1. 多摩トップ
  2. 甘味婦人のスイーツ手帖
  3. みずみずしい芋菓子に心ほぐれて

カテゴリー

プロフィール

  • 甘味婦人

    甘味婦人

    多摩のお菓子に魅せられて・・。
    10年間、駅前から路地裏まで甘い散歩を日課にしております。

    情報に踊らされず、訪れたお店の隠れた名品を見つけるのがモットー。

    おやつ案内人
    読売新聞・雑誌・各種メディアにて記事執筆、コメント掲載。
    『純喫茶スイーツ手帖』コラム執筆。

最新記事

最新コメント

みずみずしい芋菓子に心ほぐれて

2019/2/15

バレンタインデーも終わり、
高カカオモードから少しだけほっこりひと休み。

心ほぐれるお芋の甘味をいただきました。

芋金時①芋金時 130円

東京多摩地域に広く深く根付く和菓子専門店「紀の国屋」さん。
吟味した素材を活かし、丹精こめて作り上げるお菓子は
シンプルで奥深い美味しさに満ちています。

老若男女問わず親しまれる上品なパッケージも魅力の一つ。
さまざまなシーンで御進物用に選ばれる方も多いのではないでしょうか。

芋きんとん「金時」
サーモンピンク色のやわらかい和紙をはがすと
とぅるんっと黄金色の塊が姿を現します。

芋金時2

ほくほくの金時芋を大釜で煮詰め、
少量の寒天と砂糖のみで仕上げた
みずみずしい芋羊羹✨です。

芋羊羹のしっとりホクホク感はそのままに
潤いの透明感をまとって新感覚スイーツに。

しかも芋羊羹には珍しい一口サイズが上品で嬉しいですね。
ちょっとした集まりの配り菓子にも御進物にも喜ばれると思います。

和菓子 紀の国屋
店舗情報などはHPをご覧ください。

http://www.wagashi-kinokuniya.co.jp/tenpo.html



人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 甘味婦人のスイーツ手帖
  3. みずみずしい芋菓子に心ほぐれて


会員登録・変更