1. 多摩トップ
  2. 甘味婦人のスイーツ手帖
  3. 純喫茶スイーツ手帖

カテゴリー

プロフィール

  • 甘味婦人

    甘味婦人

    多摩のお菓子に魅せられて・・。
    10年間、駅前から路地裏まで甘い散歩を日課にしております。

    情報に踊らされず、訪れたお店の隠れた名品を見つけるのがモットー。

    おやつ案内人
    読売新聞・雑誌・各種メディアにて記事執筆、コメント掲載。
    『純喫茶スイーツ手帖』コラム執筆。

最新記事

最新コメント

純喫茶スイーツ手帖

【令和の新たな純喫茶】繁盛店に学ぶレトロスイーツの真髄~珈琲西武~

2019/10/23

令和に入る少し前より加熱した昭和ブームは、昭和世代は懐かしみ、若い方はレトロ目線で新たな価値観を生み出しました。カフェでは純喫茶仕立ての固めプリンやクリームソーダが新たな呼び水となり、SNSの普及とともに純喫茶への憧れとリスペクトを感じる投稿が増えてきました。にもかかわらず、建物の老朽化・禁煙化・物価高・客層の変化など様々な原因はありますが、昭和文化の象徴である純喫茶は年々減少傾向。かつてリビング多摩でも純喫茶連載をさせていただきましたが、当時とはまた違う時の流れを感じており、令和を生き抜くためには、オジサマ達の憩いの場と若者の共存が大きなテーマになってくるでしょう。最近になって多摩地区の純喫茶でもタピオカミルクティーやカキ氷を出すお店も増えてきており、スイーツメニューの多様化はすすんでいるようです。とはいえ、若者は毎日は来ません。やはり昔ながらの顧客を大事にせねばならない、ビジネスの打ち合わせにも使っていただきたい。そこで先日マスコミの報道にもありましたが、このご時世で純喫茶2号店をオープンしたという驚嘆すべき老舗喫茶を取材させていただきました。
扉を開くと、レトロブームの波に乗ったわけではない顧客のニーズと歴史をしっかり捉えた新しい純喫茶像がそこにありました。

純喫茶1

来る2020年東京オリンピックを控えた2019年9月30日、特大パフェやプリン・ア・ラ・モードで有名な新宿の老舗純喫茶「珈琲西武」の二号店が西口メトロビル2階にオープンしました。珈琲西武の歴史は古く、創業は東京オリンピックが開催された1964年。55年の歴史に新たな1ページを加える最良のタイミングと2号店への決意が感じられます。

純喫茶5

お店に入ると、ダイナミックなステンドグラスと深紅のビロードソファなど、一号店の雰囲気を踏襲した昭和モダンの世界にタイムスリップ。

全席禁煙(喫煙ブース有り)、ギガWi-Fiやコンセントを完備するなど、令和の今らしい配慮もいっぱい。ビジネスなど様々なシーンで利用できますね。

設備や環境は現代の気風に合わせるも、創業当時から『変わらない良さ』を基軸に
メニューは素材ひとつから自家製にこだわる。
珈琲西武が掲げるこの哲学に、令和に残る純喫茶の姿が見えました。

純喫茶3
自家製ミルクセーキ(900円税込)

昔ながらのミルクセーキは、注文ごとに卵黄とミルクと自家製シュガーシロップをシェイカーでつくるフレンチスタイル。シロップから手作りする純喫茶はお見かけしたことがなかったので、大変驚きました。自家製ならではのやわらかな甘みを含んだミルクセーキは絶品です。

 

純喫茶2
自家製プリンのプリン・ア・ラ・モード(¥1,300 税込)

皿盛りゴージャスな自家製プリン・ア・ラ・モード。

ヨーグルトアイスが2つ、芸術的なバランスでコミカルにささってます♪
綺麗にカッティングされたフルーツの甘みや酸味をしっかりうけとめる甘さ控え目な生クリームは見た目よりずっとあっさり。
プリンも手作りなので卵の風味もたち、カラメルも上品でとても美味しいですよ。

これはシェアしながら話が弾みそうですね。

純喫茶6

東京オリンピックから始まり、次の東京オリンピックへ向けて2号店を出す聖火リレーのような純喫茶の灯火。歴史を繋いで ずっと灯し続けることを願っています。


COFFEE西武 西新宿店

住所: 新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル2F
連絡先: 03-3361-2828
営業時間 : 7:30-22:30 (日・祝 8:00-22:00)

純喫茶スイーツ手帖 | コメント (0)

純喫茶スイーツ手帖

【第27回】 JAZZ喫茶 「はり猫」 @八王子

2014/9/29

【純喫茶手帖27ページ目】

最終回はこちら。
JR八王子駅北口から2~3分の繁華街に立つ雑居ビル4F
創業54年の老舗ジャズ喫茶「はり猫」に伺いました。

JAZZ喫茶というと敷居の高いイメージがありますよね。
かっこいい大人が独り、大音量のスピーカーの前で
音に身を委ねて過ごすほの暗い空間・・・。

憧れるけれど、女性ひとりでは勇気がないとなかなか扉を開けにくい。
そんな印象がある本格JAZZ喫茶ですが、
「はり猫」さんにいたっては、心配ご無用。
一歩入れば心地よく「おひとりさま」を満喫できる喫茶店です。

