1. 多摩トップ
  2. 甘味婦人のスイーツ手帖

カテゴリー

プロフィール

  • 甘味婦人

    甘味婦人

    多摩のお菓子に魅せられて・・。
    10年間、駅前から路地裏まで甘い散歩を日課にしております。

    情報に踊らされず、訪れたお店の隠れた名品を見つけるのがモットー。

    おやつ案内人
    読売新聞・雑誌・各種メディアにて記事執筆、コメント掲載。
    『純喫茶スイーツ手帖』コラム執筆。

最新記事

最新コメント

「日本で1%の食パン」って?話題の食パンを実食

2019/8/20

1%パン03

朝いちばんに、聖蹟桜ヶ丘のパティスリー&ブーランジェリー「toitoitoi」に伺いました。
朝からスイーツ?
いえいえ、こちらは焼きたてのパンもとっても美味しくて人気なんです。
下高シェフは、パークハイアット東京、銀座菓楽、ドミニクアンセルベーカリーにてエグゼクティブシェフを務められた御方。
マスコミでも話題のパンを次々生み出した技術で
素材にこだわる極上食パンを誕生させました。

1%パン02

日本で1%しか飼育されていない、とっても貴重なジャージ―牛の生クリームがたっぷり入っています。

まずは、何もつけずそのまま厚切りで。
4枚切りくらいの厚さがおすすめだそう。

耳までやわらかで、ナイフを入れた瞬間から雲を切っているよう。
ふわふわしっとり。ミルキーな香りもふわり。

ついつい食べ過ぎてしまうので、もう一枚はトーストに。
クラスト(耳)はサクリと軽やかで香ばしく、クラム(中)はもっちり。
家のリビングにいるのに、高級ホテルで朝食をいただいてる気分♪

テレビでも紹介された話題の食パン。
確実にゲットしたいなら予約がおすすめですよ♪

1%パン01

パティスリー/ブーランジェリー トイトイトイ(toitoitoi)
住所:東京都多摩市関戸4-23-2
電話:042-319-6687
定休日: 不定休(要確認)https://www.toitoitoi-seiseki.com/
営業時間:10:00~20:00

| コメント (0)

永山の焼き菓子カフェ COFFEE 「PARLOR」

2019/7/31

マフィン6

外壁の白と黒のコントラストが印象的な
永山『TAMA tumuji WERKS.』 というモダンな理美容室。
小さなサインポールの他に、COFFEEの看板がひっそり。

サロン内で飲むのかな?と、ちょっと覗いてもその気配はなし。
お店を通り過ぎると、裏口に秘密基地のような扉がある。
導かれるままずんずん奥に。

マフィン5

無機質な扉がタダモノでない雰囲気。
少し勇気を出して白い扉をゆっくり開けた。

マフィン1

ゆっくり押し開くと、

まるで別世界に迷い込んだような素敵カフェが。

『PARLOR』は、昨年3月にオープン。
ヘアサロンで提供していたコーヒーを更に美味しく極めるため、バックヤードをカフェに改装したそう。

新潟「ナカムラロースターS」の豆を使用したコーヒーやエスプレッソの他、奥多摩で醸造された「VARTERE」のクラフトビールなど、スタイルを感じるドリンクメニューも豊富。
コーヒーはフレンチプレスかハンドドリップも選べます。

マフィン4

焼き菓子好きの店主さんが、食べ歩きを重ねる中で髄一と賞賛する初台「サンデーベイクショップ」の焼き菓子と富ヶ谷のポルトガル菓子専門店「ナタ・デ・クリスチアノ」のパステルデナタ(エッグタルト)を独学で研究し、PARLORらしいエッグタルトや焼き菓子を製作。

日によって並ぶお菓子は変わるので、何に出会えるか運しだい。
訪れる楽しみが膨らみますね。
人気のエッグタルトは、お客様からのリクエストも多いそうです。

マフィン3
バターソルト マフィン(350円)

オーブンで焼きっぱなしのケーキは
生地の美味しさや質感、素材の取り合わせのセンスが問われる難しいおやつ。

訪れた日は、マフィン2種・ミックスナッツ・ショートブレッドが並んでいました。
私は定番のバターソルトマフィンをセレクト。
トップに飾られた白い塊は、パールシュガーだそう!
粒状のパールシュガーをのせて焼くと、サクっと独特の食感がプラスされるのですね。

