1. トップ
  2. わたしの“主婦腕”お見せします!
  3. 腹ぺこさん閲覧注意!行く先に絶品餃子アリ、な2017年餃子三昧の日々【小野寺いつかの餃界子連れレポート】 

腹ぺこさん閲覧注意!行く先に絶品餃子アリ、な2017年餃子三昧の日々【小野寺いつかの餃界子連れレポート】 

腹ぺこさん閲覧注意!行く先に絶品餃子アリ、な2017年餃子三昧の日々【小野寺いつかの餃界子連れレポート】 

SHUFU-1第6期メンバーの小野寺いつかさんは、餃子部浜松支部長。餃子が縁で結婚し、家族で餃子を楽しみ、餃子の魅力を発信中です! 今回は、2017年餃活振り返り。餃子愛あふれる小野寺一家の行く先にうまい餃子あり。いますぐ餃子を食べに行きたくなる、おいしそうな餃子の写真が満載!餃子好きなら注目です。


家族が増え、子連れでも餃活は楽しめるとわかった!
餃界の神さまパラダイス山元さんにも会えた!

こんにちは、餃子部浜松支部長の小野寺です。
今回は2017年の餃子活動(界隈では餃活と言うらしいです)を振り返ってみたいと思います。子どもが生まれ、新しい家族と共に餃活がスタートした2017年。

00

※前回もご紹介したお食い初めの時の写真です

退院後初の餃子は我が家のGJ(餃子ジョッキー)が焼いたお取り寄せ餃子でした。
(注:旦那さんは自らを餃子ジョッキーと名乗って活動しています)
旦那さんは普段から毎週の様に餃子をお取り寄せしていて、毎回その試食にお呼ばれしていたものの、やっぱり下界の食事は美味しい。
好きなものを食べられる事は本当に幸せだなあとしみじみ感じました。

g4-2

お祝いに浜松から駆けつけてくれた友人夫妻の手土産のケーキにも、餃子の王将の餃子皿で対応させて頂きました。

g3

産後すぐは外出もままならないので、家で粛々と餃活を。
宅配の餃子にハマりました。

g6

週末は旦那さんが子どもを見てくれるので、外食が出来る楽しみが生まれました。

g7

家族3人での初餃活スタート!餃子で食育体験も

初の家族での遠出は横浜赤レンガ倉庫で行われていた「宇都宮餃子祭りinYOKOHAMA」。

g8

色々な餃子を一度に食べられるイベントは、子連れとなった今、本当にありがたいです。

g9

オシャレ餃子バッグを子どものオムツ入れにしてみたり。

g10

旦那さんの家族とわいわい、餃子とラーメンを食べてみたり。

g11

学生時代からの思い出も込みで、私にとって特別な餃子屋さんにもやっと行けました。

g13

近所のこども食堂ではみんなで餃子を作りました。

g14

みんなで作った餃子は美味しかったです。
私も小さい頃から、家でたくさん餃子を包んできたので、子どもにも是非英才「餃」育を、と思っています。

g16

知り合いの餃子屋さんには出産のお祝いにバラの餃子を頂いたりもしました。

g17

マツコの知らない世界に出演された塚田さんに餃子で出産を祝ってもらう

マツコの知らない世界にも出演された、餃界人の塚田さんがお祝いに餃子を作って下さったので、みんなで餃子パーティー。

g20-0

色々な美味しい餃子を作って下さいました!詳細はまたの機会にご紹介しますね。
奥様の見事な焼きテクニックに夫婦ともども舌を巻きました。

★1

なかなか行けない名店「蔓餃苑」に行け、憧れのパラダイス山元さんに会えた!

2017年の幸運はまだまだ続きます。
会員ですらなかなか訪れる事の難しい会員制餃子屋「蔓餃苑」さんへ訪れるチャンスが!
佐賀県とのコラボ企画で「珍魚苑」を開苑する事になったとの知らせを受け、ラブレターを書くと危険、と言われている真夜中に熱いメッセージをしたためたところ見事当選。
子連れもOKとのお返事を頂き、家族3人で餃界のトップとも言えるパラダイス山元さんにお目に掛かる事が出来ました。

本当に夢のようなひとときでした。

★2

こちらは象徴的な一皿。ムツゴロウを丸ごと使った餃子です。

★3

上河内サービスエリア(栃木県宇都宮市にあります)では宇都宮餃子を頂きました。

★4

餃子味の歯磨き粉も手に入れました。怖くてまだ開封出来ていません(笑)。

★5

中野餃子「やまよし」店主の矢部さんからご紹介頂き、作家さん手作りの餃子の箸置きをゲット!守備力が上がりました。(実感値)

★6

我が家で一番の餃活トピックスは旦那さんの餃子100個チャレンジ成功!

我が家的2017年最大のイベントとしては旦那さんが「餃子会館 磐梯山」で餃子100個にチャレンジし、制限時間の1時間で見事完食!
その時に見ている人の方がお腹がいっぱいになるんだと知りました。

★7

最後はもちろん浜松ネタで「浜松餃子まつり2017」へ。

★8

前回書かせて頂いたレポートはこちらのイベントでした。

ここまでお付き合い頂きありがとうございました。
これからも餃子愛をみなさんと分かち合うべく地道に精進して参ります。
2018年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

この情報をくれたのは
小野寺いつかさん(SHUFU-1第6期メンバー)
餃子の啓蒙活動に勤しんでおり、最近は餃界人の塚田亮一さんに餃子を作っていただき、食べまくるホームパーティーを開催。今後は子連れの方が楽しめる餃子イベントを企画予定です。グルメレポートを移行中のブログでも、これから子連れ目線に注力して参ります。
https://ameblo.jp/gyoza-biyori/

人気記事ランキング

  1. トップ
  2. わたしの“主婦腕”お見せします!
  3. 腹ぺこさん閲覧注意!行く先に絶品餃子アリ、な2017年餃子三昧の日々【小野寺いつかの餃界子連れレポート】 
大人の女性のための 美・健康・エイジングケア

会員登録・変更