1. 札幌トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. カフェ, スイーツ, ランチ, 洋食
  4. オムライスとマフィンが絶品 小樽駅近ほっこりカフェ「アリンコ モウダッシュ」
記事検索

オムライスとマフィンが絶品 小樽駅近ほっこりカフェ「アリンコ モウダッシュ」

特派員No. 767
よつばさん

アリンコ モウダッシュ? 店名だけでは何のことかさっぱり想像がつかないお店を、小樽駅近くで発見しました。

arinco

小樽駅から徒歩3分。観光エリアとは逆の方面に「ARINCO MOU DASH(アリンコ モウダッシュ)」はあります。不思議な名前の正体は、オムライスとマフィンが美味しい可愛いカフェ。いつも地元の人で賑わうおしゃれなお店です。
arinco

 

ふんわり卵オムライスが美味しい。シェフの奥様の作るマフィンも大人気!

仙台のオムライス専門店で腕を磨いたシェフが作るオムライスは、お店の看板メニュー。シンプルなケチャップオムライスをいただきました。

arinco
ケチャップオムライスはスープ付きで680円。

私が良いなと思ったのは卵の固さ加減。”ナイフを入れるとトロトロ卵がこぼれ落ちる”ようなタイプではなく表面は火が通り滑らか。それでいて中身は半熟過ぎない半熟で、ふんわり卵がケチャップライスを包んでいるタイプです。誰もが大好きになる味と食感。とても美味しいです。

女性にとても人気という”チーズ焼きオムライス”もいただきました。ツナとほうれん草のクリームソースオムライス。830円。

arinco
スープと小さなラタトゥイユの付いたチーズ焼きオムライス。熱々なので気をつけて!

前述のオムライスの上に、たっぷりのクリームソースとチーズを乗せてオーブンで焼き上げた熱々オムライス。こちらも美味しい。ちょっとくどいかな?と思いましたが全然そんなことはありません。美味しくていくらでも食べられそう。

お店の雰囲気からすると若いお客様が多そうなイメージですが、ご年配の方から子連れママ、ファミリーまで年齢層は幅広い様子。カフェといってもご飯を食べに来る方も多いので、多彩なメニューを楽しんでもらうために、生姜焼きやネギトロ丼などの定食や焼きカレーも揃えたそうです。

arnica
お客様がプレゼントしてくださったという、ありんこのオブジェ

私はしっかりご飯を食べましたが、お茶だけの利用もくつろいで楽しめます。人気のマフィンはいかがでしょう? 私はオムライスでお腹いっぱいになってしまったので、テイクアウトにしました。ティラミスマフィン、バナナマフィンなど常時5〜6種類が店頭に並びます。どれも美味しそうで悩ましいですが、ショコラオランジェマフィンをチョイス。

arinco

フォトジェニックなマフィンは可愛いだけじゃなく、しっとり・さっくり・ふんわりのバランズが絶妙で美味しかったです。大きめで食べ応えもあり。「カフェを利用せず、マフィンだけを買いに来るお客様もいらっしゃるんですよ」とのこと。納得です。

さて、「アリンコ モウダッシュ」店名の由来は?

気になりすぎるこの店名。まずはその由来を、シェフの奥様に聞いてみました。

「よく聞かれるんですけど…実は意味はないんです。お店の名前を考えている時、主人がぽろっとつぶやいたのがこの店名でした。親しみのある名前にしたくて。」とのこと。結果として、「ここは何のお店だろうね?」とご近所の方が気にしてくださったり、お客様が可愛いありグッズをプレゼントしてくださったりと、ご主人のネーミングセンスは正しかった様子!!

仙台のオムライス店で働いてきたシェフが、地元の北海道で独立しようとお店をオープンさせたのは2015年7月のこと。小樽の人は食事をしたりお茶するのに札幌まで出かけることを知り、「わざわざ札幌に行かなくても、『ここに来たい」と思えるお洒落で美味しい、地元の人に愛されるお店を作りたい」と思ったそうです。

arincoマフィン担当の奥様 対馬真奈さんと、シェフの対馬佳紀さん

私が気に入った「トロトロじゃないタイプの卵」にはこだわりがあるそうです。たくさん卵を使った半熟オムレツを作りライスに乗せるタイプのオムライスも良いけれど、しょっちゅう食べると飽きがくる…。飽きずに最後まであっさり食べられる美味しいふわふわオムライスを提供したくて…とのこと。

arinco
絵本『おおきな木』の”旧訳”と”村上春樹の新訳”が!大人も読み比べて楽しめます。

店内は絵本がたくさんあり、お子様ランチもあります。お子様連れでも安心して楽しめそう。(村上春樹ファンの私としては絵本『おおきな木』の旧訳版と、村上春樹による新訳版が両方置いてあったのがツボ。)何度でも行きたくなるカフェです。小樽にお立ち寄りの際はぜひ足を運んでみてください。