マフィン2

なんと、断面は二層に。下はほんのり塩味なの。
トッピングのシュガーからソルト生地まで
甘みのグラデーションと生地の旨みに感動しました。

隠れ家カフェと美味しいお菓子、幸せの二重奏。
次はどんな焼き菓子に出会えるだろう。
またこちらでご報告したいと思います。

PARLOR
住所:東京都多摩市諏訪1-9-4
電話:042-400-1393
定休日:火・水曜

営業時間:10:00~18:00

| コメント (0)

7月25日はカキ氷の日!toitoitoiのみずみずしい白桃の天然氷 

2019/7/25

トイトイトイ(カキ氷)

7月25日は「カキ氷の日」♪(日本かき氷協会が制定した記念日)
カキ氷の別名・夏氷の語呂合わせで、“な(7)・つ(2)・ご(5)おり”。
覚えやすいですね(^^)

この時期になるとカキ氷が食べられるパティスリーも増えてきましたよね。
私が毎年楽しみにしている聖蹟桜ヶ丘のパティスリー「toitoitoi(トイトイトイ)」のデザートカキ氷はとくにおすすめ♪
ショートケーキやモンブラン等のケーキかき氷やフレッシュフルーツをたっぷり使ったフルーツカキ氷まで多彩なメニューが揃っています。

南アルプス・八ヶ岳の天然氷屋 蔵元八義(やつよしから取り寄せた天然氷をふわふわに削り、フレッシュな白桃と、完熟白桃をうらごししたソースをとろり。
みずみずしい桃の甘みが爽やかにひろがります。

白桃カキ氷は7月末まで。
涼しい店内で美味しく召し上がれますよ(^.^)

パティスリー/ブーランジェリー トイトイトイ(toitoitoi)
住所:東京都多摩市関戸4-23-2
電話:042-319-6687
定休日: 不定休(要確認)https://www.toitoitoi-seiseki.com/
営業時間:10:00~20:00

| コメント (0)

国立の梅が底に・・谷保天満宮の丸池ゼリー

2019/6/30

白十字3

前回、白十字のパフェを堪能したあと、彩り鮮やかなケーキも欲しくなりショーケースへ向かうと・・。
ちょうどその日が割引サービスの「ケーキの日」でした。

白十字2

毎月25・26日はケーキの日。10%OFF♡

昭和テイストのモンブランも気になります♪

白十字4

梅ゼリー (330円) 

国立産の梅が入った梅ゼリー。
谷保天満宮の御利益もありそう。

ドームゼリーを池に見立て、鯉が泳いで涼やか。
ふっくら大きい小豆は岩かしら。風雅なゼリーですね。

| コメント (0)

6月28日はパフェの日♪ 国立のレトロ可愛いチョコレートパフェ

2019/6/26

6月28日はパフェの日ということで、
喫茶パフェの聖地・国立「白十字」へ♪

パフェの日の由来は、パフェというの名前の由来にも通じる
「パーフェクト」からきています。
巨人の選手が日本のプロ野球史上初の完全試合(パーフェクトゲーム)を達成した日(1950年6月28日)にちなんで制定されたそう。
スポーツ界の偉業がスイーツと結びつくなんてちょっと素敵。

パフェ4

シャンデリア灯るマダムたちの憩の場。
ここは国立「白十字」。

パフェ2
チョコレートパフェ(750円)

パーフェクト!とうなるチョコレートパフェが運ばれてきました。

レトロ可愛いビジュアル、屈曲したパフェスプーン、
新鮮バナナ、コーンフレークが中段層にある構成の妙。
全てがパフェマニアの心をくすぐります。

パフェ1

クロスしたポッキーが映えますね♪
洋菓子店ならではの上質素材が、チョコレートパフェを更にグレードアップ。
甘さ控えめの生クリーム、絶妙な甘さを有した新鮮バナナ、しっかり冷やし固められた濃厚チョコレートアイス、コーンフレーク、シロップ漬けのミックスフルーツ各々の個性と美味しさが際立っています。

チョコレートアイスとバナナの濃厚な甘みを堪能したあと、
甘酸っぱいフルーツと途中でジョイン。
フルーティーな後味で口のなかもすっきりします。

すべてが完璧。
優雅な空間でいただくパーフェクトな喫茶パフェでした♪

白十字(南口本店)
住所:東京都国立市中1-9-43
電話:042-572-0416
定休日:無
営業時間:9時~21時・日祝は20時まで
     (L.O.20時、日祝L.O.は19時)

| コメント (0)

