1. 札幌トップ
  2. Dr.コラム
  3. つらい「生理ちゃん」と上手に付き合うための方法があります

つらい「生理ちゃん」と上手に付き合うための方法があります

  • 2019/09/05 UP!

「生理ちゃん」と低用量ピル

つらい「生理ちゃん」と上手に付き合うための方法があります

 今回は、流行中の漫画のタイトルを見出しに使用させていただきました。
 産婦人科には生理に伴うトラブルのために来院される人が多いので、親しみをこめて「生理ちゃん」というには抵抗がある人も多いと思います。ただ、うまく生理と付き合えばトラブルは減るはずです。今回は「生理ちゃん(月経)」とうまく付き合う手段の一つとして、低用量ピルのことをお話します。
 低用量ピルは元々避妊目的で開発された薬です。近年は避妊以外にも、子宮内膜症や月経困難症の治療にも使用されています。
 ピルの効果には次の内容があります。
①女性が安心できる避妊方法
②月経困難症の治療。月経痛を軽減、月経量を減らす。使用の仕方で回数を減らすことも可能
③子宮内膜症(子宮の内膜が他の臓器、例えば卵巣などに発生し、ひどい月経痛を起こす)の治療で使用
④月経前緊張症(月経1~2週間前から起こるイライラ、落ち込み、倦怠感などの体調不良)
の症状の緩和
⑤月経不順の治療。月経周期が正しくなる
⑥月経調節。自分の好きなときに月経を起こすことができる。旅行や受験などで月経を避けることができる
 現在、ピルの種類は増えています。内服前には問診があり、困っている症状を相談して症状にあったピルを決めることができます。ただ問診の内容により、場合によっては内服できないこともあります。また、副作用で、まれではありますが血栓症(血管の中に固まった血液が詰まる病気…下肢静脈血栓・脳梗塞・肺梗塞・心筋梗塞を起こす)が起こる可能性もあります。きちんと婦人科で説明を受けて、気になる症状があればすぐ相談できるようにしましょう。
 産婦人科は、以前は妊娠に関係することだけで来院するというイメージがあったかもしれません。現在はいろいろな不調や理由で来院する人が多くなりました。特に月経に関係する症状がつらくて来院される人は多くいます。
 あなたの「生理ちゃん(月経)」とうまく付き合うために、ピルも含めて治療方法はあります。一度相談してみてください。

今回のドクター

先生

エムズ レディースクリニック 院長
神藤 已佳 先生
1995年、旭川医科大学卒業。旭川医科大学付属病院、日鋼記念病院、国立循環器病研究センター周産期治療科等の勤務を経て、2007年5月にエムズ レディース クリニック開業

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. Dr.コラム
  3. つらい「生理ちゃん」と上手に付き合うための方法があります

リビング札幌最新号 電子ブック

最新号イメージ

リビング札幌Web by オントナ

2019年9月12日

電子ブックを読む



会員登録・変更