1. 湘南トップ
  2. 特集
  3. 食の真実!?「エディブル・フラワー」

食の真実!?「エディブル・フラワー」

エディブル・フラワー

食の真実!? Vol.11 〈リビング湘南 2017年3月25日号〉

 

S170325shoku

 

桜の花の季節―。春を象徴するキレイな色です。「見るだけじゃもったいない」と、桜茶にしたのでしょうか? なんとも欲張りですね。
でも今、エディブル・フラワーがあります。食用に栽培した花。見た目もキレイで食べることもできる。スーパーで手軽に買えます。ババロアやムースに使うアイデアもありですね。
新しい食品のようですが、考えてみればブロッコリーもカリフラワーも植物の花の部分。エディブル・フラワーと言えるのでは? ほうれん草や小松菜はエディブル・リーフ? リンゴやバナナはエディブル・フルーツ?…英語で表現するとオシャレな感じですが、ヒトが食べるため改良したのが今ある食品なんですね。
エディブルの判断が難しい場合もあります。賞味期限を過ぎた納豆は? 答えは、エディブル! 賞味期限は「おいしく食べられること」を保証する期日。その日を過ぎてもすぐに体に害はありません。ご自身で判断し廃棄食品を減らしたいですね。日本の食品廃棄量は他の国と較べても特に多いんです。食糧を必要とする国々への世界中からの支援量の約2倍。
一方、消費期限は「腐敗などせず安全に食べられる」期日です。お惣菜やお弁当などは早めに食べましょう。エディブルなうちに。

 

◇文教大学 健康栄養学部 教授・笠岡誠一

18kasaoka

【プロフィル】1967年生まれ。博士(農学)。管理栄養士。製薬会社、国立健康・栄養研究所、アメリカ国立衛生研究所を経て、現職。「食」「フード」に関わるさまざまなことに興味を持ち、基礎研究にとどまらず、スイーツ開発、メニュー開発も行っている。

 

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 湘南トップ
  2. 特集
  3. 食の真実!?「エディブル・フラワー」
電子ブックを読む
現在湘南エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

湘南エリアの行政ガイドブック

湘南エリアの
行政ガイドブック

電子ブックを読む



会員登録・変更