1. 湘南トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 催し・祭り
  4. 茅ヶ崎市が北マケドニア共和国と交流深めるホストタウンに登録

茅ヶ崎市が北マケドニア共和国と交流深めるホストタウンに登録

 茅ヶ崎市は4月26日、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会における北マケドニア共和国のホストタウンに登録されたことを発表した。
ホストタウンとは、2020年東京大会に向けて、地域の活性化や観光振興などの観点から、参加国・地域の住民とのスポーツ、文化、経済を通し交流を図る制度で、今後は市民に北マケドニアを知ってもらうため、交流を行うという。
これに伴い、5月20日(月)午後3時~5時には、市役所分庁舎6階コミュニティホール(茅ヶ崎市茅ヶ崎1ノ1ノ1)で、ホストタウン登録記念イベント「マザー・テレサの国 北マケドニア共和国を知ろう」を開催。
アナ・デレバン・ブラジェスカ駐日北マケドニア共和国臨時代理大使による同国の紹介や、ペレ・ヨヴァノフ氏(チェロ奏者)によるマケドニア音楽の演奏、マザー・テレサのパネル展示などが行われる。定員は、申し込み制で先着100人。イベント参加申し込みは、男女共同参画課(茅ヶ崎市男女共同参画推進センターいこりあ)へ。
☎0467(57)1414。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 湘南トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. 催し・祭り
  4. 茅ヶ崎市が北マケドニア共和国と交流深めるホストタウンに登録
電子ブックを読む
現在湘南エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

湘南エリアの行政ガイドブック

湘南エリアの
行政ガイドブック

電子ブックを読む



会員登録・変更