1. 札幌トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 新たな伝説の始まり☆竹内シェフのア・トン・コテ[創成川イースト]
記事検索

新たな伝説の始まり☆竹内シェフのア・トン・コテ[創成川イースト]

特派員No. 571
ペルルさん
  • 2018/09/19 UP!

こんにちは、ペルルです。つい先日、北海道胆振東部地震があり、私が住む東区も札幌市の観測史上最大の震度6弱となりました。大きな地震でありながら、住まいに主だった被害もなく家族全員無事であったことを何より有難く思います。被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

伝説のパン職人 竹内哲也さん

今日ご紹介するお店は、地震の2日前に取材させていただきました。「伝説のパン職人」と言われている竹内哲也シェフが2017年4月にオープンさせた「ブーランジュリ カフェ&ブラッスリー ア・トン・コテ」です。
P1070035

こちらが竹内哲也シェフ。東京のタイユヴァン・ロブションでシェフを務められた後、札幌市内でご自身のお店、アンシャンテをオープン。パン好きの方は知らない方がいないというほど有名店です。惜しまれつつもその後更なる研鑽を求めて東京へ。そして強いラブコールを受けて札幌に戻り、JRタワーホテルのブーランジェリシェフに就任されましたが、昨年、満を持してア・トン・コテで開業です。

P1070008

私の知り合いの超有名フレンチレストランの料理長は、竹内シェフのパンの技術を「北海道の宝」と称しました。竹内シェフは北海道出身ではないのですが、北海道が気に入ってこの地に店を構えたとのこと。道民としてはこの「宝」を離すわけにはいきませんね(笑)

珠玉のパンの数々

店内には焼きたての美味しそうなパンがいっぱい。

P1070018

ロブションでもこんなパンを焼かれていたのでしょうか。ハード系のあれこれです。

P1070011

こっちはソフト系。メロンパンとかあんパンとか親しみやすいパンもたくさんあります。

P1070013

食パンも色々あります。

P1070014

こちらは、絶品クロワッサンと、デニッシュ系。竹内シェフはハード系のパンで有名ですが、実はこのデニッシュもめちゃくちゃ美味しくて人気を博しています。ご本人が甘いものがお好きだそうで、かなりのこだわりで取り組んでいるのがうかがえます。

P1070015

デニッシュの横にはハード系代表格のバゲットも!

P1070017

 

赤が基調のパリテイストな店内

こちらのお店はカフェも併設。実はこの横に、フランス料理のレストランにもつながっているのですが、そのレストランは東区にあった名店、プルコア・パが移転してア・トン・コテと一緒に店舗営業しています。

P1070021

カフェスペースで、購入したパンも食べることができますが(要ドリンクのオーダー)、
私はこの日、このお店でかねてからやってみたかったこと「まだ日が明るいうちに、クロックムッシュを食べながら白ワインを飲む」を実現させました!
(注釈:クロックムッシュは1910年にパリのオペラ座近くのカフェで出されたハムやチーズを挟んだトースト料理)
パリのマダムになった気分で、素敵なカフェで優雅に一人で!!!
ふふふ、最高に幸せな気分でしたよ。

P1070031

パンのイートインは営業時間中、ランチタイムを外して18:00までOKとなります。ランチタイムは、黒板メニューにある美味しそうなお料理からセレクトしてどうぞ。隣のフランス料理店プルコア・パのキッチンから運ばれてきます。前述の私がオーダーしたクロックムッシュやクロックマダム(クロックムッシュに目玉焼きがのっているものが一般的)も食べられます。

 

P1070033

 

ディナータイムも美味しいパンを!

