1. 多摩トップ
  2. 甘味婦人のスイーツ手帖
  3. 純喫茶スイーツ手帖
  4. 【第15回】 『銀ブラ』という言葉の本当の真実とは・・

カテゴリー

プロフィール

  • 甘味婦人

    甘味婦人

    多摩のお菓子に魅せられて・・。
    10年間、駅前から路地裏まで甘い散歩を日課にしております。

    情報に踊らされず、訪れたお店の隠れた名品を見つけるのがモットー。

    おやつ案内人
    読売新聞・雑誌・各種メディアにて記事執筆、コメント掲載。
    『純喫茶スイーツ手帖』コラム執筆。

最新記事

最新コメント

【第15回】 『銀ブラ』という言葉の本当の真実とは・・

2014/7/7

【純喫茶手帖15ページ目】

パウリスタ1

現存する日本最古の喫茶店の一つとして挙げられるのが
銀座にあります明治43年創業の『カフェーパウリスタ』。

創業者は明治中期ブラジル移民政策に協力した水野龍氏。
サンパウロ州政庁が日本におけるブラジルコーヒーの普及事業を
水野氏に委託し、大隈重信の支援を受け銀座六丁目(現在の交詢社そば)にカフェーを開いたのが「パウリスタ」の始まりでした。

当時、コーヒーの値段は1杯5銭、
ドーナツやフレンチトースト、数種類のサンドイッチもメニューにありました。
今とさほど形態は変わりませんね。
パウリスタは庶民派の喫茶店として、学生や文化人に愛されてきました。
その常連客には菊池寛や久米正雄、芥川龍之介、画家の藤田藤田 嗣治など
時代の先端をいく人物がここを訪れており、
パウリスタこそが若者の憧れの地でありました。
(近年では、ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻も常連だったそう)

そう、私達が日頃つかっている「銀ブラ」という言葉、
諸説ありますが「銀座をブラブラ歩く」ではなく
銀座でパウリスタのブラジルコーヒーを飲む…が「銀ブラ」の語源とも言われています。
大正時代の慶応大学の学生が名付けた新語だそうです。

やはり言葉は若者がつくるのですね。

パウリスタはポルトガル語で「サンパウロっ子」の意味で
現在の店舗は昭和45年に銀座8丁目中央通りに建てられました。
コーヒーカップやスプーンも当時のものを復元、
ヨーロッパ調の内装も当時の面影を残しているそうです。

では、店内へ入りましょう。
メニューをみて驚きました。スイーツの種類がとても多い!
ザッハトルテやモンブラン、オペラ等のケーキをはじめ、
パフェやアフォガードや珈琲ゼリーなどといった自慢の珈琲を使用したスイーツまで。

パウリスタ2

長時間迷った挙句、私が選んだのは
森のコーヒーブレンドを使用した
森のコーヒーゼリー

加糖なしのすっきりした苦味が特徴。
お好みで、別添えのシロップで甘さを、無糖ホイップでコクをプラス。
もっちりとした弾力あるゼリーは食べごたえ十分です。

パウリスタ4

店を出る前に必ず
銀ブラ証明書」を発行してもらいましょうね(^-^)
「あなたは 本日、銀ブラを楽しんだ事を証明します」
そう書かれた粋なスタンプカードを手にし、
モボ・モガ気分を味わってみてはいかがでしょう。


※7/22(火)~8/21(木)まで(1F)工事のため休業。
新規オープン 8/22(金)12時開店
2Fは9/12まで工事中。

カフェーパウリスタ
東京都中央区銀座8-9 長崎センタービル1F
03-3572-6160
年中無休(年末年始除く)

コメント
  1. STARさま 10月にもコメントをいただいていたのに気付かず申し訳ありませんでした。 明治創業の件は本文にも記載しておりますが、 福沢諭吉のお誕生日に開業したというお話は存じ上げませんでした。 いろいろ歴史をたどってみるのは興味深いことですね。コメントありがとうございました!

    甘味婦人2018/02/13

  2.   銀座パウリスタの創業者、水野龍が慶応在学中に福沢 諭吉の講義に感銘し、日本人のブラジル移民事業に一生を 捧げたわけですが、福沢諭吉のお誕生日にブラジル珈琲の パウリスタを開業したと聞いたことがあります。

    STAR2018/02/11

  3. 「銀ブラ」の語源は、銀座のカフエーパウリスタで ブラジルコーヒーを飲むことで、大正時代の慶応の 学生達たちが作った新語とありますが、慶応の創始者 福沢諭吉のお誕生日の12月12日にカフエーパウリスタ が銀座に開店したと聞いた事があります。

    STAR☆2017/10/25

  4. >しーちゃん コメントありがとうございます♪ 私も毎朝観ながら、まさにあの頃の!とワクワクしています。

    甘味婦人2014/07/14

  5. 私も急がねば!ところで、今週のアンと花子でも銀ブラのこと説明してたよ。まさにぴったりな内容ね♪

    しーちゃん2014/07/12

  6. >モカさん 銀座も外資系店舗に占領されて老舗が少なくなってきました。 パウリスタはずっと残っていて欲しいです。 コーヒーゼリーはスッキリとした大人の味わいですよ。

    甘味婦人2014/07/11

  7. >マロンさん コメントありがとうございます。 銀ぶらの「ぶら」が「ブラ」だったという事実。歴史は面白いです。 証明書をもらうだけで、なんだか銀座通になれた気もしますよね♪

    甘味婦人2014/07/11

  8. >たまのりさん コメントありがとうございます! 少々マニアックな内容(笑)に癒されてくださったなんて嬉しいです♪ 銀ブラ証明書ぜひもらってみてくださいね。 実は・・パウリスタは平塚雷鳥や与謝野晶子が所属した「青踏」派のたまり場であり、 ブルーストッキング(女性の自立という解放の象徴)を履いてブラジルコーヒーを飲んでいました。 それに因み、青いストッキングをはいて店長にチラっと見せると、珈琲代が無料になるそうですよ。 私はまだ試していないのですが^^。

    甘味婦人2014/07/11

  9. 本当の意味で「銀ブラ」する為に行きたいお店ですね♪ 森のコーヒーゼリーも美味しそうです。

    モカ2014/07/07

  10. 銀ブラの語源、今まで勘違いしていました❗️ 銀ブラ証明書が欲しいです(^^)

    マロン2014/07/07



人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 甘味婦人のスイーツ手帖
  3. 純喫茶スイーツ手帖
  4. 【第15回】 『銀ブラ』という言葉の本当の真実とは・・


会員登録・変更