1. 湘南トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー, 旅行
  4. 新時代につなげたい防災意識。東日本大震災遺構探訪その①
記事検索

新時代につなげたい防災意識。東日本大震災遺構探訪その①

特派員No. 623
梅子さん

こんにちは、梅子です!みなさん大型連休の疲れもそろそろ癒えて、ようやく本調子といったところでしょうか。私は連休最終日に喉を傷めてから、なんとなーく鼻水を垂らしながら今に至りますが、一応元気でやっております。さて、今月は連休中に家族でキャンプ旅行をした際に訪れた、東日本大震災の遺構を2回に渡ってご紹介します。湘南エリアからは遠く離れた地ですが、どうぞお付き合いくださいね。

 

3.11の記憶と教訓を伝える

我が家の旅の行程は毎回ほぼノープラン。いつもざっくりとした方面を決めたら、あとは天候や気分に合わせて行先を決めて行くスタイルが定番です。(キャンプ地も当日探します。)しかし今回は必ず行きたい!と思う場所がいくつかありました。
その一つがこの「気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館」です。2011年3月11日に発生した大地震と大津波によって傷ついた気仙沼向洋高等学校旧校舎を、安全に配慮した上で当時のままの状態で見学できる遺構です。隣接する震災伝承館とあわせて今年3月10日にオープンしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伝承館内部は撮影禁止の為、外観のみです。

震災伝承館に入ると、まずは映像シアターに案内していただきました。ここで向洋高校の歴史や震災時の映像を観賞します。私たち夫婦は当時を経験していますが、子どもたちは長男が1歳、長女はまだ生まれていなかったので、このような映像は初めてでした。小2の娘はどこか現実のものではないような表情だったので、途中途中で私なりにわかりやすく説明しながら、また質問に答えながら観賞しました。

 

生々しい校舎の傷跡を目の当たりに

シアターでの観賞後は、配布されたガイドマップのコースにしたがって震災遺構である旧校舎へ向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北校舎の外観。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

立ち入り禁止の廊下。ここは本当に時がとまったままの状態です。

ところどころにスタッフの方がいて、かつての高校の様子や震災当時の説明などをしてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

窓に耐震の筋違のない教室は、本当になにも残っていないからっぽ状態でした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一方こちらは耐震の筋違が入った隣の教室。耐震工事がされていない教室よりも原型をとどめていました。

一番衝撃だったのは、3階教室に車が突っ込んでいたことです。最上階である4階まで浸水し、この車も津波によって流されてきたそうです。近くにあった水産加工工場の魚がミイラ化したものなども、教科書などと一緒にそのまま教室に残っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3階教室。さまざまなものが流れ着いたそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たくさんの教科書やノートが当時のままに。海風に吹かれてページがめくれる音が響きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4階教室。この棚の下部の錆びているところまで津波が押し寄せました。

校舎の窓ガラスはもちろん残っていませんし、この施設周辺はまだまだ復興工事中なので、海からの風が直接ふきつけます。強い風音を聞きながら見学していると、自然の脅威をより強く感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

校舎から臨む景色。海までは500メートルほどです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

校舎と校舎の間には折り重なった自動車が。

 

「より高いところへ!」大災害の中の奇跡

2011年の地震発生時、この気仙沼向洋高校には教職員と生徒・関係者合わせて約200名ほどが校舎にいましたが、とっさの判断で屋上ではなく、海抜の高い避難場所へ向かいました。中には腰を抜かしてうまく歩けない生徒もいたそうですが、肩を貸すなどして助け合ったそうです。
さらに驚いたのは、教職員のみなさんの行動です。生徒たちが全員避難したのを確認すると、校舎に戻って重要書類などをすべて持ち出し校舎3階へ。津波警報がさらに高いものへと変わるや4階へ、そして最終的には屋上へと非難し、全員助かったということです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冷凍倉庫が激突して破壊された壁。しかし教職員のみなさんはこの上に避難して助かりました。

こんなに凄まじい被害にあったにも関わらず、当時この校舎にいた人全員が無事だったなんて!気仙沼向洋高校は水産教育を手掛ける伝統校ということで、教職員の方々の海に関する長年の知識と経験や、緊急時の冷静な判断がこの奇跡を生んだのだと感動しました。

 

