1. 仙台トップ
  2. くらしの情報
  3. こんな時どうする!? おとなのマナー vol.35 ~パソコン印字の手紙ってあり?

こんな時どうする!? おとなのマナー vol.35 ~パソコン印字の手紙ってあり?

こんな時、どうする?
 

パソコン印字の手紙ってあり?

先日、同窓会で久し振りに恩師に会いました。その時の写真を送ろうと思うのですが、手紙をパソコンで書くのはやはり失礼でしょうか。昔から字を書くのが大の苦手で…。

manner-35

A … パソコンが普及しても手紙は手書きが常識
B … 必ずしも失礼にはあたらない。ただし心を添える配慮
C … むしろ読みやすく丁寧な印象を与えるので、パソコンでOK

正解は 
 

「手紙を送りたい」その気持ちが一番
自分に無理のない方法で思いを届けよう

パソコンで書いた手紙も、今の時代はマナー違反とはいえないでしょう。ただし手書きの一文を添えたり、名前を自筆にするといった配慮はほしいもの。印字する便箋も、季節感のあるものを選ぶなど工夫があると好印象ですね。

手紙を出す際、白紙の便箋を余分に1枚添えるのには、「本当はもっと書きたいとの気持ちの表れ」「紙が貴重な時代に、相手への気遣いとして返信用の便箋を付けた」など諸説あります。でも今はエコの観点から見ても、必ずしも余分に添える必要はないともいわれています。

SNS全盛の時代だからこそ、手紙は相手の心に残ります。目上の方には封書がベストですが、マナーに忠実にと思うとハードルが高いですね。気の利いたポストカードにひと言添えるなどでもOK。手紙を送りたいその気持ちを大切に、無理のない方法で思いを届けてみませんか。(取材協力/第一印象研究所 代表・杉浦永子さん)

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 仙台トップ
  2. くらしの情報
  3. こんな時どうする!? おとなのマナー vol.35 ~パソコン印字の手紙ってあり?

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年12月13日号

電子ブックを読む



会員登録・変更