1. 仙台トップ
  2. タウンニュース
  3. 冬は【黒の食材】で寒さに負けない体づくり★かわいいおやつレシピも

冬は【黒の食材】で寒さに負けない体づくり★かわいいおやつレシピも

1129black_title02
食材の持つ色は自分の体を守るために自らが作り出したもの。それぞれに個性的なパワーを秘めています。栄養面で偏りのない食事を考えたとき、食材を赤・白・黄・緑・黒と5色に分類し、意識してバランス良く摂取すると、おのずと体を思いやる食卓になります。

特に冬に注目したいのは黒の食材。代表的な7つをピックアップし魅力に迫ると、冬を乗り切る秘訣が見えてきました。

あわせて黒のチカラを取り入れた3つのかわいいおやつを料理家・橋元知里さんが紹介します。

 

 

代表的な黒の食材

●黒ゴマ

sesami-1
小さな1粒にカルシウムをたっぷり含み、セサミンやゴマリグナンといった独自の栄養素もぎゅっと詰まっています。すりつぶしたり細かく砕いたりすることで身体への吸収率も高まります。
 

●黒豆

kuromame-1
表面を覆う黒い皮はポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含有し、血のめぐりを促す力があるとも言われています。フライパンで炒ってから米と炊くと、香ばしく食欲をそそります。
 

●ひじき

hijiki-1
鉄分とカルシウムを豊富に含むひじき。貧血予防の効果も期待されています。煮物に使われることが多いですが、サラダにしたり、ごはんに混ぜたりしても食べやすいクセのなさが特長です。
 

●海苔

nori-1
カルシウム、タンパク質、食物繊維、葉酸など、「海の野菜」と呼ばれるほど多くの成分を持つ海苔。少量で効率的に栄養を摂取でき、美と健康を意識する人は毎日積極的に摂取したい食材の一つ。
 

●プルーン

plum-1
鉄分とミネラルが多く、ドライフルーツにしたものはフレッシュなものより栄養素が凝縮。おやつにそのまま食べられる手軽さが魅力です。ただし、高カロリーなので食べ過ぎには要注意。
 

●イカスミ

イカスミ パスタ 俯瞰  Pasta squid ink
タコスミよりもうま味成分に富み、パスタやリゾットなど主にイタリア料理に使われることが多いイカスミ。体内の潤いを保つとされるムコ多糖類が含まれ、タンパク質も豊富です。
 

●黒キクラゲ

kikurage-1
海藻のように見えて実はキノコの仲間。乾燥したものが一般的ですが、最近では生のキクラゲも流通しています。ビタミンDや水に溶けにくい食物繊維を多く含み、おなかの調子を整える効果も。

 

冷えた体を温める力に期待

「中医学では季節と食べ物の色は密接な関係にあると考えられており、黒の食材は血の巡りを良くし腎の働きを促すと言われています。栄養士の観点から見ても、黒の食材は血圧や血糖、コレステロールをコントロールしてくれるとされ、理にかなった食べ物です。冬は体が冷えて活動が鈍るもの。不調を感じるときは黒の食材を食べて体温を上げ、寒さに弱りやすい腎を守ることで、健やかな生活を送れると期待できます」(姫路地域活動栄養士会の佐藤麻美さん)

とはいえ、やみくもに食べたところで体が一度に摂取できる栄養量は限られているもの。毎食に無理なく取り入れ、継続することが大事です。

「黒の食材は保存がきく乾物も多く、常備できて何かと便利。黒キクラゲを少し八宝菜に加えたり、おひたしの仕上げに黒ゴマを振ったり。彩りのエッセンスに使うと料理全体を引き締め、おいしそうに見せてくれる効果もあります」と佐藤さん。

冬本番はもう間近。黒の食材で一足早く寒さを乗り切る体を作りませんか。

 

★黒かわいいおやつ

黒ゴマブランマンジェと黒豆団子

black_kuromamedango

濃厚な黒ゴマのうま味たっぷりの一品です!盛り付けは黒ゴマブランマンジェの上に黒ゴマソースをたっぷりとかけ、黒豆団子と黒豆をのせてくださいね。
 
材料 プリンカップ6個分

黒ゴマブランマンジェ
◦生クリーム 100cc
◦牛乳(豆乳でも可) 300cc
◦砂糖 50g
◦黒ねりゴマ 35g
◦粉ゼラチン 7g
◦冷水 20cc

黒豆団子
◦白玉粉 50g
◦水 50cc
◦すり黒ゴマ 大さじ1~2
◦黒豆(市販の煮豆) 適量

黒ゴマソース
(材料をまぜるだけ)
◦練り黒ゴマ 20g 
◦砂糖 小さじ4
◦牛乳(豆乳でも可) 20cc
 
作り方

黒ゴマブランマンジェ
(1) 粉ゼラチンは冷水に入れ、ひと混ぜして冷蔵庫で10分置く
(2) 耐熱容器に(1)以外のすべての材料を入れ、600Wのレンジで湯気が立つまで加熱する
(3) (1)を(2)に加えて溶かす
(4) 氷水にあて混ぜながら粗熱を取り、型に入れて冷蔵庫で冷やし固める