危機意識の高さを学ぶ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

映像や遺構もしっかりと目に焼き付けていた子どもたち。

旧校舎を一通り見学した後は、再び震災伝承館へ戻ってきます。最後にも映像シアターや展示コーナー・談話室があり、ひとつひとつを見たり聞いたりしていると、あっという間に時間がたっていました。辛い記憶ですが、「目に見える証」として活用していきたいという気仙沼のみなさんの思いを家族全員がそれぞれに感じ、自然の脅威や防災意識を学ぶことができたと思います。みなさんにもぜひ足を運んでいただきたい施設でした。

 

気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館
【開館時間】4月~9月・・・9:30~17:00(入館は16:00まで)
10月~3月・・・9:30~16:00(入館は15:00まで)
【休館日】月曜日(月曜は祝日の場合は開館し、翌日休館)
祝日の翌日(土日・GWは除く。)
年末年始(12月29日~1月4日)
【特別開館日】毎月11日・9月1日(防災の日)・11月5日(世界津波の日)
【入館料】一般600円・高校生400円・小中学生300円
※小学生未満無料・障害者手帳持参の方は半額。
※団体割引あり。(30名以上。要予約)
【住所】宮城県気仙沼市波路上瀬向9-1
【TEL】0226-28-9671
【URL】http://www.kesennuma-memorial.jp/

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 623 梅子
元帰宅部なのに体育会系ガッチリ体型。年中黒いのに丘サーファーな、見るからにたくましい3児の母です。趣味はミシン。そして移動手段はママチャリ!全力疾走中の目撃情報多数!湘南エリアを今日も爆走します。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 湘南トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー, 旅行
  4. 新時代につなげたい防災意識。東日本大震災遺構探訪その①

特派員メンバー

  • Keiko
    特派員No.597Keiko
    茶道を愛するシニアの目から、素敵な事をお届けいたします。
  • hanayo
    特派員No.598hanayo
    湘南在住16年。旅行好きな小中学生のママです
  • えむちゅん
    特派員No.599えむちゅん
    子育てなど女性に役立つミニ情報をお届け♪
  • フナミ
    特派員No.600フナミ
    地元湘南の私のお気に入りを、皆様に熱く伝えます!
  • アルテ
    特派員No.601アルテ
    今年は写真展をたくさん見たい
  • こあり
    特派員No.602こあり
    青い鳥はすぐ身近に。そんな記事をお届け。
  • Running★LOVE湘南
    特派員No.603Running★LOVE湘南
    走る地域特派員が湘南&ラン情報をお届けします!
  • カマクラヒュッテ♪
    特派員No.604カマクラヒュッテ♪
    地元鎌倉の情報をゆるりとご案内♪
  • うみ
    特派員No.605うみ
    海と歌、旅と美味しいものが大好き。海近暮らしです。
  • ひまわる
    特派員No.606ひまわる
    街歩きで発見を楽しみます!
  • Mitsy
    特派員No.607Mitsy
    ワクワク&美味しい情報をお届けします!
  • SORA
    特派員No.608SORA
    ママランチでよく行くお店や気になるお店を紹介します!
  • みるるん∞
    特派員No.609みるるん∞
    鎌倉市在住の3歳児の母。旅、美味しいもの、愛とユーモアがすき☆
  • dokin
    特派員No.610dokin
    アラフォー兼業主婦のちょこまかデイリーライフ
  • かん治
    特派員No.611かん治
    鎌倉史跡ガイドと素人落語高座ならおまかせください!
  • 梅子
    特派員No.623梅子
    元帰宅部だが体育会系肩幅を持つ3児の母。趣味は裁縫。
  • ともこりん
    特派員No.624ともこりん
    月1回フットサルやっています。観るのも蹴るのも好き
  • Mia
    特派員No.625Mia
    美容と健康が大好き!
  • akko
    特派員No.626akko
    湘南の海と街歩きが大好きな2女のママです
  • ちかりん
    特派員No.627ちかりん
    私と愛犬、時々夫(笑)のゆるーい湘南生活をお届けします
  • あさこぱん
    特派員No.628あさこぱん
    辻堂在住17年。気になる 湘南をお伝えしていきます
  • KOBATO
    特派員No.630KOBATO
    新しいモノ&コトが大好物! でも湘南が一番です!
  • あき露子
    特派員No.799あき露子
    旅とアイスとおはなしが大好きなシャカリキ湘南生活3年生