1. 札幌トップ
  2. Sapporo Editor’s Room
  3. ホテルエミシア札幌の30階で味わう 味もビジュアルも抜群の中国料理

ホテルエミシア札幌の30階で味わう 味もビジュアルも抜群の中国料理

2018/12/6

人気シェフ・緑川忍さんが腕を振るう 「中国料理 仙雲」

 

先日、ホテルエミシア札幌の30階にある中国料理「仙雲」のランチにご招待いただきました。

同店の料理長は政府専属の特級調理師の本場中国料理を学び、北海道フードマイスターや薬膳コーディネーターの資格も持つ緑川忍さん。

ホテルエミシア札幌以外の外資系ホテルや道内最大手宿泊施設でも料理長を経験し、料理の美しさにも定評のある人気シェフです。

IMG_9992  IMG_0013IMG_9997

IMG_0026

中華スタイルの手まり寿司や前菜など味だけでなく、ご覧の通り繊細な美しさを併せ持つ料理にうっとり。※写真のメニューはプレス用です

 

お得な人気のランチメニュー

 

同店では11月からメニューを一新。

月〜金曜限定のランチで、小籠包をはじめとする飲茶のほか、中華そばや中国粥を含む全11品が食べ放題の「90分飲茶食べ放題」(2200円)や土・日・祝日限定の「麺と中華粥の選べるセットランチ」(2500円)が大好評だそう。

IMG_0008

もちろんディナーもおすすめで、こだわりの料理とともにホテル高層階ならではの夜景を楽しめます。

 

名物は「黒酢の酢豚」。特製の麺を使った坦々麺も自慢

IMG_0014

同店の名物「黒酢の酢豚」はフレンチ料理のような盛り付け!

黒酢を使ったまろやかソースがやわらかな豚肉ととっても合います。

提供されているのは日本で2店舗だけという特注の麺を使ったクリーミーな坦々麺も絶品でした。

IMG_0020

中華はこってりしているイメージがありますが、緑川シェフの作る上質かつ独創的な料理は、どれも奥深く優しい味ばかり。

目でも香りでも楽しめるワクワクするような料理を提供してくれます。

 

JR「新札幌駅」、地下鉄「新さっぽろ駅」、バスターミナル「新さっぽろ駅」からいずれも徒歩2分。口にすれば、そのおいしさを誰かに教えたくなる新感覚の中国料理を堪能してみてください。

 

■中国料理「仙雲」

住所/札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5-25 ホテルエミシア札幌30階

℡011・893・6933

営業時間/ランチ11時〜14時30分、ディナー17時30分〜22時。L.O.各30分前

http://www.hotel-emisia.com/restaurant/senun/index.html

 

 



人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. Sapporo Editor’s Room
  3. ホテルエミシア札幌の30階で味わう 味もビジュアルも抜群の中国料理

リビング札幌最新号 電子ブック

最新号イメージ

リビング札幌Web by オントナ

2018年12月5日

電子ブックを読む



会員登録・変更