1. 仙台トップ
  2. タウンニュース
  3. スマホ決済Q&A★キホンのキを専門家が解説

スマホ決済Q&A★キホンのキを専門家が解説

0510-spe_w600

今、急速にキャッシュレス化が進行中!○○ペイなど多彩なスマホ決済サービスもあり、「複雑でよく分からない」という人も多いのでは?そこでデジタルライターの綿谷禎子さんに聞きました。


リビングくらしHOW研究所の「キャッシュレス決済についてのアンケート」(※1)によると、現金とキャッシュレス決済でどちらの支払いが多いかは、ほぼ半数ずつ。利用しているキャッシュレス決済で一番多いのは、カード式電子マネー(交通系・流通系ほか)94・4%、次いでクレジットカード86・3%、”スマホ決済”は12・4%でした(複数回答)。

「世界的にみると、日本のキャッシュレス化は遅れています。その理由は、現金への信頼性の高さとスマホ決済への不安感。しかし、来年の東京オリンピックを前に急速に進みつつあり、多くの店でスマホ決済が利用できるようになってきました」と綿谷さん。まずは知識を身につけて!

キホンのキ!教えて綿谷さん

QRコード決済 各社のサービス&取り組み

キホンのキ!教えて綿谷さん

 キャッシュレスでの支払い方法は、タイミング別に「前払い」「即時払い」「後払い」の3種類。スマホ決済は、サービスによって利用できる支払いが異なります。
  • 【前払い】…プリペイド方式で、電子マネーが代表的。事前に現金をチャージしておき、その金額内で利用。
  • 【即時払い】…代表格はデビットカードで、支払いと同時に銀行口座から代金が引き落とされます。
  • 【後払い】…クレジットカードが代表的で、購入して半月から1カ月後の支払いになります。
 スマホをかざす決済は、日本では主にFeliCa(フェリカ)という通信技術が使われています。“おサイフケータイ”や電子マネーと呼ばれ、利用するには、FeliCaに対応したスマホが必要。国内で販売されているスマホは、対応のものが多いです。
 一方、コードを読み取る決済は、アプリで支払うタイプなので、ケータイの種別にこだわらず、基本的にどのスマホでも利用可能です。自分のスマホに表示したQRコードやバーコードを店側に読み取ってもらう「ユーザー提示型」、逆にお店が提示するQRコードを自分のスマホに読み込んで支払う「ユーザー読み取り型」があります。
 QRコードやバーコードなどを表示して行う「コード決済」は、利用者がアプリをインストールすれば、端末の種類に関係なく始められます。また、店舗にとっても高額な専用端末がいらず、決済手数料も低め。個人店でも導入しやすいんです。続々とサービスが増えていますが、まずは特徴を知って、よく利用するお店で使えるものや、お得なキャンペーンなどを活用して始めてみるのもいいのでは?
 不正利用などの対応は、各サービスでそれぞれ対策を実施。仮に不正利用の疑いがあった場合は、きちんと確認が取れればスマホ決済を提供している企業側やカード会社などが補償してくれます。
 スマホを紛失した場合は、まずはケータイ会社に連絡してスマホ機能をロックしましょう。パスワード設定はもちろん、指紋や顔などの生体認証を設定しておけば、より安心感があります。
 スマホ決済は、現金払いに比べるとお金を使っている感覚が薄れがち。ムダ遣いには注意しましょう。しかし、支払った日時や場所、金額などの利用履歴が一覧できるので、管理しやすいというメリットも。まめにチェックすることが大切です。電子マネーの場合は、チャージをオートではなくその都度にしたり、毎月の予算分だけチャージしておくようにすれば使い過ぎ防止になります。

※1:サンケイリビング新聞社のWebサイトで2018年12月にアンケートを実施(有効回答数/キャッシュレスを利用している女性1360人)
※QRコードは株式会社デンソーの登録商標です

SONY DSC
デジタルライター
綿谷禎子さん

情報誌の編集部から編集プロダクションを経てフリーランスに。現在はビジネス情報誌「DIME」を中心に、企業の自社発信メディアや情報サイトなどで幅広く執筆。生活情報サイト「All About」のガイドも務める。特に、スマホ決済などキャッシュレス関連に強い。

 
 
word_cashless_w600

QRコード決済 各社のサービス&取り組み

スマホ決済の中でも、注目度の高い「QRコード決済」。まずは、日頃なじみのある企業のサービスの特徴や取り組みについてチェックしておきましょう。

 

