1. 多摩トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー, 体験・工場見学
  4. ダム見学で水の重要性を再確認!山梨・大門ダム
記事検索

ダム見学で水の重要性を再確認!山梨・大門ダム

特派員No. 662
うらさんさん

こんにちは。うらさんです。

雨が続いたと思ったら、太陽ジリジリの暑い毎日ですが、みなさんどうお過ごしですか?

私は、夏休みで山梨県に行ってまいりました。この山梨日帰り旅行で、「何をしようかな?」と考えていたときに、見つけたのが「ダム見学」でした。

以前、テレビでダムカードの紹介をしていたことも思い出し、「見学もできてカードをもらえるなんて!!夏の思い出にピッタリ♪」と鼻息を荒くして、ダムに行くことにしました。

せっかく山梨県まで行くので、ダムだけではと思い「うらさん日帰りツアー」なるものを企画して行ってきました。

中村農場 → 大門ダム → アジア屋台ごはん五五吉食堂

この3部作で山梨県レポートをお届けします。

中村農場のレポートはこちら!
https://mrs.living.jp/tama/town_gourmet/reporter/3581638

アジア屋台ごはん五五吉食堂のレポートはこちら!
https://mrs.living.jp/tama/town_gourmet/reporter/3581535

山梨県が管理するダムは6つ!

山梨県のホームページにアクセスしたら、ビックリ!なんと、山梨県が管理するダムが6つもありました。ダムの知識がなく、初ダム見学を試みる私はどこをどう比較して、何を基準に選んだら良いのか全くわかりません。

・広瀬ダム
・荒川ダム
・大門ダム
・塩川ダム
・深城ダム
・琴川ダム

名前で選ぶ?大きさ?どうしようかと悩みましたが、アクセスの良さ重視で選ぶことにしました・・・が、これは私がなんとなく行きやすいのでは?という、ふんわりとした感覚基準でダムをチョイス!

そこで決まったのが、「大門ダム」でした!!

IMG_5759

見学には、予約が必須!

見学したいダムが決まったところで、さっそく大門ダムの管理事務所に予約の電話をしました。日時を伝えて、確認してもらったら希望日OK♪

大門ダムのホームページにある、見学申込書を送ります。これにて正式予約となるので、受話器を置いたあと、すぐに見学申込書を送りました。

ダム見学には、予約が必須となっています。2週間前までには、予約をしてくださいとのことです。

あとは、ダム見学当日を待つばかり。楽しみで楽しみで待ち遠しくて仕方がありません。

大門ダムへのアクセス

大門ダムは、中央自動車道の「須玉インター」から約20分のところにあります。

須玉インターを降りて、国道141号を清里方面へ進みます。進み続けること約15分、長沢の信号から300mほど車を走らせたところに見えてくるのが、大門ダムと書かれた案内板です。
案内板が見えたら、あとはそれに従って進んで行きましょう。

さぁさぁ見えてきました、大門ダムが!

IMG_5763

駐車場があるので、そこに車を停めてダムを見てみました。

広い、大きい、足がすくむ!!の三拍子そろった大門ダムを前に大興奮です。

そして、管理事務所までの急な階段を見上げて、「ここを登るのか・・・。」と一抹の不安を覚えながら、階段の下まで行くと「あれれっ?」門にカギがかかっています。

IMG_5761

「あっ、そうだったのか。」管理事務所まで、車で行けるようになっています。
大きすぎる大門ダムを目の前にして、気持ちが前のめりになってしまいました。

気を取り直して、大門ダムの管理事務所まで車を走らせます。

*多摩地区から、車で行くと2時間30分前後かかると思います。途中休憩ができるように時間に余裕を持って出発することをオススメします。

大門ダムの管理事務所へ!

予約時間の5分ほど前に管理事務所へ到着しました。スリッパに履き替えて、ダムの模型を見ていると係の方が来てくださいました。

IMG_5767

「2Fで少し説明をしてから、実際にダムの地下を歩いてみましょう。」とのことです。

2Fにあがり、「こちらです。」と通されたところは、なんと制御室!!「きゃー制御室に入れるんですか?」と大興奮。

大門ダムが一望できて、眺めは最高♪モニターに映る水面や、その周りにあるたくさんのボタンの数々。「アムロ、行きまーす。」と、ついつい言いたくなってしまうほどに、テンションあがりました。

お話は、大門ダムの特徴や役割。そして、モニターにダムの水面アップの映像を映しながらなんのためにこうなっているかなどを、ダム知識ゼロの私でもわかるように、とても丁寧に説明をしてくださいました。

いよいよ、ダム地下見学!

制御室での説明を受けたあとは、いよいよダム地下見学です。車に乗り込み、ダムの近くへ移動します。(先ほど、私が車を停めてしまった場所が移動先でした。)

ヘルメットを貸してもらい、ダムの内部へ潜入します。「あぁ階段が急で、コワイ。」と思いながら、下へ下へ降りて行きます。

IMG_5773

足がすくむほどの迫力です。

IMG_5768

そして、ダムの地下通路まで、とにかく階段を降り続けます。

やっとの思い(運動不足が響きました)で、階段を降りきりました。外は猛暑なのに、ダムの中はヒンヤリとしていてとても気持ちが良いです。と、思ったのも束の間。地下通路を歩き、ダムを横断して反対側へ行かなくてはいけません。

そうです、それは今階段を降りてきた分、上へ行かなければいけないということ。今度は、なだらかな上り坂を進みます。途中で地下通路にある説明書きを見ながら「今、どのくらいのところを歩いています。」と教えてくれます。

IMG_8199

なだらかだと思っていた上り坂が、急な階段を上るようになり、もうヒンヤリ感が霞んでしまうほど、暑くてハァハァ言いながら坂を上りました。

IMG_8196

もう少しで、地上へ上がれるというところで野生のコウモリを発見!!

