1. 多摩トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム
  4. 夏休みの自由研究に“下水道探検”はいかが?『小平ふれあい下水道館』
記事検索

夏休みの自由研究に“下水道探検”はいかが?『小平ふれあい下水道館』

特派員No. 524
えりんぎさん

皆さん、こんにちは!お得と手抜きが大好き、国分寺在住『エリンギ』こと小出えり子です。

夏休みも中盤。子どもたちをどこかに連れていかなければ間が持たない今日この頃…、心中お察しします。

そこで今回は、またまた“無料”で見学できて、しかも“夏休みの宿題に役立っちゃうかもしれない”施設をご紹介します!

 

マニア向け知的スポット『ふれあい下水道館』

今回訪れたのは、小平市鷹の台駅から徒歩7分ほどのところにある『ふれあい下水道館』。
こちら、小平市が運営する“下水道の仕組みや歴史を紹介”する、ちょっとマニアックなスポットなんです。

gaikan

 

地下に潜って下水道探検に出発!

この施設はとってもユニーク。
1Fのエントランスホール「水の風景」を見学した後は、地下へ地下へと下りて行くように展示室が作られているんです。

その秘密は…後でわかりますよ!

まずは地下1F「講座室」

地下1Fの講座室では、アニメ映像で下水処理の仕組みを学ぶことができます。
下水の処理には、たくさんの微生物が活躍しているそうです。
この微生物たちが、かわいいアニメのキャラクターになって説明してくれました。

その他、インストラクターさんによる理科の課外授業や、顕微鏡を使っての微生物の観察などもできるそうです。

anime

地下2F・展示室1「くらしと下水道」

地下2階に下りると出迎えてくれたのは、インパクトのある大きなオブジェ!
1つ目の展示室で、グッと心を掴まれてしまいました(笑)。

hennano

何だこりゃ?!と思ったのですが、
ここは、私たちの暮らしと下水道の関係を知ることができる空間。

模型で、汚水がどのようなプロセスを経て浄化され、放流されるのかを知ることができます。

shori

また、動画で下水道の今昔を紹介。
みなさん、江戸の町では、すでに下水道が整備されていたって知ってましたか?
このため、清潔が保たれ、ヨーロッパに比べて、伝染病などが広がりにくかったそうですよ。

地下3F・展示室2「小平の水環境」

ここでは、ふれあい下水道館のある小平市の水環境について知ることができます。
昔の井戸用具の実物の展示や、スリバチ状の“まいまい井戸”と呼ばれる井戸の模型などがありました。

suribachi2

地下4F・「特別展示室」

地下4Fは、水と環境についてのイベントを行う多目的室。
この日の企画展は「雨と生き物展」、
いきものにとっての雨の恵みを、絵本やクイズで紹介していました。

 

いよいよ地下潜入の最終段階へ

地下5F・展示室3「ふれあい体験室」

さぁ、皆さん、ご注目!!!
こちらは、ふれあい下水道館の目玉、下水道の実物に“ふれる”ことができる展示室です!

・・・??? え?下水道の実物に“ふれる”って???

そう思った方も多いはず!
私も、頭の上に「?」がたくさん浮かんでしまいました。

では、進んでみましょう!

taiken

はい、見えてきました。体験コーナーの文字。

そう、ここは、地下25メートルのところに埋まっている、実際に生活の中で使われている下水道の中に潜入できてしまうコーナーなのです!

地下へ地下へと潜って行く見学ルートの秘密は、これだったんです!

では、早速潜入レポート!!

厚い扉を通って、怪しげなトンネルをくぐると…

gesuikan

内径4.5メートル、そこには、正に、リアルな下水道管が横たわっています。
生温かい風とゴーっという轟音、そして…い、異臭が。。。

よく海外ドラマなどで、容疑を掛けられた主人公が下水道をバシャバシャと逃げて行く、そんなシーンあるじゃないですか。
いや、下水道には逃げない方がいいと思いました。
無理です、ホントに。

冗談はさておき、いつもは地下にひそんで全く目にすることができない下水道の仕組みを、しっかりと見ながら、ふれながら、知ることができました。

夏休みの自由研究にお困りの小学生諸君、今年の夏は、ふれあい下水道館に来て、下水についてのレポートをまとめてみるなんていかがですか?
施設の中にいながらにして、下水道の中にまで入れちゃうんですから!!

