1. 仙台トップ
  2. トピックス
  3. 新春スペシャルインタビュー★宮城県知事と仙台市長に2019年への思いを聞きました
flower1269091_title02
新春スペシャルインタビュー
宮城県知事と仙台市長に2019年への思いを聞きました

いよいよ新しい年が幕を開けます。私たちの住む宮城・仙台の行政を担う、宮城県知事 村井嘉浩さんと仙台市長 郡和子さんに、新年の抱負や震災復興への取り組みなどについてインタビュー。「2019年の一文字」にも注目です!
※このページはIEには対応していません。IE以外のブラウザでご覧ください。
村井嘉浩 宮城県知事インタビュー
murai111
村井嘉浩 宮城県知事
昭和35年8月20日生まれ。大阪府出身。陸上自衛隊東北方面航空隊、宮城県議会議員などを経て平成17年より現職。現在4期目を務める。趣味は「ウオーキング」。座右の銘は「天命に従って人事を尽くす」
さらなる復興に向けて
ソフト面の課題解決に力を入れたい
― 2018年はどのような1年でしたか?
村井知事 だて正夢の本格デビュー、宮城オルレのオープン、次世代型放射光施設が東北大学にできることが決まり、また、宮城県出身の羽生結弦選手がオリンピックで2連覇するなど非常に明るいニュースが多かった年でした
― 今年度は県の震災復興計画の中でも「発展期」の最初の年でした。その状況と今後優先すべきことは何ですか?
村井知事 三陸縦貫自動車道などインフラの整備は順調に進み、2019年3月末には災害公営住宅も完成し、仮設住宅からきちんとした住まいに住んでいただけるようになります。一方で、人手が足りない、作ったものが売れない・販路が回復しないという問題や、心のケアが必要な人が多い、あるいは不登校の中学生の数が全国最多と、ソフト面には大きな課題を抱えています。今後はそういったところにもっと光を当てていく必要があると考えています
― 2019年は復興五輪を掲げる東京2020オリンピックのカウントダウンの年です。国内外からのお客様をどのように迎えますか?
村井知事 2つテーマがあります。1つは世界中からたくさんの応援をいただいた感謝を伝えること、もう1つは復興した状況をしっかりと見ていただくことです。4月には都市ボランティアの募集も始まりますので、皆さんの力も借りながら盛り上げていきたいですね
― 宮城県の観光客誘致について、課題と対策を教えてください
村井知事 国内向けにはいかに東北に足を運んでいただけるようにするかが課題です。2018年は、団塊の世代に向けて西部警察をイメージした湯渡軍団のPR動画を公開したほか、若い女性向けにHey!Say!JUMPを起用したキャンペーンを展開しました。性別・年代を絞りながら、全国に広がるような取り組みを行っていきます。海外向けには、宮城だけではなく東北全体の知名度を上げることが課題です。仙台空港を東北の玄関口として、どのように回遊していただけるか東北が一丸となり考えているところです
― ありがとうございます。いつもパワフルな知事ですが、その元気の秘訣や休日の過ごし方を教えてください
村井知事 健康のために毎朝ルームランナーで30分歩いています。休日は資料を読み込むことが多いのですが、時々料理を作ることもあります。ギョウザはお手の物です
murai_word123
2019年の一文字
「新しい天皇陛下が即位され、新元号となります。新しい時代の始まりですから、心機一転、フレッシュな気持ちで取り組んでいきたいと思います」

郡和子 仙台市長インタビュー
koori007
郡和子 仙台市長
昭和32年3月31日生まれ。仙台市出身。東北放送アナウンサー、報道制作局部長を経て、平成17年衆議院議員選挙で初当選。その後、内閣府大臣政務官を務め、平成29年より現職。趣味は「スポーツ観戦」。座右の銘は「誠実・果敢」
活力のあるまちづくりを目指し
躍進・躍動していきたい
― 2018年はどのような1年でしたか?
郡市長 市長に就任して8月で丸1年が過ぎました。以降は、市政課題を学ぶ時間よりも、解決に向けてどのように市政を運営していくか考える時間が自然と長くなった1年でした
― 特に力を入れて取り組まれたことは何ですか?
郡市長 子どもたちが健やかに育まれて、夢や希望を持って育つことができるようなまちづくりを目指し、さまざまな対策を行いました。教育環境の整備、切れ目のない子育て支援についてなど、2018年は一定の前進を図ることができたと思います
― 2019年で震災から8年を迎えます。この8年目をどのような年にしたいですか?
郡市長 2018年は若林区の海岸公園をリニューアルさせ、避難の丘やかさ上げ道路の整備も進めてきました。また、2017年から公開している震災遺構仙台市立荒浜小学校は、今年の11月で来場者が13万人を超えました。国内外の多くの方に震災のことを実感を持って知っていただくことができたのでは、と感じています。その一方で、風化についても心を配らなければなりません。仙台市の責務として、10年後、20年後、100年後の未来に向けて、あの震災の経験と教訓を伝えていくために頑張ります
― 2018年はリビング仙台も協力させていただき、「モッタイナイマルシェ」も開催されました
郡市長 “モッタイナイ”の精神を共有し、広めていくことはとても大切です。ごみ減量・分別を進めていくための合言葉”WAKE UP(ワケアップ)!!仙台”の認知度は上がってきていますが、まだまだです。食材を大切にし、できるだけ冷蔵庫の中にあるもので調理をしたり、資源回収しやすいように自宅で管理するなど、生活の中で楽しみながら行うことが大切だと感じます
― 女性の活躍が推進される時代ですが、市長はこれまで仕事と家庭をどのように両立されてきましたか?
郡市長 まずは、家族の理解があって、現在があります。もしかしたら家族は不満いっぱいかもしれませんが(笑)、何から何まで一人で頑張り過ぎないことも、両立する上で大切なことではないでしょうか
― 最後に、読者の皆さんへメッセージをお願いします
郡市長 2019年は平成の次の時代の幕開けの年です。皆さまが元気で躍動されますように!
koori_word238
2019年の一文字
「躍進・躍動する1年にしたいと、『躍』の一文字を選びました。私も市役所職員も躍動感を持って、元気なまちづくりに励みたいと思っています」

 

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 仙台トップ
  2. トピックス
  3. 新春スペシャルインタビュー★宮城県知事と仙台市長に2019年への思いを聞きました

会員登録・変更