1. 多摩トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム, 体験・工場見学
  4. 入場無料!武蔵野開拓の歴史を感じられる場所~小平ふるさと村~
記事検索

入場無料!武蔵野開拓の歴史を感じられる場所~小平ふるさと村~

特派員No. 438
へちまエンジンさん

こんにちは、歴史大好き・へちまエンジンです。

今回は、江戸時代初期の玉川上水の開通に伴い開発が行われた小平市にある、小平ふるさと村へ行ってきました!!

入口に構える大きな郵便局舎

小平ふるさと村には、入口にドーンと大きな看板や門はありません。
そして、なんと入園料は無料!!

2017_0307_115950-IMG_6086

入るとすぐ目につくのが、【旧小平小川郵便局舎】です。
明治41年に建てられ、昭和50年代まで実際に使用されていた建物なのです。

2017_0307_102651-IMG_5991

カウンター内へは実際に中に入ることが出来、実際に立ってみると、当時の人々のやりとりが想像出来てとても面白いです。

隣には【消防小屋】があります。

2017_0307_113324-IMG_6021

中には、昭和初期に作られた手動ポンプ車が!!
当時は、かやぶき屋根の木造住宅・・・火事が起きると一気に広がってしまう中、このポンプ車がやってきた時の住人の安堵感といったら、それはそれは凄いものだったのでしょうね。

 

農家ゾーンで当時の生活を感じる

中へ進むと、右手の広場に防風林に守られた大きな建物が見えます。
【旧神山家住宅主屋】です。

2017_0307_115453-IMG_6063

入口には脱穀機などが置いてあり、当時の様子が垣間見えるこちらは、江戸時代中期から後期にかけての建物です。

2017_0307_110252-IMG_6005

江戸時代に青梅街道が整備され、中継地としてこの地が開発されました。その開拓の条件に、馬を休ませる“うまや”を作ることがあったそうです。
当時の事情を感じ取った瞬間でした笑。

その他、当時のかまどや蚕部屋、タイミングがいいと実際にいろりに火を焚いている様子を見学できます。
火を焚いている香りが、何とも言えず心地よく、その空間だけ時間が止まっている気がしました。

また、広場向かいには【旧鈴木家住宅穀櫃(こくびつ)】があります。

2017_0307_114707-IMG_6044

こちらは、天災や飢饉に備えて食料を備蓄していた倉庫で、災害時にはこの倉庫から食料を配っていたそうです。
天井が開き、そこから中へ食料を貯める仕組みになっており、また内部の壁には古い時代の新聞(上記写真の白い部分がすべて新聞)が貼られており、時間がある方はぜひ中へ入ってゆっくり読んでみて下さい。
当時の様子が伺える、面白い体験が出来ると思いますよ。

 

開拓ゾーンで300年前の建物を堪能する

旧神山家住宅主屋を抜けると、竹やぶを小川が流れ水車が回っているという、完全に平成とはかけ離れた情景が待っています。

2017_0307_115354-IMG_6060

その奥にあるのが、大きなかやぶき屋根の【開拓当初の復元住宅】!!

2017_0307_115711-IMG_6079

この建物は、江戸初期の農家の家を復元したもの。

2017_0307_111310-IMG_6012

日本昔ばなしの、おじいさん・おばあさんの家という感じです。
江戸時代初期といえば、今から約300年前・・・復元とはいえ、中に入れ感激です!!

そして隣に立っている建物が【旧小川家住宅玄関棟】です。

2017_0307_115321-IMG_6055

え?これが玄関??お屋敷じゃないの??
そう思ってしまうくらい立派な佇まいの玄関棟。なんと、二部屋もあります。
小平を開拓した小川家の敷地内にあったもので、来客の際は、こちらの玄関棟で待たされていたとのことです。
通されたお客様も、まさかここが玄関だけの建物だなんて思わなかったのでは…?

 

子連れで行くなら・・・

施設内の一番奥には【かきの木公園】があります。

2017_0307_115105-IMG_6050

こんな素敵な池や、四季折々の植物が植えてあり、濃厚な歴史に触れた後の休憩場所としてピッタリでした。
しかもこの池、四月後半になるとおたまじゃくしが出てくるそう。
また、公園の片隅にいろりの薪に使う木の幹が置いてあり、初夏のころにはその中にカブトムシやカナブンの幼虫がいることも。
これは、子どもにはたまりませんよね。
興味がある方は、現地の職員さんに声をかけてみて下さい!

2017_0307_113602-IMG_6028

また、旧神山家住宅主家の前の広場には、竹馬・ベーゴマ・けん玉など、昔の遊びが用意されていて、大人も子供の一緒に楽しめるようになっていました。

その他、親子で楽しめるイベントや催し物が毎月開催されているので、気になる方はぜひHPを確認してみて下さいね。

ちなみに近々開催予定はコチラ。

2017_0307_114323-IMG_6036

 

建物・施設内の雰囲気・そして漂う香り・・・
すべてが当時の面影を残している気がして、日本の心を感じることが出来る施設でしたので、是非足を運んでみて下さい。

 

小平ふるさと村
住所:東京都小平市天神町3-9-1
電話:042-345-8155
開園時間:10時~16時
休園日:毎週月曜・第三火曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土日の場合は開園)、12月27日~1月5日まで
http://kodaira-furusatomura.jp/

 

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 438 へちまエンジン
やんちゃ盛りの息子2人を追いかけ回す毎日です。趣味はアロマと手芸。長男に重度のピーナッツアレルギーがあり、アレルギーと上手く付き合う方法を模索中です!

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム, 体験・工場見学
  4. 入場無料!武蔵野開拓の歴史を感じられる場所~小平ふるさと村~

特派員メンバー

  • 国立 はぴすぽ
    特派員No.043国立 はぴすぽ
  • あゆママ
    特派員No.292あゆママ
    新しいお店を知ったらとにかく行ってみたくなっちゃう好奇心旺盛ママです!
  • はるる
    特派員No.330はるる
    笑顔で毎日をすごしたい!
  • くるくるりん
    特派員No.404くるくるりん
    生まれ育った“多摩”が大好き
  • レディババ
    特派員No.405レディババ
    大人の魅力で迫ります!
  • へちまエンジン
    特派員No.438へちまエンジン
    行ったお店のアレルギー対応をご紹介!
  • りさちゃん
    特派員No.443りさちゃん
    私なりの視点で発信していきたいです♪
  • すずふみ
    特派員No.661すずふみ
    パン屋巡りが大好き!
  • うらさん
    特派員No.662うらさん
    和洋中にエスニックどれも大好き
  • kazumi
    特派員No.664kazumi
    西多摩エリアが得意です♪
  • Harun3
    特派員No.666Harun3
    旅行とわんこが大好き
  • あやか
    特派員No.849あやか
    食べることが大好きです!
  • PocoaPoco
    特派員No.850PocoaPoco
    パンに魅了されています?
  • うぉーきんぐ
    特派員No.851うぉーきんぐ
    おいしいもの、たのしいことが大好きです!
  • あゆみず
    特派員No.852あゆみず
    街角の小さなお店が大好きです
  • ノブリン
    特派員No.853ノブリン
    美味しく癒される場所が大好きです
  • さくしほ
    特派員No.854さくしほ
    地元民目線で多摩の魅力をお伝えします!
  • Yakuzen Lover
    特派員No.855Yakuzen Lover
    ちょっとお洒落でまた行きたくなるカフェやレストランなどをご紹介して行きま。また食材ショッなどもチェッ