1. 札幌トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 札幌「サムライ煎兵衛」物語、そしてひと足お先に「カカ男とモナ子」
記事検索

札幌「サムライ煎兵衛」物語、そしてひと足お先に「カカ男とモナ子」

特派員No. 567
ねおねおさん
  • 2018/07/05 UP!

「カカ男とモナ子」丸井デパートに

2016年、札幌丸井デパート地下に、丸井限定ブランドとして「カカ男とモナ子」というちょっと風変わりな名前の、チョコでコーティングされた道産米が原材料のお菓子が登場しました。

DSC_0004

そのおいしさとかわいいパッケージ、お手頃な値段で、たちまちヒット商品になりましたが、
7月半ば前までにはこれらの商品は全て廃盤になり、それに替わって新しい商品が店頭に並びます。

 

次の商品はこれ!

今まではチョコをコーティングした商品だったため、暑い季節は温度管理が難しかったのですが、新商品はチョコを「コーティング」ではなく「浸透」させて問題をクリアしました。

DSC_0014

そして誕生した「NEW米チョコ」が上の写真。

取材時は製品ではなく、サンプル品だったのでこんな感じですが、7月10日前後に店頭に並ぶときには前作に負けないくらい、思わず手が出るような商品になるはずです。

実際にお店に足を運んでお確かめください。

商品の種類は上の写真の他、赤肉メロン味も視野に入れています。
今度は丸井デパート限定ではないので、空港のおみやげ店などにも並ぶ予定だそう。

DSC_0015

もち米にカカオを練り込み、焼き上げた最中に白あんと黒あんをはさんで食べる「カカオドーナツ最中」。
最中もあんも原材料は北海道産にこだわりました。

これもやっぱりサンプル品です、ごめんなさい。

 

これだけ思い切ったのはこの社長です!

にしても、これ程評判もニーズも高くなったお菓子なのに、随分思い切ったことをすること!
と驚きつつ、母体となる「株式会社 空と大地」社長の三瓶匡祥(さんぺいまさひろ)さんにお話を伺いました。

DSC_0018

三瓶さんはまだ42才の若い社長です。
20才の時から飲食を起業したいと思っていたというからスゴい!
「まだ1才にならないうちから、実家がせんべい屋の母親の背中におぶられて、せんべいを焼くのを見ていました。そこがきっと自分が飲食に興味を持った始めなのかも(笑)」
そのせんべいで事業を起こせないかと、さまざまな試行錯誤を繰り返しました。

 

あれこれ迷いましたが…お酒も飲める和食店「おばんざい・おせんべい・かまだ」を円山にオープン

そこで思いついたのが、7年前に円山にオープンしたお酒も飲める和食店「おばんざい・おせんべい・かまだ」(現「かまだ茶寮」)。

20180627002301

店内で焼き上げるせんべいは和洋どんなお酒にも合うよう、トリュフやバジルなど20種類のフレーバーを用意し、焼きたてを無料で提供しました。

20180627002323

100%道産米にこだわってコメどころの新潟、山形などを周り、せんべいの生地を作ってくれる工場を探しましたが、当時は北海道米の認知度がまだまだ低く、門前払いされ続けました。
しかし、東日本大震災以降、道産米の重要が高まったのが追い風になり、加工米の需要が増えることになります。

 

「サムライ煎兵衛」見参!

その後、エビの殻や頭をフリーズドライしたものをパウダーにして生地に練り込んだだけでなく、さらにエビパウダーをからませた超濃厚なえびせんを「さっぽろオータムフェスト」に出品して大ヒット。放送局のオファーを受けての挑戦でした。
これは東積丹漁協とタイアップしたもので、物販第一号商品の誕生でした。

そして、それこそが今の「サムライ煎兵衛」の原点だったのです。

 

サムライ煎兵衛のお店はこじんまりと可愛い

DSC_0181

道産米の代表格ともいえる「ゆめぴりか」「おぼろづき」「ふっくりんこ」を使って、それぞれ製粉方法や焼き方を変えることで、厚焼き、薄焼き、クリスピーと、全く違う食感や味わいを出したとのこと。

DSC_0178

同じ味でも、コメの種類で食感が大違い!