夜のメニューはこんな感じだそうです。ちょい飲みにもいい感じですね。パン盛り合わせ600円だなんて幸せ過ぎませんか。

P1070022

 

ぜひお試しを

忘れてはならないのが、竹内シェフが作るスイーツ系パン。
特筆すべきがこの「パンシュークリーム」ですね。私はこの通称パンシューに出会ってから、ケーキ店でシュークリームは買っていません。自宅用はもちろんお友達への手土産にも大活躍です。

P1070016

この日もおやつ用に購入し、家で一人でまったりティータイム。どうです、このクリームの詰まり具合!!!美味しすぎて、しびれます、涙目になります、そして太ります(笑)

P1070046

 

店主の想い

「ア・トン・コテ」とはフランス語で「あなたのそばに」という意味。「お客様に近く、いつもそばにある場所でありたい」という思いで名付けられたそう。色々なお店を取材して毎度感じるのは、店名には店主の深い想いが込められていること。いつも感動します。

P1070038

誰もがお気に入りのパン屋さんの一軒や二軒ありますが、たまに浮気をして北海道の宝・竹内シェフの職人技を食してみませんか。

BOULANGERIE Cafe & Brasserie  a ton cote
ブーランジュリー カフェ アンド ブラッスリー ア・トン・コテ
場 所  札幌市中央区大通東3丁目1-1トルチュビル1F
電 話  011-215-1191
営業時間 ブーランジュリ 8:00-19:00(パンが無くなり次第終了)
カフェ&ブラッスリー 8:00-21:00(カフェのランチは平日のみ11:30-13:00)
定休日  月曜(祝日の場合は火曜休み、その他不定休あり)
最寄駅  地下鉄東西線 バスセンター前駅 5番出口、8番出口 徒歩2~3分
駐車場  なし(周辺にコインパーキングあり)

お店のHP www.a-ton-cote.com/

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 571 ペルル
「美味しいものを食べないと良い考えが浮かばない」と親に呪文をかけられて育ったせいで、頭の中は美味しいものを食べることでほぼ埋め尽くされている。趣味は料理の他にビーズアクセサリー製作、リボン刺繍。

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. 新たな伝説の始まり☆竹内シェフのア・トン・コテ[創成川イースト]

特派員メンバー

  • さっちゃん
    特派員No.559さっちゃん
    旨いもの、旨い酒を飲むために仕事をしている女の子?です。
  • うにぽん
    特派員No.560うにぽん
    おいしいものと楽しいことが大好きです。
  • みちこ
    特派員No.565みちこ
    いつも笑顔で雨の日でも晴れ女になりたい
  • 福陽
    特派員No.566福陽
    野菜ソムリエ。札幌円山エリアの最新情報と手料理を福陽ブログで公開中。
  • ねおねお
    特派員No.567ねおねお
    さまざまな所で、さまざまな方から興味深いお話を伺えるのを楽しみにしています
  • 松原ひろみ
    特派員No.568松原ひろみ
    24時間わくわくのアンテナを張り巡らしてます!
  • あっちゃん
    特派員No.573あっちゃん
    札幌市民の独身アラフォー、楽しい事探しに貪欲です。
  • 潤
    特派員No.575
    散歩している間によく迷子になります
  • ラベコ
    特派員No.576ラベコ
    なにげない毎日の生活も、五感を活かして、豊かに楽しく過ごしたい主婦です。
  • comaki
    特派員No.766comaki
    おいしいものや楽しいことが大好きです。
  • よつば
    特派員No.767よつば
    小樽初心者の40代OL。ムーミンと花と旅が好き。
  • 熊谷 百合子
    特派員No.768熊谷 百合子
    朗読と旅と音楽と”新しもの好き”で~す!
  • moe
    特派員No.769moe
    特派員のmoeです。おいしい食べ物が大好き。
  • クレタ
    特派員No.770クレタ
    岩見沢在住。野菜直売所巡りと料理が趣味です。
  • なおなお
    特派員No.771なおなお
    カフェや甘いもの美味しいものが大好きです!
  • 大谷 修
    特派員No.772大谷 修
    北海道の素晴らしさに魅せられて京都から移住してきました。
  • ハセリコ
    特派員No.773ハセリコ
    ポーセラーツ・パン教室主催。江別〜札幌情報をお届けします
  • Natsuko
    特派員No.774Natsuko
    植物・山登り・美味しい物が好きな移住女子
  • かなや のぶこ
    特派員No.775かなや のぶこ
    仕事、家庭プラス日本酒!?で今を楽しんでいます