1. 多摩トップ
  2. 甘味婦人のスイーツ手帖
  3. テニスとパンと立川と

カテゴリー

プロフィール

  • 甘味婦人

    甘味婦人

    多摩のお菓子に魅せられて・・。
    10年間、駅前から路地裏まで甘い散歩を日課にしております。

    情報に踊らされず、訪れたお店の隠れた名品を見つけるのがモットー。

    おやつ案内人
    読売新聞・雑誌・各種メディアにて記事執筆、コメント掲載。
    『純喫茶スイーツ手帖』コラム執筆。

最新記事

最新コメント

テニスとパンと立川と

2018/9/25

東レ

ここ数週間、大阪なおみちゃんフィーバーで立川が一気に注目されましたね。全米オープン優勝してから日を置かず日本でまたまた快進撃。さぞかしお疲れの中、準優勝はすごいです。

初日朝、たまたま某ホテルの前を通ったら、カメラを構えた人がチラホラいらっしゃるではありませんか。
しかも送迎用のポルシェが何台も並んでいる光景は滅多にお目にかかれません。
もしや…と興味本位で聞いたらビンゴ!
女子テニス世界ランキング上位選手達と遭遇できて(一緒に撮れて)ラッキーでした。

特に興奮したのは大坂ナオミ選手のお爺ちゃん♪
イタリア紳士のようなスーツの着こなしで貫禄ありました。

某テレビ局のスタッフさんが、ナオミちゃんの写真が撮れたらインタビューさせてくれと、私を含め数名に声をかけていましたが、結局ナオミちゃんは地下から車に乗ってホテルを出た模様。

インタビューは幻に終わりました(笑)

と、成り行きで出待ち体験をした後、
本来の目的であるデパ地下へ。

グラーティア1

<立川高島屋>
見事な焼き色で、見るからにサックリ美味しそうなパンがずらりと並んでいます。

ここは、どこのパンかしら?

グラーティア3

最寄は西国立駅の「パン工房グラーティア」さんでした。

毎月第3水曜日の正午~の限定販売!
超レアなタイミングで遭遇できたなんて、
今日の私、もってるじゃん!と心のなかでガッツポーズ。

グラーティア2
お店イチオシのカンパーニュも惹かれたのですが、
お初のお店ではいつも角食&クリームパンをお試しに購入するので、今回も流儀通りに指名買い。

全粒粉入りの角食、ずっしり重い!
角食はバターでなく太白ゴマ油使用とのこと。
他に自家製酵母、国産小麦&全粒粉、洗双糖、シママース(塩)など、こだわり素材を丁寧に仕込んでふっくら焼き上げた食パンです。

焼き菓子もそうなのですが、太白ごま油を使用すると外側の食感がザックリパリっととても香ばしいのが特徴。
トーストすると、ミミはパリっと軽やかに、中はもちっとボリュームがあります。噛みしめると豊かな香りが鼻に抜けますね。

グラーティア5

切れ目が浅いグローブ型のクリームパン。
こんもりと、ふっくらと、可愛いらしいルックスです。

グラーティア6

ぽってりやわらかな自家製カスタードクリームは、
たまごとミルク本来の味わいがまろやかに広がります。

シンプルでいいなぁ。
素材勝負の無添加パン。
次回はぜひお店に伺おう。

パン工房 グラーティア
住所:東京都立川市錦町4-4-5
営業時間:11:00-19:00
定休日 水・木



人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 甘味婦人のスイーツ手帖
  3. テニスとパンと立川と


会員登録・変更