1. 多摩トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム, 公園・動物園
  4. 登らず楽しむ高尾山?!『TAKAO 599 MUSEUM』
記事検索

登らず楽しむ高尾山?!『TAKAO 599 MUSEUM』

特派員No. 524
えりんぎさん

皆さん、こんにちは!
お得と手抜きが大好き、国分寺在住『エリンギ』こと小出えり子です。

多摩っ子の心の山、お馴染み“高尾山”に行ってきました。
でも、今回は登ってません!
高尾山は、登らなくったって、雨の日だって、じゅうぶん楽しめちゃうんですから♪

 

山麓に広がる素敵空間♪

今回訪ねたのは、2015年8月にオープンした『TAKAO 599 MUSEUM(たかお599ミュージアム)』。

gaikan

ここ、メッチャ良かったです!!
母も息子(3歳)も、ついでに夫も大満足。
とっても素敵空間でしたよー!!
(しかも、今回も入場無料です!!)

 

『TAKAO 599 MUSEUM』は、「みんなでシェアするミュージアム」を合言葉に、高尾山の魅力・未来・情報を共有し、高尾山の広場として、いろんな人が集える場所となることを目指してオープンしたそうです。

敷地は何と4300平方メートル!
和風モダンな建物の手前には、青々とした芝生やジャブジャブ池も!!
当然、子どもは素通りできません!

mizu2

この園庭では、芝生の中も、もちろんジャブジャブ池も、誰でも自由に遊んでいいそうです♪

 

建物の中はオシャレなミュージアム
高尾の自然、丸分かり!

建物の中もとーっても広々。
壁一面の窓、高い天井、白を基調とした展示室は、仕切りがないので解放感に溢れています。

zentai

アップルストア?と感違いしてしまいそうなオシャレな展示ケースの中には、高尾に生息する昆虫たちの姿が。

高尾には、数千種もの昆虫が生息しているそうです(5,000千種ともいわれているそう!)。
不思議な色や模様をした昆虫たち。
こんなにたくさんの昆虫が、身近な高尾山にいたなんて、驚きです!

miteru

 

こちらは何と、「カブトムシの動き」を再現した標本。

tobu

いや、もうビックリ!
こんな標本、見たことありません。
息子も「カブト飛んでる~!!」と大喜び!
もしかしたら、生きていると勘違いしたかも?!

 

展示の中には、触って遊べるものもあります。
ボランティアのスタッフさんが、高尾の動植物について説明もしてくれますよ。

sawaru

「このミュージアムで動物や昆虫、植物をたくさん見て、知って、高尾を好きになって欲しい、自然が大好きな人になって欲しい」とおっしゃっていました。

 

可愛い動物もたくさん!
必見プロジェクションマッピング!!

昆虫だけではありません。
奥の壁には、一面、たくさんの動物たちが!!
高尾には、野生動物たちもこんなにたくさん生息しているんですね。
動物大好きな息子、三たび大喜びです。

kabe

と…、ベンチの後ろの壁が下がり、当たりがうす暗く…、そして真っ白な壁には光と映像が!!

そう、この壁では、動物のはく製の並ぶ壁に、アニメーション映像を投影するプロジェクションマッピングを楽しむことができるんです。

pro4pro1

高尾の四季折々のアニメーションが映し出されると、はく製の動物たちは、高尾の山を生き生きと動き回っているよう。
1年を通して、動物たちがどんな生活をしているのかがわかります。

約8分間とコンパクトな上映ですが、大きな画面にくるくると移り変わる映像に、子どもも大人も釘づけになってしまいました。
(毎正時に上映)

 

ミュージアムを堪能したら、
ちょっと一息カフェタイム

たくさんの動植物にプロジェクションマッピング、ミュージアムを堪能した後は、ゆっくりカフェでお茶をすることもできます。

cafe

こちらのカフェのテーブルや椅子は、高尾の森で育った木でできたものだそう。

また、「訪れた人にゆっくりして欲しい」という思いから、カフェでは、持参したお弁当などを食べることもできるそうです。

大きな窓から入ってくる光を浴びながらのカフェタイム。
景色も最高で、高尾ってこんなにオシャレだったっけ???

 

カフェの先には、ちょっとしたキッズスペースもあり。
また、授乳やオムツ交換のできるスペースもあるので、小さいお子さん連れでも安心ですよ。

LINE_P20170821_13212826

 

高尾山の自然豊かさを、たっぷりと堪能できるミュージアム。

このミュージアムで、高尾に生息する動植物について予習して、いざ山中に!
なんていうのも、楽しいかもしれないですね!

よし、また来よう♪

 

TAKAO 599 MUSEUM(高尾599ミュージアム)
◆開館時間 8:00~17:00(4月~11月)、8:00~16:00(12月~3月)
◆ 入館料   無料
◆アクセス 京王線 高尾山口駅より徒歩4分
◆ 住 所   八王子市高尾町2435番地3
◆ 電 話   042-665-6688
www.takao599museum.jp

 

 

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 524 えりんぎ
三鷹出身、国分寺在住ちょうど10年の中央線っ子です。毎日、暴れん坊の3歳男児を追い回す日々。息子のおかげで広がった“他沿線”の情報もお届けしたいと思っています!

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. ミュージアム・スタジアム, 公園・動物園
  4. 登らず楽しむ高尾山?!『TAKAO 599 MUSEUM』

特派員メンバー

  • 国立 はぴすぽ
    特派員No.043国立 はぴすぽ
  • あゆママ
    特派員No.292あゆママ
    新しいお店を知ったらとにかく行ってみたくなっちゃう好奇心旺盛ママです!
  • はるる
    特派員No.330はるる
    笑顔で毎日をすごしたい!
  • くるくるりん
    特派員No.404くるくるりん
    生まれ育った“多摩”が大好き
  • レディババ
    特派員No.405レディババ
    大人の魅力で迫ります!
  • へちまエンジン
    特派員No.438へちまエンジン
    行ったお店のアレルギー対応をご紹介!
  • りさちゃん
    特派員No.443りさちゃん
    私なりの視点で発信していきたいです♪
  • すずふみ
    特派員No.661すずふみ
    パン屋巡りが大好き!
  • うらさん
    特派員No.662うらさん
    和洋中にエスニックどれも大好き
  • kazumi
    特派員No.664kazumi
    西多摩エリアが得意です♪
  • Harun3
    特派員No.666Harun3
    旅行とわんこが大好き
  • あやか
    特派員No.849あやか
    食べることが大好きです!
  • PocoaPoco
    特派員No.850PocoaPoco
    パンに魅了されています?
  • うぉーきんぐ
    特派員No.851うぉーきんぐ
    おいしいもの、たのしいことが大好きです!
  • あゆみず
    特派員No.852あゆみず
    街角の小さなお店が大好きです
  • ノブリン
    特派員No.853ノブリン
    美味しく癒される場所が大好きです
  • さくしほ
    特派員No.854さくしほ
    地元民目線で多摩の魅力をお伝えします!
  • Yakuzen Lover
    特派員No.855Yakuzen Lover
    ちょっとお洒落でまた行きたくなるカフェやレストランなどをご紹介して行きま。また食材ショッなどもチェッ