1. 多摩トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ
  3. 【漫画の描き方⑧】スクリーントーンの技あり表現手法と説明

プロフィール

  • くすみ まりか

    くすみ まりか

    3人のママで元漫画家くすまりです。セブン&アイ出版saita公認ライター。現在記事を書くお仕事をしています。光文社MartやTVショップジャパン、出演。美容ライティングの経験も活かし、忙しいママへの美容の記事も書けたらと思っております。どうぞ宜しくお願いします。http://ameblo.jp/marika-33/

ブログメンバー

最新記事

最新コメント

【漫画の描き方⑧】スクリーントーンの技あり表現手法と説明

2015/12/23

くすみ まりか
くすみ まりか

クリスマスが目前で、我が家の中学生の娘たちも、サンタさんを楽しみにしています♡

可愛いこと言ってくれていますが反抗期真っただ中なので、毎日がバトルです!

勝敗より終符を打ちたい、こんにちは!3児の母くすまりです☆

トーンの表現法 

さて、スクリーントーンの続きをご紹介しております。トーンを切り貼り削るといっても、様々な表現法があり、それに伴う貼り方・削り方の手法がありまして、例えば

☆肌の影を貼ってカットだけの表現法。

☆建物や小物の影に貼って画質を出すための表現法。

☆背景の効果や人物の雰囲気など臨場感を出す為の表現法。

などなど、他にも沢山あります。ですので今回は、漫画での様々なトーンでの表現方法を、実際に貼った原稿を見ながら、トーンの『物の質感を表現する』ご紹介と説明をしたいと思います。

平面絵を質感のある絵にする、トーンの技あり手法

ok1

キャラが肌のラインに沿う柔らかい素材の服を着て、ソファーに座っているのが分かっていただけるかと思います。キャラの洋服の質感、スカートのひだ、ソファーの柄、木の質感などを全て、トーンを重ね張りや削ったりして表現してあります。

ではどうやって、貼っていけばいいのか?早速その手法を詳しくご紹介していきます!

まずは、女の子の洋服のトーン表現から

 

 

 

薔薇と、胸のふくらみの表現

ok3

①胸の薔薇の花飾りは、グラデーションのトーンを使って、花びら1枚1枚、角度を変えてバランスを見ながら丁寧に貼ってあります。胸のバラは立体感を出しようにして、背にあるクッションの薔薇は柄なので平たく見えるよう、トーンのカットを真っすぐにしてあります。

②キャラの服の胸のふくらみが見て分かると思いますが、トーンをカットした後削って『ぼかし』てあります。この『ぼかし』の手法で洋服の柄だけが目立たず質感を自然に出すことが出来るんですよ♪

カット方を変えただけでも質感の違いがよく分かると思いますし、『ぼかす』削りをすることによって自然な質感を表現することができます♪

洋服とスカートのひだの表現

ok2

①キャラの上着のスソが重なって、影が出来ているように見えていると思います。柄物のトーンを貼る時は影を作らないと『平面な絵』に見えてしまう事が多いので、『ぼかし』手法でトーンを貼り削っておくと質感が出ますよ♪

ok5

②スカートのひだの作り方は、⑴⑵⑶のステップで順番に貼ることで効率よく美しく仕上げることが出来ます。

⑴影の部分になる個所に青シャーぺンで印をつけ、先に細かいトーンを全て貼っておきます。

⑵その上から1枚大きなトーンをかぶせるように貼ります。これで細かい影トーンは、ズレたり剥がれることはありません。

⑶光が当たる箇所を間違わないように、全体のバランスを図りながら削っていきます。

練習が必要ですが、この手法で、スカートが綿素材か、シルク素材かなど、読み手の読者に服の素材を伝えることが出来ます♡

ソファーの丸みと、木の質感

ok4

①ソファーの柄は立体的に描いてあるので、それに沿ってトーンは重ね張りしてあります。柄の3本線の真ん中を濃くして貼る方法は、

⑴先に(濃い部分)真ん中のトーンを貼っておきます。

⑵線が3本に見えるよう、先に貼ったトーンを中央にして同じ柄のトーンを重ね張りします。

遠近感もあるので、柄の幅も気を付けながら貼ってみて下さいね。

ok6

 

②木の部分は、高級感を出すために絵柄の影の部分大半に先にトーンを貼ります。木目を表現するように削っていきます、削ってる部分が光が当たったように見えるので、細かくでいいと思います。同じ柄のトーンを重ね張りすると重厚感が出て完成です♪

 

シャンデリアの表現

ok10

鉄製品などをトーンで表現する場合、私はよくベタを利用します。鏡のような質感を表現したいので、ベタを入れてコントラストを作り、そこに光を強調させる役割でトーンを貼っていきます。

ok8

シャンデリアの中心柄部分は、トーンを1枚貼ります、そのままトーンで柄を作るように、光が当たる部分を意識して削って完成です♪下絵に青シャーペンで描いておくと間違いなく削れますよ♪

 花びらの表現

ok12

少女漫画では必ず花が描かれると思うのですが、背景の花1つをとっても、丁寧に質感を出して描きますと、ページも華やかに見栄えが良くなり漫画の質もよくなりますね。読者も漫画を見ていて目に留まる華のある絵があると、飽きずに最後まで読んでもらえますよ♡

 

ok11

花びらの質感を出すトーンの貼り方は、

⑴写真の3つの花が全て隠せるほど大きなトーンを1枚ドーンと貼ってください。

⑵影になってるトーンの部分を残しますので、筋を入れる削り方をしながら、白い部分を削っていってください。

技がいる削り方ですが、慣れれば楽しくなってきますよ♡

 

 読者に漫画が違和感なく伝えることのできるトーン使いを

いかがでしたでしょうか。あまりトーンをたくさん使う原稿を好まない編集部さんもあると思いますが、大事な事は、読者に自分の描いた絵を伝えることに使うという事、です。

漫画は、絵と一緒に物語を読んでもらう読みものなので、やはり絵が伝わらないと読者に、お話を楽しんでもらえなくなりますね。漫画の質を上げる手法として沢山プロの漫画を読んで、トーンの使い方を勉強し、スクリーントーンを上手に使ってみて下さいませ♡

 

 

 

くすみ まりか
くすみ まりか

3人のママで元漫画家くすまりです。セブン&アイ出版saita公認ライター。現在記事を書くお仕事をしています。光文社MartやTVショップジャパン、出演。美容ライティングの経験も活かし、忙しいママへの美容の記事も書けたらと思っております。どうぞ宜しくお願いします。http://ameblo.jp/marika-33/

人気記事ランキング

  1. 多摩トップ
  2. 多摩のくらしに、スパイスをひとつまみ! 9人の技ありブロガーズ
  3. 【漫画の描き方⑧】スクリーントーンの技あり表現手法と説明


会員登録・変更