高幡不動フジウのカラフルなアントルメ「グラースの風」

2019/6/14

フジウ3

「グラースの風」(1340円)

さっぱりしたヨーグルトムースの中に、キューブ状のフルーツムース3種、甘酸っぱいフランボワーズジュレをアクセントにちらしたパステルカラーの可愛いケーキです。

南仏グラースは世界的に有名な香水の都。
5月~7月にかけてバラやジャスミン、ラベンダーなど香水の原料となる花々が咲き誇るそう。

美しい花々の香りをのせたグラースの風、
フジウでは甘酸っぱいフルーティーな風が口のなかでふわりとそよぎます。

ちょうどこの日は家族のバースデー。
肉料理後のデザートに・・と選んだ小さめサイズの爽やかアントルメが大好評。 ヨーグルト系のさっぱりした甘さは、父の日のお祝いにも喜ばれるかもしれませんね。

パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ
住所:東京都日野市高幡17-8
電 話:042-591-0121
営業時間:9時~20時

京王線・多摩モノレール 高幡不動駅下車徒歩1分

| コメント (0)

ビューティフルプリン「coffee and bake douceur」

2019/5/25

ドゥスールプリン8

前から気になって仕方なかった素敵カフェ
分倍河原「coffee and bake douceur
中目黒の超有名カフェ(カフェファソン)で修行された店主さんが、真心こめて淹れたくださるハンドドリップのスペシャリティコーヒーと赤玉子を使用したこっくり濃いドゥスール プリンで一息。

店内でいただくと、笠雲のようなふんわり軽やかな生クリームをのせてくれますよ♪

douceurプリン 430円
シングルオリジンコーヒー(コスタリカ) 450円

 

ドゥスールプリン1

ホワイト基調のウッディで温かみのあるインテリア。
スモーキーカラーに彩られた木を組み合わせた窓枠のデザインがフォーカルポイント♪

ドゥスールプリン7

バニラチーズケーキ (430円)

コーヒーにこだわるカフェは
チーズケーキも美味しいですよね。

人気のバニラチーズケーキは、
どっしり濃いチーズの風格高らか。
と、フォークを入れるとあら不思議。
舌にまとわり儚く消える 魔性のベイクドチーズケーキです♡

支える土台は胡桃入りのクランブル生地。ホロリしっとり香ばしく。
複雑で只者でない奥行きを生み出しています。

 

ドゥスールプリン5

お昼限定の、自家製あんたっぷりの『あんバタートースト』も極厚でおすすめだそう。
機会を見つけて、また伺わなきゃ♪

お店は分倍河原駅より徒歩5~6分ほど。
甲州街道沿い・スーパーいなげやの目の前です。

coffee and bake douceur(コーヒー&ベイク ドゥスール)
住所:東京都府中市美好町3-12-58 K151A 1F
電話:042-306-9795
営業時間:月・水~日 12:00~20:00
定休日:毎週火曜日

※ドリンク・スイーツはテイクアウトOKの品もあり(要確認)

| コメント (0)

知る人ぞ知る甘納豆専門店『甘露納豆 みツ橋』甘露な一粒は八王子にあり

2019/5/16

知る人ぞ知る、甘納豆専門店「甘露納豆 みツ橋」。
都内で甘納豆専門店というだけでも珍しいですが、
この味を求めて遠方より甘味通の方々が訪れる有名店です。

八王子高校と線路挟んだ斜め前にあるので、
ナビを頼りに車で訪れました。(駐車場は近隣のコインPを利用)

駅から離れた住宅街に突如あらわれる看板。
老舗の風格を醸す控えめな看板と、細い脇道誘う店舗へ続くアプローチ。 まさに隠れ家。気分も高揚します。

暖簾の奥が工房になっておりまして、
入口で注文すると、その場で袋詰めして各100g単位で販売してくれます。

甘露納豆2

<5種類> (2019年10月に価格改定の予定)
お多福豆・大納言あずき・白花豆・うずら豆・うぐいす豆
<袋入り>
各種100g→300円、200g→500円、300g→700円
<箱>(グラムによって価格が違います)※要確認
2種類→5種類のうちお好きな豆を2種選べます
3種類→大納言小豆・白花豆・お多福豆
5種類→大納言小豆・白花豆・お多福豆・うぐいす豆・うずら豆

配送可(ゆうパック)

