の花火を見ていると泣けてくると異口同音に話していました。

今年の開催は、たまたま週末の金土曜日だった事もあり、観覧者数は108万人を記録したそうです。

一生に一度、生で体感する価値のある、すばらしく美しい花火でした。

 

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 770 クレタ
夫の転勤で札幌より岩見沢へ転居して1年。あまり知られておりませんが、住んでみると魅力ある場所や楽しさが盛り沢山。 食や料理、温泉、スポーツを中心に岩見沢の魅力をお届けできればと思います。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 催し・祭り, 旅行
  4. 夜空に輝く★新潟長岡まつり大花火大会

特派員メンバー

  • さっちゃん
    特派員No.559さっちゃん
    旨いもの、旨い酒を飲むために仕事をしている女の子?です。
  • うにぽん
    特派員No.560うにぽん
    おいしいものと楽しいことが大好きです。
  • みちこ
    特派員No.565みちこ
    いつも笑顔で雨の日でも晴れ女になりたい
  • 福陽
    特派員No.566福陽
    野菜ソムリエ。札幌円山エリアの最新情報と手料理を福陽ブログで公開中。
  • ねおねお
    特派員No.567ねおねお
    さまざまな所で、さまざまな方から興味深いお話を伺えるのを楽しみにしています
  • 松原ひろみ
    特派員No.568松原ひろみ
    24時間わくわくのアンテナを張り巡らしてます!
  • あっちゃん
    特派員No.573あっちゃん
    札幌市民の独身アラフォー、楽しい事探しに貪欲です。
  • 潤
    特派員No.575
    散歩している間によく迷子になります
  • ラベコ
    特派員No.576ラベコ
    なにげない毎日の生活も、五感を活かして、豊かに楽しく過ごしたい主婦です。
  • comaki
    特派員No.766comaki
    おいしいものや楽しいことが大好きです。
  • よつば
    特派員No.767よつば
    小樽初心者の40代OL。ムーミンと花と旅が好き。
  • 熊谷 百合子
    特派員No.768熊谷 百合子
    朗読と旅と音楽と”新しもの好き”で~す!
  • moe
    特派員No.769moe
    特派員のmoeです。おいしい食べ物が大好き。
  • クレタ
    特派員No.770クレタ
    岩見沢在住。野菜直売所巡りと料理が趣味です。
  • なおなお
    特派員No.771なおなお
    カフェや甘いもの美味しいものが大好きです!
  • 大谷 修
    特派員No.772大谷 修
    北海道の素晴らしさに魅せられて京都から移住してきました。
  • ハセリコ
    特派員No.773ハセリコ
    ポーセラーツ・パン教室主催。江別〜札幌情報をお届けします
  • Natsuko
    特派員No.774Natsuko
    植物・山登り・美味しい物が好きな移住女子
  • かなや のぶこ
    特派員No.775かなや のぶこ
    仕事、家庭プラス日本酒!?で今を楽しんでいます