はり猫11

純喫茶スイーツ手帖 | コメント (6)

純喫茶スイーツ手帖

【第26回】 純喫茶スイーツベスト3

2014/9/22

【純喫茶手帖26ページ目】

はやいもので、この連載を始めてから半年になりました。
今までは「お客」として喫茶店に入り、
昭和気分を味わっているだけで満足でしたが、
こうしてご縁があり取材をしながら
「お店側の」目線も養うことができました。

数十年も変わらぬ味、メニュー、店内の雰囲気など・・
昔ながらのイメージを維持していくことは
並大抵ではない努力と知恵が必要だということ。
また各店それぞれ、『変わらないこと』への美学をもちながら、時代と上手に歩む工夫をし、更に進化していることを学びました。

この工夫が最も現れるのは、やはりスイーツではないでしょうか。
レトロブームにたまたまフィットした従来のメニューもあれば、時代を追いマイナーチェンジをした進化系喫茶スイーツもありました。

世代を超えて愛される純喫茶の中で
私のおすすめをいくつかご紹介したいと思います。

純喫茶スイーツ手帖 | コメント (2)

純喫茶スイーツ手帖

【第25回】 閉店後も尚、語り継がれる伝説の喫茶店・・・

2014/9/15

【純喫茶手帖25ページ目】

純喫茶の灯は街のどこかで、ひっそり消えている。
ぽつり、ぽつりと。

閉店した店を載せても仕方ないじゃないか・・
そんな声も聞こえるかもしれない。
しかし、純喫茶を語る上で
語り継がねばいけない店があると私は信じています。

そんなお店を2つほど紹介したいと思います。

jyasyumon3

純喫茶スイーツ手帖 | コメント (4)

純喫茶スイーツ手帖

【第24回】 純喫茶のメニュー表も味わおう

2014/9/8

【純喫茶手帖24ページ目】

私は取材のとき以外でも想い出として(撮影許可を得て)
メニュー表を撮影しています。

飲食店の第二の顔、メニュー表に注目すると、
そのお店のスタンス・・というか、心が伝わるのです。

店によって様々とはいえ、じっくり観察すると
提示の仕方や表記方法、構成など多種多様の工夫があり、
カテゴリー別に大きく分けることができました。

純喫茶スイーツ手帖 | コメント (0)

純喫茶スイーツ手帖

【第23回】 元女優が淹れる珠玉の一杯「喫茶室 帽子と少女」(2)

2014/9/1

【純喫茶手帖23ページ目】

先週からの続きです。

帽子の女1

純喫茶スイーツ手帖 | コメント (0)

純喫茶スイーツ手帖

【第22回】 「ちい散歩」も訪れたギャラリー喫茶室「帽子と少女」(1)

2014/8/25

【純喫茶手帖22ページ】

京王線の各駅停車に乗ると、ふと立ち寄りたくなる喫茶店
喫茶室 帽子と少女

帽子の女1

純喫茶スイーツ手帖 | コメント (4)

純喫茶スイーツ手帖

【第21回】 家庭で美味しいコーヒーを淹れよう

2014/8/18

【純喫茶手帖21ページ目】

喫茶取材をしていると、マスターが珈琲について
わかりやすく解説してくださったり、
家庭で美味しく淹れる簡単な方法を伝授してくれるなど、
毎回「ほ~!」と頷くことしきり。

純喫茶スイーツ手帖 | コメント (2)

純喫茶スイーツ手帖

【第20回】 昭和に誘うクリームソーダ「純喫茶 田園」 @八王子

2014/8/11

【純喫茶手帖20ページ目】

JR八王子北口を出てすぐ左側に
ビルとビルの狭間にある狭い通路を御存じでしょうか。
発展していく駅前の中で、唯一昭和の風景を色濃く残す裏路地です。
ほの暗き通路の途中、右側ビル壁に「田園」の小さな看板を確認しつつトンネルを抜けるように進むのが私のお勧めコース。

田園5

純喫茶スイーツ手帖 | コメント (4)

純喫茶スイーツ手帖

【第19回】 純喫茶は階段がお好き?

2014/8/4

【純喫茶手帖19ページ目】

純喫茶の敷居を高めている要素として
<狭い階段>と<スモークガラス>が挙げられますが、
その向こうに何があるのか?
ある種の知的好奇心をくすぐられたりしませんか。

純喫茶スイーツ手帖 | コメント (2)

  1. 多摩トップ
  2. 甘味婦人のスイーツ手帖
  3. 純喫茶スイーツ手帖

リビング新聞最新号 電子ブック

最新号イメージ

2020年1月31日号

電子ブックを読む



会員登録・変更