1. 札幌トップ
  2. タウンニュース
  3. 油絵やアクリル画、水彩、版画、日本画など、自由な発想で描いた作品が並ぶのは19日まで

油絵やアクリル画、水彩、版画、日本画など、自由な発想で描いた作品が並ぶのは19日まで

油絵やアクリル画、水彩、版画、日本画など、自由な発想で描いた作品が並ぶのは19日まで

  • 2019/05/16 UP!

ギャラリー

■油絵やアクリル画、水彩、版画、日本画など、自由な発想で描いた作品が並ぶのは19日まで

ギャラリー1 19日(日)まで、「2019年第29回北広島美術協会春季展」が北広島市芸術文化ホールギャラリー(北広島市中央6)で開かれています。油絵やアクリル画、水彩画、版画、日本画など、同協会の会員が自由な発想で描いた作品が展示されています。入場無料。10~18時(最終日~17時)。問い合わせは同ギャラリー℡011・372・7667へ。

■20日まで開催中。多彩な分野で活躍する作家たちの年に1度の展覧会

 10人の作家による「アトリエBeehive展2019」が、茶廊法邑(札幌市東区本町1-1)で20日(月)まで開催中です。作品の発表の場として年に1度行っており、今年で9回目を迎えました。今年は金属工芸や彫刻、陶芸、木工、油彩画な
ど、個性豊かな作家たちの作品が展示されます。器などの小作品は販売もあり。入場無料。10~18時(最終日~17時)。問い合わせは同店℡011・785・3607へ。

■「景色の断片」がコンセプト。平面絵画を中心に、オブジェ要素もある作品が展示されています

ギャラリー2 ギャラリーミヤシタ(札幌市中央区南5西20)で、「けしき 八子直子展」が6月2日(日)まで開催されています。札幌在住の作家・八子直子さんの平面絵画を中心に、オブジェ要素もある作品が並びます。コンセプトは「景色の断片」。日頃、何気なく眺めた風景が、八子さんのフィルターを通して表現されています。入場無料。12~19時(最終日~17時)。月曜定休。問い合わせは同ギャラリー℡011・562・6977へ。

■約40㎏の大判フィルムカメラの機材を持って撮影した大雪山の全25点の力作が並ぶ写真展

ギャラリー3 17日(金)~22日(水)、「小林利男写真展『神々のあそぶ庭-大判カメラで捉えた北海道の風景-』」が富士フイルムフォトサロン札幌(札幌市中央区大通西6 富士フイルム札幌ビル1階)で行われます。25年前から大雪山を中心に撮影している小林利男さん。約40㎏の大判フィルムカメラの機材を持って撮影しています。「北海道の、その空間にいるような感覚を持っていただけたら」と小林さん。全25点の力作が並びます。入場無料。10~18時。問い合わせは同サロン℡︎011・241・7366へ。

コンサート

■札幌大学の学生たちで構成された吹奏楽団のコンサート。参加者による指揮者体験も

 19日(日)14時~、札幌大学2号館3階プレアホール(札幌市豊平区西岡3-7)で「第20回たんぽぽコンサート」が開かれます。札幌大学の学生で構成され、コンクールで受賞歴もある札幌大学吹奏楽団による演奏会。クラシックやポップスの演奏を楽しめるほか、参加者が実際にステージに立って行う指揮者体験も。鑑賞無料。問い合わせは同楽団℡090・2055・1004へ。

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. タウンニュース
  3. 油絵やアクリル画、水彩、版画、日本画など、自由な発想で描いた作品が並ぶのは19日まで

リビング札幌最新号 電子ブック

最新号イメージ

リビング札幌Web by オントナ

2019年10月17日

電子ブックを読む



会員登録・変更