ダム内部の天井にぶら下がっていると可愛らしいのに、こっちに飛んで来たら「ひゃー。」と怯える始末。

人工的なダムと野生のコウモリとの対比に、なんとも言えない感じがしました。

そして、地上へ!

坂道を上り終え、地上へ。太陽の光が眩しく、鳥の鳴き声が聞こえて地上の雄大さにジーンと感動してしまいました。

車を停めたところまで、ダムの周りをグルリと半周ほどして戻ります。そこまでの道のりでも、係の方がダムについて色々と教えてくださいました。

IMG_5760

ダムの壁に水の跡がついているのが見えました。「水は減っているんですか?」と伺ったところ、「雨は降っていたけど、まとまった雨ではなかったので、溜まらないんですよね。」とのことでした。

7月中旬くらいからずっと雨が降っていたので、水量は十分かと思っていました。でも、ダムの水量は減っていて、満タン時の水の跡が見えてしまっているのが衝撃でした。

そして、水道をひねれば当たり前のように水が出てくることに慣れすぎてしまっている自分にショックを受けました。水不足になってから節水を心がけるのではなく、普段からの生活で節水を心がけて水を大切に使わなくてはいけないなと思いました。

IMG_5762

ダム地下通路を歩きダムの外周を歩き、ダムの大きさ、深さを感じたら、悩んでいたことがチッポケに思えて、清々しい気持ちになっていました。とても有意義なダム見学でした。

ダム見学楽しいです!

ダムの下までエレベーターで移動できるところもあるようですが、初めてのダム見学、階段を降りて、坂道を上って良かったと思っています。
ただ翌日、太ももが筋肉痛となり、座ったり立ったりがメチャ辛かったですが・・・。

今度、ダム見学に行く際にはもう少し重装備にして以下の3点を注意して行こうと思います。
地下通路が濡れていることもあるので、水に強く滑らない靴が◎。
階段を降りるときに踏んだり、濡れてしまうこともあるので、スカートではない方が◎。
階段の手すりなどが濡れていることがあるので、軍手があると◎。

あっダムカードも頂いて、素敵な思い出が増えました。

大門ダム
住所:山梨県北杜市高根町清里3654-7
アクセス:中央自動車道「須玉インター」車で約20分
電話:0551-47-3799
FAX:0551-47-3796
e-mail:dam-dmskkn@pref.yamanashi.lg.jp
ホームページ:https://www.pref.yamanashi.jp/dam-dmskkn/toppage.html

 

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

この記事を書いた人特派員No. 662 うらさん
楽しいことと美味しいものを追い求め地元界隈を日夜探索中。

同じジャンルの記事を読む

この記事が気に入ったら公式アカウントをぜひフォローしてね。おすすめ記事をダイジェストでお届けします。

人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 街のイベント・レジャー
  3. その他のイベント・レジャー, 体験・工場見学
  4. ダム見学で水の重要性を再確認!山梨・大門ダム

特派員メンバー

  • 国立 はぴすぽ
    特派員No.043国立 はぴすぽ
  • あゆママ
    特派員No.292あゆママ
    新しいお店を知ったらとにかく行ってみたくなっちゃう好奇心旺盛ママです!
  • はるる
    特派員No.330はるる
    笑顔で毎日をすごしたい!
  • くるくるりん
    特派員No.404くるくるりん
    生まれ育った“多摩”が大好き
  • レディババ
    特派員No.405レディババ
    大人の魅力で迫ります!
  • へちまエンジン
    特派員No.438へちまエンジン
    行ったお店のアレルギー対応をご紹介!
  • りさちゃん
    特派員No.443りさちゃん
    私なりの視点で発信していきたいです♪
  • すずふみ
    特派員No.661すずふみ
    パン屋巡りが大好き!
  • うらさん
    特派員No.662うらさん
    和洋中にエスニックどれも大好き
  • kazumi
    特派員No.664kazumi
    西多摩エリアが得意です♪
  • Harun3
    特派員No.666Harun3
    旅行とわんこが大好き
  • あやか
    特派員No.849あやか
    食べることが大好きです!
  • PocoaPoco
    特派員No.850PocoaPoco
    パンに魅了されています?
  • うぉーきんぐ
    特派員No.851うぉーきんぐ
    おいしいもの、たのしいことが大好きです!
  • あゆみず
    特派員No.852あゆみず
    街角の小さなお店が大好きです
  • ノブリン
    特派員No.853ノブリン
    美味しく癒される場所が大好きです
  • さくしほ
    特派員No.854さくしほ
    地元民目線で多摩の魅力をお伝えします!
  • Yakuzen Lover
    特派員No.855Yakuzen Lover
    ちょっとお洒落でまた行きたくなるカフェやレストランなどをご紹介して行きま。また食材ショッなどもチェッ