手造りのため賞味期限は夏季3~5日・冬季5~7日と少なめ。
でも、それが信頼の証ですね。

甘露納豆3

ふわっとほどけ、ほどよくしっとりした口当たり。
皮もやわらかく、控えめで優しい甘さがひろがります。
こちらは豆本来の風味が引き立つ絶妙な砂糖のまぶし方で、次から次へとつまむ手がとまらないのです。

こんなに上品な甘納豆は久しぶり。

お口の肥えた甘味通の方への贈り物にしたいな。

甘露納豆4

袋に書いてある通り、八王子を代表する「かくれた味」。
名品とは、ひかえめな場所にあるものですね。

甘露納豆 みツ橋
住所:東京都八王子市追分町1-4
電話:042-622-1922
定休日:日曜・8月中
駐車場:なし(近隣にコインPあり)

| コメント (0)

府中駅前おやつ散歩

2019/4/25

府中でみつけた大きいおやつ小さいおやつ。

府中1

見てみて!顔が隠れるほど大きいよー!

と、顔にメロンパンを近付けてニッコリ。

「隠れてないよ」

息子の冷たい一言に、
横にいた見知らぬ若いお兄さんの背中がひくひくw
チッ 正直な奴らだ。
(奥のカレーパンは普通サイズです)

私の顔は隠しきれないけど、
とてつもなく大きなメロンパンは
さくさくふんわり。

ぷらりと京王府中2F『京王ストアエクスプレス府中』にて
運がよければ出会えるかもしれません♪

府中2

こちらは、高品質&高級食品を扱う 伊勢丹府中店B1F
『クイーンズ伊勢丹グランデ』で見つけた小さな小さなオリジナルマドレーヌ。

ひとくちサイズ&昔ながらのカップケーキ風スタイルですが、
中身はアーモンドプードルを贅沢に使用した本格派。
バターリッチではないけれど、ほどよくしっとりと薫り高き逸品です。
お値段もビックリするほど安いので、たくさん買ってパーティーに活用したいですね。

| コメント (0)

焼きたてのクリームチーズあんが絶品♪高幡不動尊門前のたい焼き店『橘屋』

2019/4/15

たいやき7

桜も終わり、これから新緑の季節到来ですね。
四季折々の花木が美しい高幡不動尊金剛寺は、新撰組の副長・土方歳三の菩提寺であり、今年は土方歳三没後150年。カメラ片手に訪れる若い女性や外国人が増えて参道も賑わっています。

参拝後、足を休めてほっと一息したい

門前でひときわ目立つ“たいやき”のピンク華やかな布看板。
東屋風の日本家屋と素朴な長椅子は、
参道のお休み処らしい佇まい。

たいやき6

鯛焼きのメニューは3種類(4月現在)。
あずき(170円)
カスタード(170円)
クリームチーズあん(210円)

迷って2つ。あずきとクリームチーズあんを注文。
「3分ほど時間がかかります」
注文後、焼きたて提供してくれるそう。嬉しいな♪

しかし焼き場は一丁焼きではなく一度に何個も焼ける養殖ものといわれる金型。もしやわざわざ私一人の注文のために2個だけ焼いてくださるのか・・・。恐縮しつつ席につく。

「お茶入りますか?」店主の細やかな心遣いに甘えて
熱いお茶を飲みつつ待つこと数分。

たいやき2

美しい鱗の陰影、尾ひれ背びれの躍動感、
何より、ぷっくりふくらんだクチビルの愛らしい顔。

皮はパリっと薄く、ずっしり重い。
これは期待できる。

たいやき3

北海道産小豆のみずみずしい粒餡は、つややかで絶妙な甘さ。
自家製餡ではありませんが、特別に「橘屋」さん特注のオリジナルあずき餡をつくってもらっているそう。

尻尾まで贅沢に、たっぷり入っています♪

 

たいやき4

さて、同じ見た目ですが・・中身はいったい何でしょう?

たいやき5

正解は、クリームチーズ×粒餡 でした♪

ミルキーなクリームチーズがとろ~り
粒あんの甘みとチーズの酸味がこれほどまでに合うなんて♡

焼きたてアツアツだからこそ、
皮がパンっとはった状態でパリとろの食感を楽しめます。

たいやき1
お不動さん門前の鯛、縁起の良いお土産になりそうですね。

橘屋
住所:東京都日野市高幡1-6
電話:非公開
詳細は公式ツイッター参照

https://twitter.com/takahatataiyaki

| コメント (0)

  1. 多摩トップ
  2. 甘味婦人のスイーツ手帖


会員登録・変更