1. 多摩トップ
  2. 多摩:編集部スタッフブログ
  3. 週末はBリーグ観戦へ!

週末はBリーグ観戦へ!

2019/11/29

ふじっこ
ふじっこ

 「アルバルク東京」が「アリーナ立川立飛」をホームとして使用するようになってから早2年。バスケ観戦を地元で気軽に楽しめるようになって、バスケ好きとしてはうれしい限り。Bリーグチャンピオンシップ2連覇中の同チームは、今シーズンも大健闘中。ということで、先日の台風で延期になっていた、東地区で首位争い中の「渋谷サンロッカーズ」とのゲーム観戦に行ってきました!

 開場は試合開始約2時間前ですが、週末はいつも長蛇の列。見やすい席を取るため、開場前に並びましたが、注目の試合とだけあって自由席はすでに残り少なく、見切れ席ギリギリのところに席を確保。

IMG_1348

 アルバルクカラーで統一されたアリーナ内。対戦相手が同じ東京内のチームのためか、イエローのTシャツで統一された対戦チームの応援も多くてテンションが上がります。

IMG_1337
 試合開始前は会場外の食べ物&グッズをチェック。いつものミスドや3人制プロバスケチーム「立川ダイス」のフードブース、ユニフォーム販売などのブースが並びます。
 今回のイチオシは「スラムダンク」の著者、井上雄彦さんと地元福永紙工がコラボした「イノウエバッジ店」による桜木花道バッジ。子供にせがまれたものの、すぐなくすし…と早々立ち去ってしまったのですが、スラムダンク好きの息子のためにもやっぱり買えばよかったかもとあとで後悔。

IMG_1339

 ウエルカムボードもかわいくて思わずパチリ。

IMG_1346

 今回の試合は日野自動車がスポンサーということで、チームマスコットのルークに加え、日野自動車のコトラちゃんも試合前に登場。バスケ観戦のみならず、トータルにイベントとして楽しめるのがBリーグの楽しさ。

 試合はホームの応援の力も後押しになったのか、アルバルク東京が勝利。そしてお土産には「ヒノニトン」ロゴ入りTシャツまで!

IMG_1352

 2022-23シーズンには代々木第一体育館にホームが移ることが決定しているアルバルク東京。代々木第一体育館は1万3000人規模の大きな施設のようで、3000人収容のアリーナ立川立飛とはかなりのスケール差があります。

 自由席でもこんなに近くで迫力ある戦いを見られるのは、きっと今のアリーナならでは!だと思いますので、ぜひこの機会を見逃さずに応援に行きませんか?

ふじっこ
ふじっこ



人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 多摩:編集部スタッフブログ
  3. 週末はBリーグ観戦へ!

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2019年12月13日号

電子ブックを読む



会員登録・変更