1. 仙台トップ
  2. くらしの情報
  3. こんな時どうする!? おとなのマナー vol.28 ~友人の家の新築祝い

こんな時どうする!? おとなのマナー vol.28 ~友人の家の新築祝い

こんな時、どうする?

 

友人の家の新築祝い

マイホームを建てた友人から、新居に招待されました。新築祝いには何を持参すべきですか?

5913.シニアカップル,コーヒー

A … 現金が一番。仲の良い友人ほど奮発する
B … 相手の希望を聞いて持参する
C … 贈り物は贈る側の気持ち。サプライズも込めて自分が良いと思うものを選ぶ

正解は 
 

お祝いは相手の希望や好みを尊重
お邪魔した際のマナー違反にも注意を

好みに合わない品物を贈り、しまわれっぱなしになるのはお互いに残念ですね。気軽に聞ける間柄なら、相手に希望を聞くのが一番です。その際、漠然と「何がいい?」と聞くよりも、「○○とか、○○なんてどう?」と選択肢を示すと、相手もおおよその予算を察し、リクエストもしやすくなるので親切です。「何でもいいよ」と任された場合は、インテリアのテイストや色などを聞いておくだけでも選ぶ時の参考になります。現金なら友人・会社関係などは5,000~10,000円、きょうだいは30,000~50,000円、親戚は5,000~50,000円が相場とされています。

伺った時には室内をジロジロ見たり、案内もされないうちから部屋を見て回ったりするのは非常識。ドアの開け閉めや食器の扱いなどは、いつも以上に丁寧にすることを心がけて。夏場でサンダルを履いて行くときは、素足で上がることのないようフットカバーを持参しましょう。(取材協力/第一印象研究所 代表・杉浦永子さん)

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 仙台トップ
  2. くらしの情報
  3. こんな時どうする!? おとなのマナー vol.28 ~友人の家の新築祝い

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年12月6日号

電子ブックを読む



会員登録・変更