大手IT系

d払い
運営会社 NTTドコモ
支払い方法 後払い(電話料金合算払いまたはクレジットカード払い)
※各支払いでdポイントまたはドコモ口座残高の充当が可能
コード決済方法 ユーザー提示型
・ユーザー読み取り型
(2019年春提供予定)
特徴 街のお店での買い物代金を毎月の携帯電話料金と合算して支払うことができ、さらに共通ポイントの「dポイント」がたまる・使えるサービス。ドコモユーザーだけでなく、他社携帯ユーザーもサービスを利用できる。
♦ポイント制度あり
PayPay
運営会社 PayPay(ソフトバンクとヤフーの共同出資会社)
支払い方法 ・前払い(銀行残高からPayPay残高にチャージ)
・後払い(クレジットカード払い)
コード決済方法 ・ユーザー提示型
・ユーザー読み取り型
特徴 電子マネーとクレジットカードから支払手段を選択できる。ユーザー同士でPayPay残高の譲渡が可能。ヤフージャパンアプリからも利用可能。利用店舗は、大型チェーンだけでなく小規模なストアの開拓にも力を入れている。
♦ポイント制度あり
楽天ペイ
運営会社 楽天
支払い方法 ・即時払い(ポイント払い)
・後払い(クレジットカード払い)
コード決済方法 ・ユーザー提示型
・ユーザー読み取り型
特徴 楽天ペイ(アプリ決済)、楽天Edy、楽天ポイントカードも含め、楽天のスマホ決済対応箇所は約300万。年間2500億ポイント発行の楽天スーパーポイントが街のお店でも貯めて使える。楽天IDがあれば最短10秒セットアップで利用スタート。♦ポイント制度あり
LINE Pay
運営会社 LINE Pay
支払い方法 ・前払い(銀行口座からチャージ、Famiport・セブン銀行ATM・店舗レジなどでチャージ)
コード決済方法 ・ユーザー提示型
・ユーザー読み取り型
特徴 「LINE」アプリ内から、別途アプリダウンロード不要で、規約同意のみですぐに始められる。登録後、事前にお金をチャージすることで、「LINE」ユーザー間での送金や、提携サービス・店舗での決済を簡単・便利に行える。♦ポイント制度あり

 

銀行系

りそなウォレットアプリ
運営会社 りそな銀行
埼玉りそな銀行
支払い方法 ・前払い(銀行口座からチャージ)
・即時払い(銀行口座引き落とし)
・後払い(後払い機能「SLiDE」)
コード決済方法 ・ユーザー提示型
・ユーザー読み取り型
特徴 りそなグループのデビットカードやクレジットカードの登録だけでなく、「プリペイド機能」や「口座即時決済機能」、「後払い機能」などの各種決済ツールをこのアプリ1つで利用できる。さらに、事前に設定したルールに従って自動的におつりを貯金していく「おつり貯蓄機能」や、提携店舗で使える「クーポン機能」も搭載した、日本初の「オールインワン」アプリ。
J-Coin Pay
運営会社 みずほ銀行
支払い方法 ・前払い(銀行口座からチャージ)
コード決済方法 ・ユーザー読み取り型
※「ユーザー提示型」は今後提供予定
特徴 銀行口座から簡単に出し入れできる電子マネーを利用し、友人や家族へ 「送る/送ってもらう」 、 お店で 「支払う」 という、お金に関する”さまざまな行為” が、スマホ上のアプリで「いつでも、どこでも、無料で」できるサービス。全国60以上の金融機関と協働し ”銀行系デジタル通貨のプラットフォーム”として、日本政府が目指すキャッシュレス化の実現を強力に推進している。

 

新たなサービスもチェック

au PAY
運営会社 KDDI
特徴 スマホ決済「au PAY」は、「WALLET アプリ」で利用可能。au WALLETとWALLET ポイントを合わせて1000億円以上の残高を保有し、既存の「WALLET アプリ」からも、簡単・すぐに使い始めることができるのが利点。
ゆうちょPay(2019年5月開始予定)
運営会社 ゆうちょ銀行
特徴 ゆうちょ銀行口座のある人は、年齢制限なく、審査不要で利用可能。口座直結型のサービスのため、クレジットカードの登録や、事前チャージが不要。支払金額は貯金残高の範囲内。1日、1カ月あたりの利用上限金額が設定可能で、使いすぎを防止。各種料金の請求書支払など、サービスを順次拡大予定。

 
 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 仙台トップ
  2. タウンニュース
  3. スマホ決済Q&A★キホンのキを専門家が解説


会員登録・変更