1. 札幌トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. イタリアン, カフェ, スイーツ, フレンチ, ランチ
  4. 運河沿いのカフェでスイーツを★小樽駅徒歩10分「ル・キャトリエム」
記事検索

運河沿いのカフェでスイーツを★小樽駅徒歩10分「ル・キャトリエム」

特派員No. 767
よつばさん

本格的な夏に入る前の良い季節になりました。ノスタルジックな建物にガラス製品、美術館…小樽の街をぶらぶら歩いて楽しむにはぴったりです。今回は、小樽運河散策のティータイムにオススメのケーキ屋さんをご紹介します。

kyatoriem

小樽駅から徒歩10分の運河沿いに「ル・キャトリエム」はあります。1階はテイクアウトのケーキ売り場。2階はカフェスペースです。

kyatoriem2階のカフェスペース

窓から見える運河の景色に癒されます。時折通りかかる運河クルーズ船を見ながらゆっくりカフェタイム。

kyatoriemu窓からの景色。左手に運河クルーズ船が見えます

一息ついて店内を見渡しますが…お化粧室が見当たりません。おやおや? キョロキョロと探すと書棚があり、よく見ると…

kyatoriemu

書棚だと思っていたのは扉でした!

kyatoriem

この奥におしゃれなお化粧室があります。ちょっとワクワクする演出ですね。

甘さ控えめのケーキが美味しい!

こちらのお店で私が一番好きなのはこのケーキ。その名も「キャトリエム」。濃厚だけれどくどくない、4層のチョコレートケーキです。チョコレートの風味・ホワイトチョコの味わい・ナッツの食感が絶妙なバランス。店内ではドリンクのお値段+350円でお好きなケーキを選べます。

kyatoriemu

「イチゴタルト」も頼んでみました。ふわふわのムースクリームが乗った、いちごのフレッシュさを感じるタルトです。美味しさと可愛いビジュアルに思わずニッコリ。ハーブティーが合います。

kyatoriemu

ケーキだけでなく、お食事も楽しめます。「エグヴィヴのオープンサンド」をオーダー。
エグヴィヴといえば、北海道で1〜2位を争う超人気パン屋さん。そこから買い付けたバゲットの上に、ベビーリーフ・パプリカ・ロマネスク・焼いた皮つき長芋など、野菜がたくさん乗っています。季節や入荷状況により野菜の種類は異なりますが、葉物の他に、旨味を出すためにグリルした野菜が乗っているのが特徴です。
オープンサンドは一見食べにくそうですが、バゲットに切り込みが入っているのでフォークでパクパク食べられましたよ。

kyatoriemエグヴィヴのオープンサンド 1,200円(コーヒー又は紅茶付)

コース仕立てのランチは14時までですが、ケーキやオープンサンド、ガレットは閉店の17時まで楽しめます。小樽は中休みがあるお店が多いので、通し営業というのも嬉しいポイント。

kyatoriem

 

ケーキも料理も”素材を生かす”がキーワード

シェフ兼パティシエの漆谷寿昭(うるしや としあき)さんにお話をうかがいました。

小樽出身で、フランスや札幌のレストランで修行を積まれた漆谷シェフ。若い頃は「小樽なんてダサい。早くここを出て行きたい」と思っていたそうです。けれどフランスの豊かな食文化を支える、地方の海や山の食材・料理などを見て、「今まで気付けなかった魅力が地元小樽にあるのかも」と考えるようになりました。

kyatoriem
1階のテイクアウトフロア

ケーキに関して「甘いものが得意なわけではないんです」と笑う漆谷シェフ。「だから、甘さ控えめで軽さのある味わいに仕上げています。こってりしたものではなく、ラズベリーやイチゴのケーキならベリーをそのまま頰張るようなフレッシュさを出したいし、チョコレートケーキならチョコレートそのものの美味しさを生かすように作っています」とのこと。

