1. 札幌トップ
  2. Dr.コラム
  3. 舌側矯正へ踏み切れなかった人にお勧めの矯正装置「STb」

舌側矯正へ踏み切れなかった人にお勧めの矯正装置「STb」

  • 2018/11/07 UP!

「STb」の登場で舌側矯正の不快感が飛躍的に改善されました

舌側矯正へ踏み切れなかった人にお勧めの矯正装置「STb」

 30代の女性から、「長年、でこぼこの歯並びがコンプレックスです。矯正治療を考えていますが、『STbシステム』という矯正装置があると聞きました。どのような治療でしょうか」と相談を受けました。この女性に限らず、同様の相談を多くの人から受けます。
 「STb」は、「ST」が大文字、「b」が小文字で表記されるのが正しく、「ST」は考案者2人の頭文字。「b」はブラケットの略です。舌側矯正は装置が見えないという魅力がある一方で、表側(唇側矯正)と比較すると装着の違和感などで劣る部分もありました。しかし、「STb」は、従来の舌側(裏側)に用いていたブラケット(歯に付ける器具)と比較すると装置が非常に薄く、そして小さくなりました。それにより、「話しにくい」「食事がしづらい」「舌が痛い」「歯が磨きにくい」といった今までの舌側矯正の不快感が飛躍的に改善されました。また、「STb」は、歯の痛みがほとんどなく、歯が早く動くともいわれており、より進化した次世代ブラケットだと思います。
 自分の健康やQOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質の意味)の向上を考える上で、矯正治療を受けてきちんとしたみ合わせ(咬合)になりたいという前向きな姿勢は隠すことではないと思います。しかしながら、人知れず治療をしたいという気持ちもよく理解できます。「STb」はこのような悩みを持つ人にお勧めの治療法といえます。話すことが多い職業の人や舌の違和感に対する不安などの理由で、舌側矯正へ踏み切れなかった人も気軽に、そして快適に矯正治療が受けられるようになったと思います。
 子供や自分自身の歯で少しでも気になることがあれば、ぜひ一度、専門医に相談してみてください。

今回のドクター

先生

宇治矯正歯科クリニック 院長
宇治 正光 先生
1979年北海道札幌南高等学校卒業。1986年北海道大学歯学部卒業、東京医科歯科大学歯科矯正学第二講座入局。1996年宇治矯正歯科クリニック開院

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. Dr.コラム
  3. 舌側矯正へ踏み切れなかった人にお勧めの矯正装置「STb」

リビング札幌最新号 電子ブック

最新号イメージ

リビング札幌Web by オントナ

2018年11月14日

電子ブックを読む



会員登録・変更