1. 湘南トップ
  2. お買い物
  3. 食品
  4. 茅ヶ崎ゆかりの人物館企画展「登山家・槇有恒 」@ラチエン通り
記事検索

茅ヶ崎ゆかりの人物館企画展「登山家・槇有恒 」@ラチエン通り

特派員No. 601
アルテさん

昨年「第7回茅ヶ崎映画祭」でみた映画「マナスルに立つ」に登場した登山家・槇有恒氏の没後30年企画展が茅ヶ崎ゆかりの人物館で開催されているので行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

槇有恒氏は1894年仙台市生まれ。茅ヶ崎で暮らしたのは1947(昭和22)年から。マナスルに登山隊隊長として赴いたのは1956(昭和31)年。60代の隊長でした。

ご本人が生前、自分は3つすごいことをやったと語っていたうちのひとつが、このヒマラヤのマナスル登頂です。あとのふたつはスイスのアイガー東山稜初登攀とカナダのマウント・アルバータ初登頂。槇有恒氏は日本の近代アルピニズムの発展に尽力された人でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
マナスル登頂の際に携行したトランクケース

展示室に入ると槇隊長がマナスル登頂の際に使用したトランクケースが置かれています。山登りといえばリュックひとつ背負って・・・と私が考えるような簡単な山ではないんですね、マナスルは(なにしろ8000m級)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
展示室内

この展覧会で、槇有恒氏のアルピニストとしての足跡と、文筆家としての側面を知ることができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
槇有恒編「マナスル登頂記」毎日新聞社1956年刊

映画「マナスルに立つ」が公開されたのは1956(昭和31)年9月。カメラマンは隊員のひとりで第一次および第二次登山隊にも参加した依田孝喜(毎日新聞写真部)。展示室の写真集は手にとってみることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
依田孝喜「マナスル写真集」

槇有恒氏はマナスルに行くことが決まってから体を鍛える目的で茅ヶ崎の海岸を歩いていたということです。柳島から辻堂近くまでを往復して、砂に足を取られることで鍛錬になると話していたそうです。
1966(昭和41)年の毎日新聞のインタビューでは、海岸を散歩している人に出会ったことは一度もありませんと話しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハマヒルガオ
私も同じ景色を見たいと思って柳島から少しですが歩いてみました。
たしかに雪山と砂浜は歩き心地が似ているのかもしれません(勝手な想像)。
右手に海を感じ江ノ島を眺めながら砂浜を行くと、波の音だけが聞こえます。途中、散歩やジョギング中の人とすれ違い、知り合いのサーファーに挨拶などしながらラチエン通り前まで歩き、街に戻りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
むこうに小さく見えるのは烏帽子岩
おそらく槇さんが散歩をなさっていた頃とは浜辺の景色も違っているのだろうと思いながらも、壮大な山の景色を眺めた人と同じ場所を歩くのがちょっと嬉しい散歩でした。

そして茅ヶ崎ゆかりの人物館のあるラチエン通り。美味しいパンやケーキのお店が思った以上にたくさんあることに気づきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
シェルパイとチョコレートが有名な「イル・ド・ショコラ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カナダ人の奥さん手作りケーキが美味しい「セレンディピティカフェ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
鉄砲道から引っ越してきた「スウィーツ ピピピ」のケーキ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ガレットで有名な「PLAIN」はパンもお菓子も美味しい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「PinkFish Sweets Market」レモンパイを作っているお店ってなかなかないんです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「パン・ド・ケイ」は売り切れる前に行かないと!なパン屋さん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

槇隊長のリュックサックをみていて思い出しました。そういえば、私の父も大学時代は山岳部。今度、山の話をきいてみたいと思います。

■茅ヶ崎ゆかりの人物館
企画展「登山家・槇有恒 山を尊び、自然を愛した日々」は2019年9月29日(日)まで
隣接する開高健記念館で企画展「日本人の遊び場ー開高健ノンフィクションへ越境」開催中
【観覧料】200円(開高健記念館との共通チケット300円)
【開館日】金・土・日・祝祭日(臨時休館あり)
【所在地】茅ヶ崎市東海岸南6-6-64
【電 話】0467-81-5015
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/bunka_rekishi/1020607/

 

 

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 601 アルテ
昭和36年生まれ。 茅ヶ崎育ち…ですが、ふと気づくと案外地元のことを知りません。 歩きまわって、みたりきいたりしたいいことをみんなにコッソリ教えてあげられたらいいな。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 湘南トップ
  2. お買い物
  3. 食品
  4. 茅ヶ崎ゆかりの人物館企画展「登山家・槇有恒 」@ラチエン通り

特派員メンバー

  • Keiko
    特派員No.597Keiko
    茶道を愛するシニアの目から、素敵な事をお届けいたします。
  • hanayo
    特派員No.598hanayo
    湘南在住16年。旅行好きな小中学生のママです
  • えむちゅん
    特派員No.599えむちゅん
    子育てなど女性に役立つミニ情報をお届け♪
  • フナミ
    特派員No.600フナミ
    地元湘南の私のお気に入りを、皆様に熱く伝えます!
  • アルテ
    特派員No.601アルテ
    今年は写真展をたくさん見たい
  • こあり
    特派員No.602こあり
    青い鳥はすぐ身近に。そんな記事をお届け。
  • Running★LOVE湘南
    特派員No.603Running★LOVE湘南
    走る地域特派員が湘南&ラン情報をお届けします!
  • カマクラヒュッテ♪
    特派員No.604カマクラヒュッテ♪
    地元鎌倉の情報をゆるりとご案内♪
  • うみ
    特派員No.605うみ
    海と歌、旅と美味しいものが大好き。海近暮らしです。
  • ひまわる
    特派員No.606ひまわる
    街歩きで発見を楽しみます!
  • Mitsy
    特派員No.607Mitsy
    ワクワク&美味しい情報をお届けします!
  • SORA
    特派員No.608SORA
    ママランチでよく行くお店や気になるお店を紹介します!
  • みるるん∞
    特派員No.609みるるん∞
    鎌倉市在住の3歳児の母。旅、美味しいもの、愛とユーモアがすき☆
  • dokin
    特派員No.610dokin
    アラフォー兼業主婦のちょこまかデイリーライフ
  • かん治
    特派員No.611かん治
    鎌倉史跡ガイドと素人落語高座ならおまかせください!
  • 梅子
    特派員No.623梅子
    元帰宅部だが体育会系肩幅を持つ3児の母。趣味は裁縫。
  • ともこりん
    特派員No.624ともこりん
    月1回フットサルやっています。観るのも蹴るのも好き
  • Mia
    特派員No.625Mia
    美容と健康が大好き!
  • akko
    特派員No.626akko
    湘南の海と街歩きが大好きな2女のママです
  • ちかりん
    特派員No.627ちかりん
    私と愛犬、時々夫(笑)のゆるーい湘南生活をお届けします
  • あさこぱん
    特派員No.628あさこぱん
    辻堂在住17年。気になる 湘南をお伝えしていきます
  • KOBATO
    特派員No.630KOBATO
    新しいモノ&コトが大好物! でも湘南が一番です!
  • あき露子
    特派員No.799あき露子
    旅とアイスとおはなしが大好きなシャカリキ湘南生活3年生