kyatoriem

お話の中で繰り返されたのは、ケーキも料理も”素材の魅力を生かす”ことの大切さ。

「例えばこの”新玉ねぎのポタージュ”は、濃厚な味わいなので生クリームを使っていると思われますが、実は使っていません。新玉ねぎでバターを炒め、牛乳と乳化させる…それだけなんです。もちろん塩は使いますが、それだけです。サラダ一つにしても、美味しいドレッシングで野菜を楽しむのも良いですが、どうやったら素材を生かせるかを大事にしています」

kyatoriemコース仕立てのランチでいただいたポタージュ

なお、「ル・キャトリエム」というのは”4代目”という意味。実は漆谷シェフは、北海道で初めてアイスクリームを作った小樽の老舗アイスクリーム店「美園」の4代目なのです。「この店名に、そんなに気負いとか意気込みなんてないですよ…」とおっしゃいますが、100年続く老舗店の名を守りつつ、新しい流れを作ることにご苦労もあったと思われます。

今年、10周年を迎えたル・キャトリエム。小樽のお客様が9割という地元に愛されているお店ですが、小樽観光の途中にもぴったりです。是非お立ち寄りください。

ル・キャトリエム(Le quatrieme)
住所:小樽市色内2−3−1
小樽駅徒歩10分、近隣にコインパーキングあり
11:30〜19:00(1Fテイクアウト)
11:30〜18:00(2Fカフェ)※どちらも無くなり次第終了
TEL:0134−27−7124
定休日:火曜・水曜
https://www.facebook.com/lq4magnifique/

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 767 よつば
最近小樽に越して来た札幌出身の40代OL。時々は生け花の先生も。ムーミンと旅が好き。麺にはうるさく、うどん県訪問も20回以上。地元目線ならではの美味しいもの、楽しいことの情報をお伝えします!

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 札幌トップ
  2. ランチ・スイーツ・街グルメ
  3. イタリアン, カフェ, スイーツ, フレンチ, ランチ
  4. 運河沿いのカフェでスイーツを★小樽駅徒歩10分「ル・キャトリエム」

特派員メンバー

  • さっちゃん
    特派員No.559さっちゃん
    旨いもの、旨い酒を飲むために仕事をしている女の子?です。
  • うにぽん
    特派員No.560うにぽん
    おいしいものと楽しいことが大好きです。
  • みちこ
    特派員No.565みちこ
    いつも笑顔で雨の日でも晴れ女になりたい
  • 福陽
    特派員No.566福陽
    野菜ソムリエ。札幌円山エリアの最新情報と手料理を福陽ブログで公開中。
  • ねおねお
    特派員No.567ねおねお
    さまざまな所で、さまざまな方から興味深いお話を伺えるのを楽しみにしています
  • 松原ひろみ
    特派員No.568松原ひろみ
    24時間わくわくのアンテナを張り巡らしてます!
  • あっちゃん
    特派員No.573あっちゃん
    札幌市民の独身アラフォー、楽しい事探しに貪欲です。
  • 潤
    特派員No.575
    散歩している間によく迷子になります
  • ラベコ
    特派員No.576ラベコ
    なにげない毎日の生活も、五感を活かして、豊かに楽しく過ごしたい主婦です。
  • comaki
    特派員No.766comaki
    おいしいものや楽しいことが大好きです。
  • よつば
    特派員No.767よつば
    小樽初心者の40代OL。ムーミンと花と旅が好き。
  • 熊谷 百合子
    特派員No.768熊谷 百合子
    朗読と旅と音楽と”新しもの好き”で~す!
  • moe
    特派員No.769moe
    特派員のmoeです。おいしい食べ物が大好き。
  • クレタ
    特派員No.770クレタ
    岩見沢在住。野菜直売所巡りと料理が趣味です。
  • なおなお
    特派員No.771なおなお
    カフェや甘いもの美味しいものが大好きです!
  • 大谷 修
    特派員No.772大谷 修
    北海道の素晴らしさに魅せられて京都から移住してきました。
  • ハセリコ
    特派員No.773ハセリコ
    ポーセラーツ・パン教室主催。江別〜札幌情報をお届けします
  • Natsuko
    特派員No.774Natsuko
    植物・山登り・美味しい物が好きな移住女子
  • かなや のぶこ
    特派員No.775かなや のぶこ
    仕事、家庭プラス日本酒!?で今を楽しんでいます