1. 札幌トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 本格フレンチをテイクアウトで「TAKEOUT HOKUTO」札幌

本格フレンチをテイクアウトで「TAKEOUT HOKUTO」札幌

特派員No. 562
CSUNさん
  • 2018/05/25 UP!

札幌はリラが咲き始め爽やかな季節になりました。今日は中央区は中島公園の向かいにある「TAKEOUT HOKUTO」さん(以下、「TAKEOUT HOKUTO」と明記)をご紹介したいと思います。「TAKEOUT HOKUTO」はお店の名前にあるように、テイクアウトランチ専門店です。室蘭に拠点を持つ北斗文化学園さんが運営しておられ、2017年4月から営業していらっしゃるそうです。

印象的でしたのが、店頭に「モナコ公国モナコ・ヨットクラブ指定料理人材養成機関 ラ・ベル・クラス・アカデミー」という文字が書かれていたことでしょうか。モナコといえば映画大好きな私としましては、グレース・ケリーと温暖な気候と港を思い浮かべます。

モナコ公国モナコ・ヨットクラブは1953年5月にレーニエ3世(現モナコ大公アルベール2世の父君、母はグレース・ケリー)が創設した会員制ヨットクラブです。入会には現クラブ会長アルベール2世の承認のほか、厳しい条件が必要なのだとか。モナコ公国モナコ・ヨットクラブの理事長ベルナール・ダレッサンドリー氏は「ほっかいどうスマイルアンバサダー」として海外における北海道関連の情報発信者として尽力なさっていらっしゃるそうです。

平成25年には和食がユネスコ無形文化遺産に登録されましたし、北海道の食材のクオリティの高さは世界が認めております。北海道の食材と欧州の食文化が融合した「フランコ=ジャポネーズ」の発信を北海道から行っていること、そして、「モナコ公国モナコ・ヨットスクール」から指定を受け、世界に通用する調理人育成を行っているのが「ラ・ベル・クラス・アカデミー」なのです。北海道という枠組みにとらわれることなく、世界の食文化の発展に取り組んでいらっしゃる姿に北海道に住む者として誇りに思いました。

左手に見えるエンブレムはモナコ公国モナコ・ヨットクラブのマークで、日本ではこちらのみ許可されていらっしゃるとのこと。

P1020001 (600x420)

店頭にはおすすめメニューの看板があります。こちらが目印です。

P1010990 (600x450)

アイスクリームの絵がピサの斜塔みたいでユニークですよね。モナコ公国モナコ・ヨットクラブと聞くと恐れ多いというイメージだったのですが、店内にはいたるところに手書きイラストが描かれアットホームな雰囲気でいっぱいです。

P1010992 (600x450)

テイクアウトメニューは下記のとおりです。

ローストビーフ丼
ハンバーグBENTO
シーフードハンバーグBENTO
グリンピースのSOUP
白身魚フライBENTO
豚バラピリ辛BENTO
野菜カレー
バターチキンカレー

どれも美味しそうでしたので迷いましたがシーフードハンバーグBENTOが美味しそうでしたので注文いたしました。ソースは、デミグラス、和風、トマトソースの3種類から選ぶことができます。店内にはシーフードハンバーグに使用したお魚が明記されていました。使用されているお魚は、マダラ、カレイ、スケソウダラだそうです。

P1010993 (600x450)

お魚は室蘭からの直送とのこと、かつて室蘭の友人のところへ遊びに行った時、極上なお寿司のネタにレベルの高さを見せられびっくりしたのを思い出しました。室蘭といえば、工場夜景や製鉄、室蘭焼き鳥のイメージが強いのですが、太平洋や噴火湾(内浦湾)に面した場所ですし、素晴らしい魚介があがる場所ですものね。ちなみにソースですが、トマトが好きなのでトマトソースを選びました。

こちらのBENTOは注文を受けてから本格的なキッチンで一つ一つ丁寧に作ってくださいます。

ここに書かれているお魚の他、海老も入っていて海老のプリプリ感がたまりません。トマトソースがお魚やグリンピース、玉ねぎの甘さを引き立て食べごたえがありボリューム満点でした。何よりもグリンピースの緑が北海道の初夏を感じさせてくれます。下にはご飯が入っているのですが、セパレートされているので食べやすかったです。なお、添えられたお野菜は季節によって変わるそうです。P1010994 (600x450)

