1. 仙台トップ
  2. タウンニュース
  3. プレゼント付き★ますどんからのなんちゃって挑戦状 ~市町村クイズ vol.12

プレゼント付き★ますどんからのなんちゃって挑戦状 ~市町村クイズ vol.12

masudon-Q12

正解者には抽選でますどん企画のツアーをプレゼント

秋深し…で温泉が恋しくなっているますどん。今回の市町村にも有名な温泉がありますよー!頑張ってどこの市町村か当ててね。レッツ、シンク☆
 
 
 
 

(1)花笠踊り発祥の地

花笠踊り

ときは大正、新田開拓のためにため池の築堤工事が行われていた。

すべてが手作業で単調ながら重労働。みんなで呼吸をあわせるために土搗き唄が唄われ、その唄に合わせてかぶっていた笠をまわしながら即興で踊ることもあったんだそうな。

この土搗き唄が「花笠音頭」の起源、即興で踊った踊りが「花笠踊り」の原型といわれているんだ。

「花笠踊り」というと「山形花笠まつり」が有名で、山形市が発祥だと思われがちだけど、実は発祥はこの市町村。

ヤッショウマカショ♪るんるんるん♪(アレ?)
 
 
 
 

(2)佐渡ヶ嶽親方を応援しているスーパーが熱い

oyakata_w600

この市町村は大相撲 佐渡ヶ嶽部屋の親方(元関脇琴ノ若)の出身地。佐渡ヶ嶽部屋には現在、琴奨菊、琴恵光など4人の関取がいるんだ。

地元のスーパーマーケット「おーばん」では佐渡ヶ嶽親方を熱烈応援していて、佐渡ヶ嶽部屋の関取が白星を挙げるとうれしいことに割引きのタイムサービスが始まるんだ!
 
 
 
 

(3)あの芭蕉が10泊もした地

basho_w600

「奥の細道」の旅で、この市町村を訪れた松尾芭蕉。
ここは芭蕉にとって古い友人・鈴木清風が住む地。とーってもくつろいで、ここに10泊したんだ。

「涼しさを我宿にしてねまるなり」

これは清風宅で詠んだ句。「ねまる」はこの地方の方言で「くつろいでいる」ことなんだって。

ちなみにこの市町村には「芭蕉・清風歴史資料館」があって、芭蕉が滞在した資料などを展示しているんだ。
 
 
 
 

(4)有名な銀山温泉がある

ginzan-win_w600
ginzan-night_w600

NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となり、一躍有名になった銀山温泉。

大正ロマンを感じるレトロな温泉街は、ホント絵になるねー。

特に雪景色は情緒たっぷり。
 
 
 
 

(5)夏スイカの生産量日本一

watermelon_w600

ここは夏スイカの生産量が日本一!!

仙台にもスイカをのせたトラックがやってきてたときがあったねー。

糖度11~13度以上の高い基準をクリアした一級品だけを「○○沢スイカ」として出荷できるんだ。
もちろんますどんも大好きさ。

盆地で昼夜の寒暖差が大きいことから、このおいしさは生まれているんだ。
 
 
 
azarashi
さてさて、この市町村は? わかったかな?
 

 

※正解者の中から抽選でペア1組にますどん企画のツアーをプレゼントします。2019年10月16日(水)24:00締め切り。
※クイズの答えは、11月中旬以降、このページに掲載します。
(写真提供/尾花沢市観光物産協会)

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 仙台トップ
  2. タウンニュース
  3. プレゼント付き★ますどんからのなんちゃって挑戦状 ~市町村クイズ vol.12


会員登録・変更