 

ARINCO MOU DASH(アリンコ モウダッシュ)
小樽市稲穂3丁目10−13
(店の上にある市営P利用すると1,000円以上の飲食で1時間無料特典あり)
TEL 01340-55-0214
水曜定休
11:00〜20:00
アリンコモウダッシュFacebook

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 767 よつば
最近小樽に越して来た札幌出身の40代OL。時々は生け花の先生も。ムーミンと旅が好き。麺にはうるさく、うどん県訪問も20回以上。地元目線ならではの美味しいもの、楽しいことの情報をお伝えします!

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. カフェ, スイーツ, ランチ, 洋食
  4. オムライスとマフィンが絶品 小樽駅近ほっこりカフェ「アリンコ モウダッシュ」

特派員メンバー

  • 福陽
    特派員No.566福陽
    野菜ソムリエ。札幌円山エリアの最新情報と手料理を福陽ブログで公開中。
  • ねおねお
    特派員No.567ねおねお
    さまざまな所で、さまざまな方から興味深いお話を伺えるのを楽しみにしています
  • マツバラヒロミ
    特派員No.568マツバラヒロミ
    24時間わくわくのアンテナを張り巡らしてます!
  • あっちゃん
    特派員No.573あっちゃん
    札幌市民の独身アラフォー、楽しい事探しに貪欲です。
  • よつば
    特派員No.767よつば
    小樽初心者の40代OL。ムーミンと花と旅が好き。
  • なおなお
    特派員No.771なおなお
    カフェや甘いもの美味しいものが大好きです!
  • ハセリコ
    特派員No.773ハセリコ
    ポーセラーツ・パン教室主催。江別〜札幌情報をお届けします
  • Natsuko
    特派員No.774Natsuko
    植物・山登り・美味しい物が好きな移住女子
  • むらい かずのり
    特派員No.884むらい かずのり
    西茨戸(札幌市北端)でのんびり暮らすWEBライターです
  • Lily
    特派員No.885Lily
    美味しい、楽しい、綺麗が大好きな札幌人です。
  • ゆきんこ
    特派員No.886ゆきんこ
    生まれも育ちも札幌。食べ飲み、新規開拓が大好き!
  • haru
    特派員No.887haru
    茨城県(出身)→東京(約11年ちょこっと 米国1年)→札幌(約4年)
  • フクちゃん
    特派員No.888フクちゃん
    趣味は数学・音楽鑑賞・燻製作り・散歩・珈琲豆自家焙煎
  • woods_m
    特派員No.889woods_m
    毎日お弁当を作りながら、美味しいもの探し中。
  • tsumugi
    特派員No.890tsumugi
    かわいいモノと、ちょっとヘンテコなモノが好きです。
  • Naomi
    特派員No.892Naomi
    好きなものに囲まれてゆったりと暮らしたい、現実は?
  • Katy
    特派員No.893Katy
    いろいろなお気に入り情報をシェアできたら、最高!!
  • チワコ
    特派員No.895チワコ
    スープカレーとコーヒーと楽しいお酒が私の元気の源!
  • とーちゃん
    特派員No.896とーちゃん
    清田区在住、1歳と3歳の2児の父。日々子育てに奮闘中。
  • あゆたそ
    特派員No.897あゆたそ
    少しでもお役に立てる情報を発信できたらうれしいです。
  • イモちゃん
    特派員No.898イモちゃん
    楽しい事や美味しいものを探すのが大好きなBBAです(^^)/
  • Miakey(みゃあきぃ)
    特派員No.899Miakey(みゃあきぃ)
    珈琲とパンとクラフトビールを愛するアラフォー女子。
  • Aki
    特派員No.900Aki
    愛猫との時間が最大級の幸せ。映画、本、音楽はマメにチェック。
  • ta-nu
    特派員No.901ta-nu
    札幌在住、散歩や読書が好きな節約志向な主婦です。