1. 湘南トップ
  2. 特集
  3. 時代とともに振り返る【湘南】平成すごろく (2019/3/30号湘南・平塚大磯二宮)

時代とともに振り返る【湘南】平成すごろく (2019/3/30号湘南・平塚大磯二宮)

  • 2019/03/28 UP!

名称未設定-1

消費税が導入された平成元年。新元号の時代を前に湘南エリアの出来事を、すごろくで振り返ってみませんか。読者から寄せていただいた平成の思い出も紹介!
すごろく画像はこちら

Start
平成元年(1989年) 消費税3%が導入

平成元年(1989年) 湘南台文化センター開館
大きな地球儀の建物が目を引く、藤沢の湘南台駅近にある複合施設。「こども館」のプラネタリウムは、 平成21年に全面改修され、1000万個もの星を投影できます。
190330_01a
▲建設中の様子(藤沢市文書館提供)

平成2年(1990年) サーフ’90開催
藤沢・平塚・三浦・小田原の4会場を拠点に、13市町で“相模湾アーバンリゾートの提案”を総合テーマに 開催。波をイメージさせる鮮やかな色彩のロゴをシンボルマーク(下)に、多彩なイベントでにぎわいま した。
190330_01b
▲1/6号「湘南リビング」から

平成5年(1993年) 県下最長のローラーすべり台完成
二宮の「吾妻山公園」山頂に、当時県下最長のローラーすべり台が完成。平成26年には複合遊具などを再整備!

平成5年(1993年) 「リビングひらつか」創刊(現/リビング平塚大磯二宮)

\「ベルマーレ」は美しい海を意味したラテン語の造語/
平成6年(1994年) 
「ベルマーレ平塚」(現/湘南ベルマーレ)Jリーグ正会員に
2019年シーズンもJ1リーグで飛躍が期待される「湘南ベルマーレ」。1968年に「藤和不動産サッカー部」 として発足し、「フジタ工業サッカー部」を経て、平成5年「ベルマーレ平塚」に改名。翌年の平成6年からJリーグの正会員となり、クラブマスコットの「キングベルⅠ世」のオリジナルグッズも販売開始。
190330_01c
ⓒ1993 SHONAN.BM

平成6年(1994年) 湘南ナンバー誕生
神奈川県内の自動車用ナンバープレートで「横浜」「川崎」「相模」に続く、「湘南」が誕生。ちなみに 当社では、1985年から“湘南ナンバーを実現させたい”という呼びかけを始め、「湘南ナンバーで走ろう 会」の会員募集や、オリジナルグッズを販売しました。190330_01d
▲JANUARY 「リビングひらつか」 から

\自販機の缶ジュース、1本110円から120円に/
平成9年(1997年) 
消費税5%が導入

\横浜方面のアクセス快適/
平成11年(1999年) 湘南台に2路線延伸
「相鉄いずみ野線」「横浜市営地下鉄」が湘南台駅まで延伸。「小田急線」の各停駅だった湘南台駅は、 平成12年から急行の停車駅に。

平成12年(2000年) サザンオールスターズ 故郷の茅ヶ崎でライブ開催
20世紀最後の夏に、桑田佳祐さんの故郷・茅ヶ崎で、5万を超える署名や地元有志とともに念願のライブを 実現。デビュー35周年の平成25年にも、再び 茅ヶ崎公園野球場を会場に盛大なライブが行われました。
190330_01e
▲8/19号「湘南リビング」から

\江の島観光を満喫! /
平成15年(2003年) 
江の島展望灯台リニューアル
江ノ島電鉄創立100周年記念事業の一環としてリニューアルした「江の島シーキャンドル(展望灯台)」。 灯台の明かりを絶やすことなく伝承させるために、建て替え期間中は旧展望灯台の明かりをともし、新旧 展望台のツーショットが見られました。
190330_01f
▲画像提供=江ノ島電鉄

平成16年(2004年) 新江ノ島水族館開館
日本における近代的水族館の第1号として1954年に誕生した「江の島水族館」の学術的かつ知的資産を継承 し、「新江ノ島水族館」がオープン。

\海岸沿いのコースも魅力 /
平成19年(2007年) 湘南国際マラソン初開催
神奈川県初のフルマラソン大会として誕生。多彩なゲストや沿道の応援も見どころ!

