1. 湘南トップ
  2. 特集
  3. 食の真実!?「料理と酒の相性~ おでんに何を合わせる?」

食の真実!?「料理と酒の相性~ おでんに何を合わせる?」

料理と酒の相性~
おでんに何を合わせる?

食の真実!? Vol.9 〈リビング湘南 2017年1月28日号〉

 

肉料理には赤ワイン、魚には白ワインを合わせるのはご存じかと思います。料理の味が濃い時は濃い飲み物で合わせるということ。
では、日本酒の場合、どんな料理に合わせるとよいでしょう? まずは日本酒を味で分類してみましょう。辛口の酒は+5のように日本酒度のプラス点が高く、また酸味成分を多く含みキレがあります。一方、甘口の酒度は-5のように低く、また酸味成分も少なく糖分が多いのが特徴で、まろやかな味です。
甘いタレでの焼き鳥ならば甘口が合うでしょう。塩なら辛口。これからの寒い季節、おでんはどうでしょう? だし汁をしっかり効かせていれば、それに負けない甘口を合わせるのも一案。だし汁のしみ込んだ卵と一緒に味わいたいですね。時には辛口で口中をさっぱりさせ、具材の味を楽しむのも一案。正解はありません。気分で変えてみましょう。
いずれにせよ熱燗(かん)でいきたいところですが、気を付けることがあります。温めるとアルコール感が強くなりより辛く感じます。まろやかな甘味を味わうつもりが燗(かん)したことでだいなしに、なんてことも。
寒さ厳しいこの時期、日本酒造りは本格化。大事な仕込みが行われます。数カ月後、どんな新酒が出回るのか楽しみですね。

 

◇文教大学 健康栄養学部 教授・笠岡誠一

18kasaoka

【プロフィル】1967年生まれ。博士(農学)。管理栄養士。製薬会社、国立健康・栄養研究所、アメリカ国立衛生研究所を経て、現職。「食」「フード」に関わるさまざまなことに興味を持ち、基礎研究にとどまらず、スイーツ開発、メニュー開発も行っている。

 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 湘南トップ
  2. 特集
  3. 食の真実!?「料理と酒の相性~ おでんに何を合わせる?」
電子ブックを読む
現在湘南エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

湘南エリアの行政ガイドブック

湘南エリアの
行政ガイドブック

電子ブックを読む



会員登録・変更