 

DSC_0177

DSC_0175

せんべいだけでなく、あられの種類もいっぱいです!

 

パルコ地下でも色々なおいしさが待っています

DSC_0156

ソフトクリームとフライドポテトを販売しているのはパルコ地下2階「大地のフリット」と「天狗堂」。
ナチュラルな店構えです。

DSC_0161

店の奥はイートインスペース。

DSC_0167

DSC_0164

同じフロアにはおむすび屋「モンテ」があり、ランチタイムには若い女性が買い求める姿が目立ちました。
お米はもちろん、道産米!

 

大きな夢はまだまだこれから

「ゆくゆくはニューヨーカー達に日本のせんべいのおいしさを分かってもらいたい。おいしさは世界共通のはず、きっと受け入れられる」

北海道をこよなく愛し、大きな夢を持ちつつせんべいにこだわる三瓶さんは、グルテンフリーでオーガニックな商品を世界へアピールしていくとか。

日本の「サムライ」が「自由の女神」のおひざ元を闊歩する日も遠くないのかもしれません。

 

◎株式会社 空と大地

住所:札幌市清田区平岡2条6丁目3-12
電話番号:011-888-0440
HP:http://soratodaichi.com/

 

 

この記事を書いた人特派員No. 567 ねおねお
しばらく文章を書くことから遠去かっていましたが、今回のチャンスを機に又書き始めようと楽しみにしています。 住んでいるエリアは「北海道開拓の礎」とも言うべき所なので、お伝えできる歴史的なトピックスもたくさんありそうです。

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 札幌「サムライ煎兵衛」物語、そしてひと足お先に「カカ男とモナ子」

特派員メンバー

  • さっちゃん
    特派員No.559さっちゃん
    旨いもの、旨い酒を飲むために仕事をしている女の子?です。
  • うにぽん
    特派員No.560うにぽん
    おいしいものと楽しいことが大好きです。
  • CSUN
    特派員No.562CSUN
    白ワインを愛する自由人
  • ひまわり
    特派員No.563ひまわり
    恵庭市を中心に、主にJR千歳線沿いに出没します♪
  • 豊年満作
    特派員No.564豊年満作
    鳥、スイーツ、ダンス大好き 人生楽しく!
  • みちこ
    特派員No.565みちこ
    いつも笑顔で雨の日でも晴れ女になりたい
  • 福陽
    特派員No.566福陽
    野菜ソムリエ。札幌円山エリアの最新情報と手料理を福陽ブログで公開中。
  • ねおねお
    特派員No.567ねおねお
    一年前から通学している学校の楽しさを実感する日々です。
  • 松原ひろみ
    特派員No.568松原ひろみ
    24時間わくわくのアンテナを張り巡らしてます!
  • ouchikago
    特派員No.569ouchikago
    お部屋の片付けが楽しくなる編みカゴ教室主宰
  • ミンちゃん
    特派員No.570ミンちゃん
    日々”知りたい”アンテナ張りめぐらせてます。
  • ペルル
    特派員No.571ペルル
    『美味しいは楽しい♪』な毎日がモットー。
  • ユキサクラ
    特派員No.572ユキサクラ
    素敵な食と文化との出会いを求めてどこまでも
  • あっちゃん
    特派員No.573あっちゃん
    札幌市民の独身アラフォー、楽しい事探しに貪欲です。
  • 花音ちゃん
    特派員No.574花音ちゃん
    行動が早いと評判!頭の中は楽しい計画でいっぱい
  • 潤
    特派員No.575
    散歩している間によく迷子になります
  • ラベコ
    特派員No.576ラベコ
    なにげない毎日の生活も、五感を活かして、豊かに楽しく過ごしたい主婦です。
  • ゆりんご
    特派員No.577ゆりんご
    “にこにこで暮らしをハッピーに”がモットーです。