まちが分かる豆知識とワンフレーズ英会話コラム「Welcome to Shonan !」湘南へようこそ!

地元のあれこれを再発見&英語も学べる!

外国人旅行者を湘南でも多く見かける昨今。2020 年には藤沢市・江の島で東京五輪が開催されることもあり、今後も海外からの訪問者が増えそうです。もしも会話ができたなら…。簡単な英語を学びながら地元のことを改めて知ってみませんか。

160123tt-11

英語で紹介してみよう! ~藤沢・観光編~
東京オリンピックに向けて観光客に対応するために、藤沢市観光協会では92人の外国語観光ボランティアガイドを保有しています。
Fujisawa City Tourist Association has 92 members of foreign language tourist volunteer guides to cope with tourists for 2020 Olympic Games.

★本平か190405Road to 2020 英会話コラム(藤沢)
赤いベストが、外国語観光ボランティアガイドのユニフォームです

ワンポイント解説
“cope with”は「~に対処する、取り組む」などの意味で、感情的な面で折り合いをつけることに使われる傾向があります。類義語の“deal with”の方が一般的ですが、こちらは積極的な作業・行為で対処することを意味しています。

●まち豆知識
藤沢市観光協会では、英語、中国語をはじめ、フランス語、ドイツ語、インドネシア語など計14言語を話せる外国語観光ボランティアガイドを、毎日2人ずつ江の島の観光案内所に派遣。外国人観光客にヒアリングアンケート調査をするなど、オリンピックに向けて増加している外国人観光客へのおもてなし強化を図っています。

監修: 藤沢市観光協会

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

電子ブックを読む
現在湘南エリアでは詳細エリアごとのリビング紙面を発行しています。
お読みになりたい地域をクリックしてください。

湘南エリアの行政ガイドブック

湘南エリアの
行政ガイドブック

電子ブックを読む



会員登録・変更