1. 仙台トップ
  2. タウンニュース
  3. ボルダリングも防災体験も!宮城の廃校リニューアル施設4選

ボルダリングも防災体験も!宮城の廃校リニューアル施設4選

190927-spe_title

子どもにとっては親しみやすく、大人にとってはどこか懐かしさを覚える学校。廃校となった後も地域の中で生かそうと、管理する自治体と企業とのマッチングが全国的に広がっています。

廃校の増加には少子化や都市部への移住などちょっぴり寂しい背景もありますが、廃校の活用が始まっている地域では、新たな人やモノの動きも生まれています。

各施設にそのメリットを聞くと、「卒業生をはじめ地域のみなさんが応援してくれること」と皆さん口をそろえます。

自然に人が集うという学校がもたらす地域との良い関係が、各施設の新たな取り組みにつながっていることが伝わってきました。

 

 
 

川崎町|廃校×スポーツ

KSP川崎スポーツパーク

ksp_ent

昨年旧川内小学校の体育館を改装し、東京2020オリンピック新種目のスケートボードやボルダリングなどができる屋内運動場へ生まれ変わった「KSP 川崎スポーツパーク」。多い時で1日約150人もの人が訪れているとか。

ボルダリングはシューズやチョークのレンタルがあり、手ぶらで利用OKです。

ksp_bold

学校敷地内をスケボーで走るという、学生の頃には味わえなかったワクワク感をかなえる同館。

体育館はスケートパーク、スケートランプ、トランポリン、ボルダリングとゾーン分けされています。

ksp_in

体育館ならではの天井の高さや広さは、ジャンプや回転技のある競技を制約なく、天候に左右されず行うのに適していて、全国レベルのジュニア選手の練習場や大会会場としての需要も高まっているそうです。

年末からは校舎側の改装が始まり、代表チームの招致も今後行う予定。

全国レベルの選手と肩を並べてスポーツに取り組む、そんなストリートカルチャーとの距離を縮める施設となりそうです。

ksp_endo-1

「地域からの理解と、子どもたちの施設利用などに支えられ、幅広い層がストリートカルチャーに親しめる地盤ができたと感じています。今後はもっとローカル色の強い施設が目標。直売スペースを設けたり、子ども向け出張イベントを行うなど、新たなことにも取り組みたいです」(支配人・遠藤 尚さん)

 宮城県柴田郡川崎町川内字天神前257-1
 17:00~22:00(土・日曜、祝日10:00~21:00)、火曜休
 スケートパーク1日券1,000円、ボルダリング1,500円
 TEL 0224-87-8727
※最新情報はFacebookやInstagramで発信中

 
 

東松島町|廃校×防災体験

KIBOTCHA(きぼっちゃ)

KIBOTCHA_all

独特のネーミングが印象的な「KIBOTCHA」は、東日本大震災で被災した旧野蒜小学校の校舎を再利用し、昨年オープンした防災体験型の学習施設。

「希望」「防災」「未来(フューチャー)」の言葉を組み合わせて、「KIBOTCHA」と名付けられました。

その大きな特徴は、遊びを通して楽しみながら防災知識が得られる点です。

かつて教室だった広い空間を生かし、毛布や衣類などで応急担架を作る方法やロープの結び方を学べる体験学習スペース、街・海・山での火事や津波・遭難をテーマにした遊具でさまざまな避難の形を体感できる体験ゾーンがあります。

KIBOTCHA_main

この体験ゾーンの遊具には、『よじ登る』『くぐり抜ける』など、多様な避難の形が組み込まれています。

また、震災当時の様子を伝えるデジタル資料館もあります。

さらに宿泊施設も完備。火おこしや米炊き、防災マップの作成などが学べる防災教育キャンプに参加する家族やグループも多いのだそう。

レストランや大浴場は日帰り利用もOKなので、防災について学ぶほか、気軽に食事やお風呂を満喫する人も。

震災からの復興を後押しし、この地域に無くてはならない存在となっているようです。

KIBOTCHA_mii

「KIBOTCHAは、エンターテインメントと防災教育の融合を考えて作った施設。屋外でのバーベキュープランではアルミホイルを使ってご飯を炊くなど、いざという時に役に立つ防災の視点を、体験内容や施設の随所に盛り込んでいます。それらを通して、多くの皆さんに防災対応力を養っていただきたいですね」(代表取締役・三井〈みい〉紀代子さん)

 宮城県東松島市野蒜字亀岡80番
 レストラン10:00~21:00ラストオーダー(日曜・祝日は20:00)、大浴場10:00~21:00、2階体験学習ゾーン10:00~17:00、年中無休(メンテナンスなどによる臨時休業あり)
 TEL 0225-25-7319
http://kibotcha.com

 
 

七ヶ宿町|廃校×宿泊

街道Hostelおたて

otate_all

七ヶ宿町の豊かな自然に囲まれたふるさと体験交流館。2014年3月に廃校の旧湯原小学校が昨年秋、日帰り入浴やランチ、宿泊ができる施設として生まれ変わり、多くの家族連れや団体が訪れています。

予約の上、体育館やグラウンドのみの利用も可能。季節に合わせた自然体験プランも実施しています。

otate_bath

こちらは季節ごとに温泉成分を入れ替える大浴場。これからの時期は、鮮やかな紅葉の景色も楽しめます。

恵まれた自然環境の中、美しい鳥の声に心癒やされ、運が良ければサルやイノシシなどの動物を目にすることができるかも!?

 宮城県刈田郡七ヶ宿町字町裏81
 ランチ11:30~13:30、日帰り入浴13:00~18:00、チェックイン15:00、火・水曜休
 TEL 0224-26-8877
http://shichikashuku-miyagi.co.jp/hostel/

★2019年10月下旬まで1日1組限定の「秋のBBQプラン」を実施中。12:00~20:00の中の3時間、グラウンド近くの屋外特設テントの会場で、炭火焼肉などが楽しめます。要予約

 
 

川崎町|廃校×食・体験

イーレ!はせくら王国

ire_all

2012年3月に廃校となった旧支倉小学校をリノベーションし、食べる・遊ぶ・集うをテーマにした『食と体験の観光交流施設』として昨年開業。

ほぼ手を加えていないというカラフルな外観も、観光交流施設のコンセプトにマッチしています。

2階教室はワークショップなどの体験・交流の会場に活用され、フォトスポットとしても人気。夏に行われたプチ林間学校では宿泊室として利用され、教室で寝泊まりする感覚が好評だったとか。

ire_class

旧家庭科室は食品工房としてオリジナルのチョコレート商品作りの拠点に活用されています。

校舎としての現役期間が18年間と短く、階段や外観などがほぼそのまま生かされていることにも注目。

校歌パネルなどの随所に残る学校の面影を楽しみながら、地元農家から届く野菜や地域にちなんだ品など、川崎町ならではの買い物や食を楽しみましょう。

 宮城県柴田郡川崎町支倉塩沢9
 10:00~17:00、水・木曜休
 TEL 0224-51-9131
https://www.ire-hasekura.com

★2019/11/2(土)・3(日・祝)・4(月・振休)には一大イベント「秋の収穫祭」を開催。地元農家による野菜の直売や校庭での屋台、芸術の秋ワークショップなど、盛りだくさんです

 
 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 仙台トップ
  2. タウンニュース
  3. ボルダリングも防災体験も!宮城の廃校リニューアル施設4選


会員登録・変更