こちらはシーフードハンバーグBENTO和風ソースバージョンになります。開店以来の人気商品だそうです。

IMG_5057 (600x450)

(北斗文化学園 提供)

今回はシーフードハンバーグBENTOを頂きましたが、おすすめは一日10食限定のローストビーフ丼です。和風ソースと温泉卵の組み合わせが抜群だそうですよ。ちなみに道産牛を使用しているとのこと。

IMG_3159

(北斗文化学園 提供)

店内には西胆振の地図と特産物のイラストが飾られていました。ドライブがてら室蘭がある西胆振に出かけてみてはいかがでしょうか。

P1020004 (600x476) (2)

そして、これからの時期にうれしいイチゴ味ソフトクリームを食べてみました。イチゴの甘酸っぱさが口の中に広がり大人の味に仕上がっていました。ソフトクリームというよりジェラートといったところでしょうか。

P1020003 (401x600)

北斗文化学園はリヨンにありますポール・ボキューズ学院と学務提供を結んでおり、外国人で唯一のポール・ボキューズ学院認定教授大江廣嗣氏が腕を振るったフランス地方の本格的なフルコースを楽しむこともできます(TAKEOUT HOKUTO隣にて)。開講日や時間、メニューはホームページに掲載されていますので、興味がある方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。お料理に合わせたワインも堪能することができますよ。

Bon appetite!

TAKEOUT HOKUTO
064-0809札幌市中央区南9条西4-2-11北斗文化アカデミー札幌研修センター1F
Tel 011-512-5500
営業時間11:00-14:00
定休日 土曜・日曜・祝日

この記事を書いた人特派員No. 562 CSUN
札幌生まれの札幌育ちです。面白いことがないかといつもアンテナを張っています。一期一会に感謝をしつつ。国内外一人で出かけるほどの旅行好き。

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 本格フレンチをテイクアウトで「TAKEOUT HOKUTO」札幌

特派員メンバー

  • さっちゃん
    特派員No.559さっちゃん
    旨いもの、旨い酒を飲むために仕事をしている女の子?です。
  • うにぽん
    特派員No.560うにぽん
    おいしいものと楽しいことが大好きです。
  • CSUN
    特派員No.562CSUN
    白ワインを愛する自由人
  • ひまわり
    特派員No.563ひまわり
    恵庭市を中心に、主にJR千歳線沿いに出没します♪
  • 豊年満作
    特派員No.564豊年満作
    鳥、スイーツ、ダンス大好き 人生楽しく!
  • みちこ
    特派員No.565みちこ
    いつも笑顔で雨の日でも晴れ女になりたい
  • 福陽
    特派員No.566福陽
    野菜ソムリエ。札幌円山エリアの最新情報と手料理を福陽ブログで公開中。
  • ねおねお
    特派員No.567ねおねお
    一年前から通学している学校の楽しさを実感する日々です。
  • 松原ひろみ
    特派員No.568松原ひろみ
    24時間わくわくのアンテナを張り巡らしてます!
  • 越野ちかこ
    特派員No.569越野ちかこ
    お部屋の片付けが楽しくなる編みカゴ教室主宰
  • ミンちゃん
    特派員No.570ミンちゃん
    日々”知りたい”アンテナ張りめぐらせてます。
  • ペルル
    特派員No.571ペルル
    『美味しいは楽しい♪』な毎日がモットー。
  • ユキサクラ
    特派員No.572ユキサクラ
    素敵な食と文化との出会いを求めてどこまでも
  • あっちゃん
    特派員No.573あっちゃん
    札幌市民の独身アラフォー、楽しい事探しに貪欲です。
  • 花音ちゃん
    特派員No.574花音ちゃん
    行動が早いと評判!頭の中は楽しい計画でいっぱい
  • 潤
    特派員No.575
    散歩している間によく迷子になります
  • ラベコ
    特派員No.576ラベコ
    なにげない毎日の生活も、五感を活かして、豊かに楽しく過ごしたい主婦です。
  • ゆりんご
    特派員No.577ゆりんご
    “にこにこで暮らしをハッピーに”がモットーです。