我が子はまだ3歳ですが、自由研究の宿題が出るような年齢になったら、
よし、また行こう♪

 

小平市公共下水道管理センター『ふれあい下水道館」
◆開館時間:10:00~16:00
◆休 館 日 :月曜日(休・祝日の場合は直近の平日)、年末年始(12/27~1/5)
◆入 館 料 :無 料
◆所 在 地:小平市上水本町1-25-31
◆ 電 話  :042-326-7411

 

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 524 えりんぎ
三鷹出身、国分寺在住ちょうど10年の中央線っ子です。毎日、暴れん坊の3歳男児を追い回す日々。息子のおかげで広がった“他沿線”の情報もお届けしたいと思っています!

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム
  4. 夏休みの自由研究に“下水道探検”はいかが?『小平ふれあい下水道館』

特派員メンバー

  • ヨッチ
    特派員No.294ヨッチ
    家事仕事遊びを楽しむ
  • にゃんこ
    特派員No.349にゃんこ
    マンホールマニアです。
  • 国立 はぴすぽ
    特派員No.043国立 はぴすぽ
  • あゆママ
    特派員No.292あゆママ
    新しいお店を知ったらとにかく行ってみたくなっちゃう好奇心旺盛ママです!
  • はるる
    特派員No.330はるる
    笑顔で毎日をすごしたい!
  • くるくるりん
    特派員No.404くるくるりん
    生まれ育った“多摩”が大好き
  • レディババ
    特派員No.405レディババ
    大人の魅力で迫ります!
  • へちまエンジン
    特派員No.438へちまエンジン
    行ったお店のアレルギー対応をご紹介!
  • ちびっこ特派員
    特派員No.440ちびっこ特派員
    子育て中のママにピッタリの情報をお届け
  • キタユカ
    特派員No.441キタユカ
    国立近辺をレポートします!
  • りさちゃん
    特派員No.443りさちゃん
    私なりの視点で発信していきたいです♪
  • ゆみたん
    特派員No.444ゆみたん
    食べ放題、デカ盛り、なんでもござれ!
  • ももたちゃん
    特派員No.521ももたちゃん
    パンにはこだわってます
  • えりんぎ
    特派員No.524えりんぎ
    ママチャリこいで奮闘中!
  • ユキ
    特派員No.525ユキ
    おばさんと呼ばれて振り向きます
  • わたなべゆか
    特派員No.660わたなべゆか
    アウトドアとカメラが大好き!
  • すずふみ
    特派員No.661すずふみ
    パン屋巡りが大好き!
  • うらさん
    特派員No.662うらさん
    和洋中にエスニックどれも大好き
  • なお
    特派員No.663なお
    多摩エリア初心者です。
  • kazumi
    特派員No.664kazumi
    西多摩エリアが得意です♪
  • とんとん
    特派員No.665とんとん
    ご飯は大盛り♪食べ放題も好き♪
  • Harun3
    特派員No.666Harun3
    旅行とわんこが大好き
  • あやか
    特派員No.849あやか
    食べることが大好きです!
  • PocoaPoco
    特派員No.850PocoaPoco
    パンに魅了されています?
  • うぉーきんぐ
    特派員No.851うぉーきんぐ
    おいしいもの、たのしいことが大好きです!
  • あゆみず
    特派員No.852あゆみず
    街角の小さなお店が大好きです
  • ノブリン
    特派員No.853ノブリン
    美味しく癒される場所が大好きです
  • さくしほ
    特派員No.854さくしほ
    地元民目線で多摩の魅力をお伝えします!
  • Yakuzen Lover
    特派員No.855Yakuzen Lover
    ちょっとお洒落でまた行きたくなるカフェやレストランなどをご紹介して行きま。また食材ショッなどもチェッ