黒豆団子
(1) ボウルに黒豆以外の材料をすべて加え、耳たぶくらいの固さになるまでよく混ぜる
(2) 黒豆を(1)で包み団子にし、沸騰したお湯の中に入れる
(3) 団子が浮いてきてから約1分ゆでて冷水に上げる

 
 

プルーンピューレのブラウニー

black_browny

プルーンにひじき、黒キクラゲと、あっと驚く黒食材のコラボ! ポイントはバターと砂糖の代わりに、プルーンピューレを使用していること。翌日に食べたほうが見違えるほどしっとりしておいしいです。
 
材料 天板14cm×20cm分

◦プルーン(種なし) 50g
◦水 25cc
◦卵 2個
◦チョコレート 80g
◦薄力粉 60g
◦ブラックココアパウダー 20g(純ココアでも代用可)
◦ベーキングパウダー 小さじ1
◦乾燥芽ひじき 10g
◦黒キクラゲ(乾物を水で戻してカットしたもの)10g
 
作り方

(1) プルーンに水を加え、フードプロセッサーでピューレにする
(2) チョコレートを湯煎で溶かし、人肌に冷ましておく
(3) 粉類(薄力粉・ブラックココアパウダー・ベーキングパウダー)を合わせてふるっておく
(4) ボウルに卵を割り入れ①を加えてよく混ぜる
(5) (2)を加えて混ぜ合わせる
(6) (3)を加えてゴムベラで混ぜ合わせる
(7) (6)に乾燥芽ひじきと黒キクラゲを加え合わせる
(8) クッキングシートを敷いた天板に⑦を広げ、予熱あり180度のオーブンで15分焼く

 
 

イカスミのポップオーバー

black_popover

シュー皮のようなパンのようなポップオーバー。途中でオーブンを開けると生地がしぼんでしまうので要注意。生地を作った後約30分常温で置いておくと失敗しにくいですよ。
 
材料 マフィン型6〜8個

イカスミのポップオーバー
◦小麦粉(強力粉50g+薄力粉50g) 100g
◦牛乳 200cc
◦たまご 2個 
◦イカスミパウダー 大さじ1/2~1
(市販のイカスミソースでも代用可)
◦海苔(佃煮) 小さじ1/2~1 
◦サラダ油 大さじ1

かぼちゃペースト
◦かぼちゃ 70g
◦生クリーム 大さじ1

プルーンホイップバター
◦プルーン(種なし) 60g
◦生クリーム 100cc
◦水 30cc
◦塩 少々
 
作り方

イカスミのポップオーバー
(1) 卵と牛乳をボウルに入れて混ぜ、イカスミパウダーと佃煮を加えてよく混ぜる
(2) (1)に小麦粉を加えて混ぜ、約30分常温で置いておく
(3) 型に入れて焼く。予熱あり220度のオーブンで15分焼いた後、180度でさらに20分焼く
(4) 焼けたらかぼちゃペーストやプルーンホイップバターなど好きなものを挟む

かぼちゃペースト
レンジで柔らかくし、ペースト状にしたかぼちゃに生クリームを加えて混ぜる

プルーンホイップバター
(1) プルーンに水を加え、フードプロセッサーでピューレにする
(2) (1)に生クリームと塩を加え、泡立て器でホイップにする

 

料理家 橋元知里さん
忙しくても料理を楽しみたい人のために、30分で作れる料理・ケーキ・パン教室を加古川・明石などで開催。口コミで広がり13年続いている。また、出張教室など食でコミュニケーションを生む活動にも注力。地元食材を使ったおもてなしにも応用できる家庭料理やケーキ、パンは「自宅ですぐに実践できる」と人気。

教室「alala cooking club」https://ameblo.jp/chisato-club
instagram「alalacookingclub」で検索

 
 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 仙台トップ
  2. タウンニュース
  3. 冬は【黒の食材】で寒さに負けない体づくり★かわいいおやつレシピも

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年12月6日号

電子ブックを読む



会員登録・変更