1. 湘南トップ
  2. 特集
  3. 下田産婦人科医院 理事長 下田隆夫さん

下田産婦人科医院 理事長 下田隆夫さん

若い世代こそ知ってほしい
産婦人科の病気や知識

「男女共に、特に若い世代にこそ体のことを知ってほしい」と一昨年、日本産婦人科学会編著の冊子「HUMAN+ 女と男のディクショナリー」を希望した茅ヶ崎市内の高校4 校に各校3学年分、計3240部寄付した下田産婦人科医院理事長・下田隆夫さん。

180714-4

下田産婦人科医院 理事長 下田隆夫さん1979年北里大学卒業、83年同大学大学院修了、医学博士。同大学医学部産婦人科講師、社会保険相模野病院産婦人科部長を経て、現在、医療法人下田産婦人科医院理事長・院長。同医院は64年に茅ヶ崎市に開院し、産科・婦人科・美容皮膚科を診療

「男女共に、特に若い世代にこそ体のことを知ってほしい」と一昨年、日本産婦人科学会編著の冊子「HUMAN+ 女と男のディクショナリー」を希望した茅ヶ崎市内の高校4 校に各校3学年分、計3240部寄付した下田産婦人科医院理事長・下田隆夫さん。
「妻が茅ヶ崎の妊娠支援部会のメンバーで、高校生など若者の望まない妊娠の相談などに乗っているのですが、こうした妊娠を防ぐのは大人の責任ではないかと。そこでこの冊子をお配りしました」。同書には、思春期~老年期の各年代で知っておきたい産婦人科の病気や知識が医師たちによって正しく紹介されています。
「昨年、寄付先の1校からこの冊子を使って生徒さんたちが自由研究をしたと報告いただき、高校生自ら役立てて学んでくれてうれしいです。ネット社会とはいえ、正しいことを知っている子は今も少ないように思います。親御さんも直接お子さんに性交渉の経験の有無など聞け下田産婦人科医院理事長 下田隆夫さんないもの。そんな時、この冊子を渡せば、正しい知識を子どもに伝えられます」。
さらに、「今、必要でなくても各世代の正しい情報が載っているので、いずれ役立つはず。その一つが子宮頸がん。茅ヶ崎市では20 歳から偶数歳の市民を対象に子宮頚がん検診が受けられますが、受診率は10%、そのうち20 代は10% 以下。30 代で受診した時には手遅れで、小・中学生のお子さんを残して亡くなる方もいらっしゃいます。検診自体は5分で終わるものですし、受けてほしいですね」。正しい知識から健康で幸せな生活を。

180714-5

1冊300円(税別)で同医院で購入可

同じジャンルの記事を読む

人気記事ランキング

  1. 湘南トップ
  2. 特集
  3. 下田産婦人科医院 理事長 下田隆夫さん
電子ブックを読む
現在湘南エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

リビング湘南最新号 電子ブック

最新号イメージ

LIVING

2018年11月10日号

電子ブックを読む

湘南エリアの行政ガイドブック

湘南エリアの
行政ガイドブック

電子ブックを読む



会員登録・変更