1. 仙台トップ
  2. くらしの情報
  3. こんな時どうする!? おとなのマナー vol.24 ~ママ友のお見舞い

こんな時どうする!? おとなのマナー vol.24 ~ママ友のお見舞い

こんな時、どうする?

 

ママ友のお見舞い

ママ友のひとりが入院したと聞きました。子ども関係でいろいろとお世話になっている方なのでお見舞いに行きたいのですが、どのタイミングで行けばいいでしょう。

manner-24

A … 少し時間を置き、落ち着いた頃に伺う
B … よほど親しい間柄でなければ、お見舞いは遠慮する
C … すぐに駆けつけ、面会が無理のようなら家族にお見舞いの品を渡す

正解は 
 

入院後すぐ、術後すぐは避けて
服装やお見舞いの品にも配慮を

すぐに駆けつけたい気持ちは分かりますが、病人の気持ちを一番に考えたいものです。弱っている姿を見せたくない、女性の場合はノーメイクで人に会いたくないという人もいるはずです。ご家族などに聞いてから、また入院してすぐや術後すぐなどは避けて伺いましょう。

当然ながら面会時間は守ること。黒一色や白黒の服は喪服を、また赤色は血を連想させるため、服の色にも多少の配慮が必要です。病状をしつこく聞いたり、安易に大丈夫、頑張ってなどと声をかけたりするのも避けましょう。

お見舞いの品は、ミネラルウォーターや雑誌類などが無難。親しい間柄なら、必要なものを聞いて買っていくのも喜ばれます。花がポトリと落ちるタイプの植物や鉢植えはもちろんNGですが、感染症のリスクを避けるため生花を禁止する病院も増えています。事前に確認できることはWebサイト等で確認しておきましょう。(取材協力/第一印象研究所 代表・杉浦永子さん)

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 仙台トップ
  2. くらしの情報
  3. こんな時どうする!? おとなのマナー vol.24 ~ママ友のお見舞い


会員登録・変更