\変化するまちに皆が注目!/
平成21年(2009年) 辻堂駅前の約25haを有する「湘南C-X」 一部まちびらき
JR辻堂駅北口側に隣接する関東特殊製鋼(カントク)が全面撤退の表明後、同所を中心とした約25haを「 湘南C-X(シークロス)」と名付けて都市再生事業を開始。平成21年には一部街区がまちびらきを行い、そ の後、続々と商業施設や医療施設などが供用を開始。
190330_01g
▲平成20年3月ごろの辻堂駅北口周辺

平成26年(2014年) 消費税8%が導入

平成28年(2016年) 由比ガ浜海水浴場がブルーフラッグ取得
水質や環境マネジメントなど、優れたビーチやマリーナに与えられる国際環境認証「ブルーフラッグ認証 」を、アジア初の取得。

平成29年(2017年) 旧吉田茂邸再建公開
昭和の宰相・吉田茂が晩年を過ごした、大磯にある旧吉田茂邸。平成21年に原 因不明の出火で本邸が焼 失しましたが、建築美と歴史ある場所であることから再建が進められ公開へ。
190330_01h
▲4/8号「リビング平塚大磯二宮」から

Goal
これからも旬な地元情報をお届けします

 

読者から寄せていただいた「平成の思い出」を
一部ご紹介

地元湘南のこと、家族のこと、震災や事件など、さまざまなことがあった平成時代。あなたにとっての思い出は?

■平成元年に就職して勤続30年(藤沢市・54歳)
■息子が元年生まれです(茅ヶ崎市・59歳)
■アメリカ同時多発テロ事件9月11日 /  当時、父が「見てみろテレビ」と、家族でテレビを見ていたのを覚えています( 東京都・39歳)
■消費税が初めて上がった時に、高額商品をなるべく買ったことです(藤沢市・76歳)
■えのすいがリニューアルしたのが印象的です(藤沢市・19歳)
■私が学生の頃は、ポケベル全盛期でした。懐かしいわぁ…。 テレホンカードとか何枚も持っていたものです。 平成時代の電話の発展、進化は、目覚ましいものでしたね(大阪府・37歳)
■私が 小学生の頃、ちびまる子ちゃんが大人気で 毎週のアニメが楽しみでした。作者 さくらももこさんが 天国へいってしまい すごく 悲しかったですが ちびまる子ちゃんのおかげで私は元気をもらいました。ありがとうございました(千葉県・35歳)
■再就職・結婚・転居・親の介護(中郡大磯町・64歳)
■平成元年3月結婚退職記念に会社の仲良し先輩と毎月お金を貯めて葉山音羽の森、湘南で贅沢、有意義な2日間を過ごし今年30年経っても鮮明に思い出される(横浜市・53歳)
■カセットテープ、MD、ウォークマンと音楽を聴く媒体が変化したこと(香川県・33歳)
■独身から既婚へ変わる(横浜市・46歳)
■私のいままでの人生!(藤沢市・19歳)
■辻堂駅前に大きなショッピングセンター湘南テラスモールが出来たこと(藤沢市・60歳)
■社会人となり仕事を頑張り、結婚して子どもを授かり、子育てがひと段落したら親の介護が始まり、平成の時代と共に生活も大きな転換期でした(藤沢市・52歳)
■白馬にスキーに行っていて 夕方ペンションに戻ったら平成って発表されてた。翌日スキーから戻って小田急線に乗ったら すでに切符に平成って印刷されていて ちょっとびっくりしたこと(中郡大磯町・55歳)
■大きな災害が多く、改めて日頃からの備え、気持ちの持ちようを考えさせられ日々を感謝しながら過ごすことの大切さを感じました(平塚市・61歳)
■パソコン・インターネットの普及(平塚市・70歳)
■平成元年と3年に子供を妊娠、出産の際、消費税がかかったこと(藤沢市・56歳)
■バブルから始まった会社員生活、その後の不況やリストラ、外国人労働者受け入れと働く環境が激変したこと(茅ヶ崎市・50歳)
■子供が結婚し孫が7人にまで家族が増えて生きてる活力を感じたこと(茅ヶ崎市・65歳)
■ある日の朝、突然、我が家に現れた猫。最初は飼うなんて思わなかったのですが、色々あって飼うことに。約12年、一緒に過ごしたのですが、先日、旅立って行きました。ペットというより、家族だなぁと。平成にたくさんの思い出ができました(平塚市・34歳)
■男の子三人の怒濤の子育て(笑)平成元年に二男出産~平成11年に三男出産、反抗期、更年期、乳飲み子を抱えての長男、二男の部活試合応援~三男の部活応援迄いろんな事がありました。あと数カ月で三男も二十歳になるので平成とともに長きに渡る私の子育ても終わりに近づいてきたと思うと感慨深いものがあります(藤沢市・54歳)
■平成23年の東日本大震災。これは忘れてはいけない出来事だと思う(藤沢市・56歳)
■消費税増3%→5%→8%(藤沢市・30歳)
■子どもたちが成人した事、子育ての平成でした(平塚市・47歳)

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 湘南トップ
  2. 特集
  3. 時代とともに振り返る【湘南】平成すごろく (2019/3/30号湘南・平塚大磯二宮)
電子ブックを読む
現在湘南エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

湘南エリアの行政ガイドブック

湘南エリアの
行政ガイドブック

電子ブックを読む



会員登録・変更